スポーツ選手の死去一覧(2024年・令和6年訃報)野球、サッカー、格闘技など

スポーツ選手の死亡、死去2023(現役、歴代、試合中も)芸能人や有名人の死去・死亡日、死因など(死因不明も)

今回は2023年、2024年スポーツ選手の死去情報をまとめます。

スポーツ選手と言うと強いイメージはありますがやはり一般の方と同じような年齢で亡くなります。試合中に突発的に亡くなられる方もおられます。

そのため以下のように分類分けします。

  • 元スポーツ選手を含めたスポーツ選手全般の死亡情報
  • 試合中に亡くなったスポーツ選手

上記の順番でまとめているので少しずつ下がって確認ください。


スポンサーリンク

スポーツ選手の死去、2024年訃報(野球、サッカー、格闘技など)

2024年のスポーツ選手の死去の情報は以下の通り(現役、歴代共に含みます)。直近の情報から並べています。

スポーツ選手の死去(年齢)死去日死因・原因など
曙 太郎(あけぼの たろう)(wiki
(54歳・大相撲元横綱、格闘技)
・横綱在位8年、幕内優勝は11回
・大相撲引退後はキックボクシングやプロレスなどにも出場
2024年4月11日
(報道日)
心不全
藤岡 康太(ふじおか こうた)(wiki
(35歳・騎手)
・G1・マイルCSをナミュールで制した。通算803勝
2024年4月10日落馬による負傷
ボンテ・デービス
(35歳・元NFL選手(アメフト))
・コーナーバック(CB)としてNFLの3チームで通算10シーズンにわたりプレーしていた
2024年4月1日
ロブ・カーマン(wiki
(63歳・オランダ人の元キックボクサー)
・オランダの伝説的なキックボクサーとして知られる
2024年3月31日
塚本 雄大(つかもと ゆうだい)(wiki
(25歳・騎手)
・2016年6月4日に初勝利を挙げ2023年11月12日に通算300勝に到達
・地方競馬で通算318勝を挙げていた
2024年3月24日落馬
篠塚 建次郎(しのづか けんじろう)(wiki
(75歳・ラリードライバー)
・自動車のダカールラリー(Dakar Rally)で日本人初の総合優勝を果たした
2024年3月18日膵臓(すいぞう)がん
坂間 叶夢(さかま かなむ)(wiki
(20歳・プロボクサー)
・日本ライトフライ級ユース王者
2024年3月17日
吉江 豊(よしえ ゆたか)(wiki
(50歳・プロレスラー)
・1994年に新日本プロレスでデビュー
・2003年6月には棚橋弘至と組みIWGPタッグ王座を獲得
楽天検索⇒プロレスのDVDなど
2024年3月10日遺族のコメントでは動脈硬化の悪化でありプロレスは関係ないとのこと
アンドレアス・ブレーメ(wiki
(63歳・元サッカー選手)
・元ドイツ代表
・90年W杯の優勝メンバー
2024年2月20日
(心肺停止による突然死という報道も)
ケルビン・キプタム(wiki
(24歳・ケニアのマラソン選手)
・男子マラソン2時間0分35秒の世界記録保持者
2024年2月11日交通事故
花原 勉(はなはら つとむ)(wiki
(84歳・元レスリング選手)
・1964年東京五輪レスリング男子グレコローマンスタイルのフライ級(52キロ級)金メダリスト
・2019年に瑞宝中綬章を受章
2024年2月5日
(闘病中だったとのこと)
穴口一輝(あなぐち かずき)(wiki)
(23歳・ボクシング選手)
・日本バンタム級選手
2024年2月2日右硬膜下血腫
(12月26日に行われた試合による影響で手術を受けて入院)
朝陽(あさひ、本名非公開)
(21歳・女子プロレス)
・2017年8月にプロレス団体「アイスリボン」でデビュー
・2023年3月に現在の「アクトレスガールズ」に移籍
2024年2月1日不慮の事故?
山根 明(やまね あきら)(wiki
(84歳・ボクシング指導者)
2024年1月31日肺がん
ルイジ・リーバ(wiki
(79歳・イタリアの元サッカー選手)
・1970年のワールドカップ(W杯)メキシコ大会で準優勝に貢献
2024年1月22日心臓病を患っていたとの情報あり
マサキ
(本名:村川真輝)
(24歳・キックボクシング選手)
・INNOVATIONウェルター級8位
2024年1月21日減量が原因で死亡
ショーナシー・バーバー
(29歳・カナダ棒高跳び選手)
・陸上男子棒高跳びで2015年世界選手権金メダル
2024年1月18日病気
(詳細はありませんが健康上の問題があったとされています)
小原 伊佐美(おばら いさみ)(wiki
(79歳・元調教師、元騎手)
・1962年に中央競馬の騎手としてデビューし1977年に引退
・1977年に調教師に。白い稲妻「タマモクロス」を管理したことでも知られる
2024年1月15日病気
フランツ・ベッケンバウアー(wiki
(78歳・元西ドイツサッカー選手)
・エレガントなプレーでチームを統率し、カイザー(皇帝)というニックネームで知られた
楽天検索結果⇒アディダスのジャージ、トラックパンツなど
楽天検索結果2⇒DVDなど
2024年1月7日
マリオ・ザガロ(wiki
(92歳・元ブラジルのサッカー選手)
・選手として監督としてW杯を制覇
2024年1月5日
(2023年7月に呼吸器系の感染症で入院していた)
横山 知伸(よこやま とものぶ)(wiki
(38歳・元プロサッカー選手、コーチ)
・J1通算162試合7得点、J2通算48試合3得点を記録
・引退後はJリーグチームのコーチをしていた
楽天検索結果⇒横山 知伸のトレーディングカード、雑誌など
2024年1月4日脳腫瘍
(2017年に発症、2023年夏に再発し治療を受けていた)
張 誌家(チャン・ズージャ)(wiki
(43歳・台湾出身の元プロ野球選手)
・日本では西武ライオンズに所属していた
2024年1月1日心筋梗塞

