山田陽翔の出身中学や身長体重、父母や兄弟など

甲子園で大活躍を見せた近江高校の山田陽翔(やまだ はると)選手は2022年ドラフトの目玉の1人。上位指名が出る可能性がありますね。

でも山田陽翔選手はどのような選手・人物なのでしょう?気になるところですね。

そこで今回は山田陽翔選手の出身中学や身長体重、父母や兄弟などプロフィールや家族構成などについて紹介します。少しずつ下がって確認ください。


スポンサーリンク

山田陽翔の出身中学や経歴など

山田陽翔さんの出身中学や経歴などについてまとめます。

 

出身地は滋賀県栗東市

山田陽翔さんの出身は滋賀県栗東市です。

2004年6月9日生まれの双子座ですね。

高校3年生でドラフトを迎えプロに行くことになりそうです。

 

出身小学校

山田陽翔さんの出身小学校は地元滋賀県栗東市の「栗東市立治田小学校」で1年生の時に野球を始めたそうです。治田西スポーツで捕手として野球を始め6年時には全国大会4強まで進んでいます。

小学校1年生から野球を始めたということで凄いですね。

 

出身中学校

山田陽翔さんの出身中学校も地元滋賀県栗東市の「栗東西中学校」です。

硬式野球のクラブチームである大津瀬田ボーイズで投手、三塁手を兼任しました。1年、3年時には世界大会にも出場。

甲子園ではばりばりのエースなので捕手から始め三塁手もやっていたというのはちょっと意外ですね。しかしながら他のポジションを兼任することで打者の心理などを読む力も身に着けたのかもしれません。

 

出身高校

山田陽翔さんは滋賀県の強豪「近江高等学校」に進学しています。

1年夏からベンチ入りし2年夏には第103回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)に出場。背番号8ながら全試合で先発登板してベスト4進出に貢献しました。打撃でも4番を務め神戸国際大附との準々決勝では本塁打を打っておりエースで4番を2年時から体現しています。

2年秋からは主将に就任したのですが右肘を痛めて登板できず近畿大会ではベスト8で敗退。3年春の第94回選抜高等学校野球大会(春の甲子園)には選出されていなかったのですが新型コロナウイルスの集団感染により出場辞退した京都国際に代わり代替出場し全試合先発して準優勝となっています。

大阪桐蔭との決勝でも先発登板しましたが疲労からか打たれ4回途中で降板しチームも負けて優勝を逃しましたが準優勝も立派な成績。

3年夏の第104回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)にも出場し4勝を記録して昨年に続きベスト4に進出。打撃では海星との3回戦で満塁本塁打を打っています。

甲子園大会通算11勝は松坂大輔、島袋洋奨と並ぶ歴代5位タイ、108奪三振は田中将大、斎藤佑樹らを上回る歴代4位の記録。大会後にはWBSC U-18ワールドカップの日本代表に選出され、主将を務めています。

投打に活躍し、ここ数年では甲子園で最も輝いた選手の1人と言えるでしょう。

 

プロ野球・ドラフト

山田陽翔さんは2022年9月21日にプロ志望届を提出。

プロから上位指名がかかるかどうか注目されます。

西武から5位指名をいただきました!

(参考:西武のドラフト一覧

 

山田陽翔の身長や体重など

山田陽翔の身長は176cm、体重は78kgと言われています。

野球選手としてはやや物足りないかな?

でもそんな声はプロで良い成績を出すことによって払拭してもらいたいところです。

 

山田陽翔の父母や兄弟など

山田陽翔の父母や兄弟などの情報についてもまとめます。

 

山田陽翔の父母

山田陽翔さんの父・斉さんは東邦高校野球部OBで立命館大学に進学しており野球経験者です。

滋賀県でも強豪のチームに山田陽翔さんを小学生から通わせたのはやはり経験者ならではの考えでしょう。小学、中学とリトルリーグで鍛え高校で更に進化したという感じでしょうか。

母も親子で野球漬けの家族の面倒を見てかなり大変だったことでしょう。母親の貢献もかなり大きいものと思われます。

 

山田陽翔の兄弟姉妹

山田陽翔の兄も野球選手で大阪桐蔭で内野手でした。

卒業後は日本体育大学に2020年に進学。弟と同じく投手で活躍しています。

最速145km/hを誇る右腕で大学を卒業する2年後までにどれぐらい成長するのか楽しみ。状況によっては兄弟揃ってプロ選手になる可能性もあるかもしれません。

 

まとめ

山田陽翔の出身中学や身長体重、父母や兄弟などの情報をまとめました。

名前山田陽翔(やまだ はると)
出身地滋賀県栗東市
生年月日2004年6月9日
出身小学校栗東市立治田小学校
(1年時に軟式野球を始める)
(治田西スポーツで捕手として野球を始め6年時には全国大会4強)
出身中学校栗東西中学校校
(大津瀬田ボーイズで投手、三塁手を兼任)
(1年、3年時には世界大会)
高校近江高等学校
(1年夏からベンチ入り)
(2年夏の甲子園に出場。背番号8ながら全試合で先発登板してベスト4進出に貢献、打撃でも4番で本塁打も)
(3年時春の甲子園で京都国際に代わり代替出場し準優勝)
(3年時夏の甲子園も全試合先発しベスト4、満塁本塁打も打つ大活躍)
プロ野球・ドラフト2022年9月21日にプロ志望届を提出
身長体重身長:178cm
体重:76kg
(高校3年時)
ポジション投手
投打右投右打
主な成績など・甲子園大会通算11勝は松坂大輔、島袋洋奨と並ぶ歴代5位タイ
・108奪三振は歴代4位
父母父は野球経験者
兄弟姉妹兄は大阪桐蔭⇒日本体育大学
ホームページなど山田陽翔(wiki)

山田陽翔さんは高校野球の滋賀県の強豪の近江高等学校でエースで4番、甲子園に何度も出場し大活躍を見せました。スター選手と言えるでしょう。

山田陽翔選手のプロでの活躍も期待しましょう!

コメント