統一教会の合同結婚式で結婚した芸能人や有名人一覧(夫や現在の状況も)

統一教会の合同結婚式で結婚した芸能人まとめ芸能人

統一教会では合同結婚式に多数の人が参加して結婚します。

それは芸能人などの有名人でも同じようで過去にも芸能人が参加して結婚しています。

今回は統一教会の合同結婚式で結婚した芸能人一覧情報をまとめます。


スポンサーリンク

統一教会の合同結婚式で結婚した芸能人や有名人一覧

統一教会の合同結婚式で結婚した芸能人や有名人一覧は以下の通り。

名前統一教会での合同結婚式、夫、現在の状況など
桜田淳子
(芸能人、歌手)
・1992年の合同結婚式などに参加し結婚
・夫は工場経営の一般人
・現在も統一教会に入信中?
徳田敦子
(バトミントン)
・1992年の合同結婚式に参加
・1994年に統一教会系出版社から出版
(結婚後に夫の津谷姓に改姓)
・現在も統一教会に入信中?
山崎浩子
(新体操)
・1992年の合同結婚式に参加
・その後周りの説得で脱会
(婚約相手の勅使河原秀行氏とは入籍せずに破局?)
(勅使河原秀行氏は2022年9月22日の記者会見で登場)

その後も合同結婚式で結婚された芸能人はおられるかもしれませんが把握しているのはこの3人のみ。

 

桜田淳子さんの結婚相手(夫)や現在の状況など

統一教会の合同結婚式で結婚された方と言えばとにかく桜田淳子さんが有名。

韓国で行われる“合同結婚式”への参加を会見で表明。1992年に参加し結婚しています。

結婚相手は工場の経営者とのこと。一般人なので名前はここでは伏せておきます(検索すると出てくると思いますが)。

全く知らない人と結婚することについては「価値観が一緒で人生の目的が同じ人が集まるのだから、不安はありません」と断言しておられます。

最初は夫の地元の福井県敦賀市に移り住み、その後は夫の高齢の母の世話をするために兵庫県西宮市に移り、現在は東京のマンション住まいとのことです。脱会もしておらず夫婦仲も変わっていないらしい。

結婚前の名前桜田淳子
(芸能人、歌手)
合同結婚式に参加した時期1992年の合同結婚式に参加
合同結婚式での結婚相手(夫)工場の経営者
結婚後の活動など引退し大きな活動はなし
現在の状況東京都内マンション暮らし
(福井県敦賀市⇒兵庫県西宮市⇒東京)

 

徳田敦子さんの結婚相手(夫)や現在の状況など

徳田敦子さんは全日本総合バドミントン選手権大会で優勝された方です。

1992年の合同結婚式に参加し結婚。結婚相手の方の詳細は不明ですが「津谷」という名字になります。統一教会系の出版社から出された書籍にて結婚後に津谷性に変えたことも報告されています。

現在の状況などは不明です。

結婚前の名前徳田敦子
(バトミントン)
合同結婚式に参加した時期1992年の合同結婚式に参加
合同結婚式での結婚相手(夫)津谷性
(詳細不明)
結婚後の活動など1994年5月に著書『やっぱりこの人が一番』を統一教会系出版社の光言社から発刊
現在の状況不明

 

山崎浩子さんの結婚相手(夫)や現在の状況など

元新体操選手でロス五輪に出場した山崎浩子さんは引退後は指導者、タレントとして活躍していたのですが、桜田淳子さんと同じく1992年の合同結婚式に参加。

ただし、山崎浩子さんは周りの説得により脱会を決意、結婚相手だった勅使河原秀行さんとは入籍しませんでした。

(結婚式はしているので結婚しているようにも見えますが入籍していないので法律上は結婚していないことになると思われます。また一緒に住んでいるわけでもないので事実婚という状態でもないでしょう。報道の中には結婚しているような表現を使っているケースもあります)

結婚前の名前山崎浩子
(新体操)
合同結婚式に参加した時期1992年の合同結婚式に参加
合同結婚式での結婚相手(夫)勅使河原秀行
(入籍はせず)
その後の活動など・1994年文藝春秋より「愛が偽りに終わるとき」を出版
・1994年講談社より「失敗という名のレッスン」を出版
・2000年枻出版社より「引退 ―終わらない夢―」を出版
・2002年主婦の友社より「山崎浩子の新ボディ改革 ―新体操エクササイズで体脂肪ダウン!―」を出版
・2004年枻出版社より「センス ―スポーツを楽しむには”優れた感性”が必要だ―」
現在の状況不明

 

まとめ

今回は統一教会の合同結婚式にて結婚された芸能人の情報についてまとめました。

基本的に全て1992年の合同結婚式に参加された芸能人の情報になります。

他にもおられるかもしれないので情報があれば追記していきたいと思います。

コメント