 

スポーツ選手の死去、2023年訃報(野球、サッカー、格闘技など)

2023年のスポーツ選手の死去の情報は以下の通り(現役、歴代共に含みます)。直近の情報から並べています。

スポーツ選手の死去(年齢)死去日死因・原因など
キラー・カーン(wiki
(本名:小澤 正志(おざわ まさし))
(76歳・元プロレスラー)
・得意技「モンゴリアン・チョップ」などで知られる
楽天検索結果⇒キラー・カーン
2023年12月29日動脈破裂
木戸美摸(きど よしのり)(wiki
(86歳・元プロ野球選手)
・元巨人の投手、引退後はコーチ
2023年12月25日虚血性心不全
タケル(wiki
(本名:森 史郎)
(51歳・元K1ファイター)
2023年12月22日急性多臓器不全で
渡辺泰輔(わたなべ たいすけ)(wiki
(81歳・元プロ野球選手)
・東京六大学史上初の完全試合を達成
・南海ホークスで活躍
2023年12月21日敗血症性ショック
錣山親方(元関脇・寺尾)(wiki
(本名:福薗好文(ふくぞの よしふみ))
(60歳・元相撲取り、親方)
・通算出場は歴代4位の1795回など
楽天検索結果⇒寺尾
2023年12月17日うっ血性心不全
木戸修(きど おさむ)
(73歳・元プロレスラー)
・いぶし銀のレスラーとして知られた
・玄人ファンが多かった
2023年12月11日長らく癌で闘病中だった
寺山恵美子(てらやま えみこ)(wiki
(旧姓:宮本)
(86歳・元バレーボール選手)
・1964年東京五輪バレーボール女子で金メダルに輝いた全日本女子の主力
2023年12月7日敗血症
榊原良行(さかきばら よしゆき)(wiki
(74歳・元プロ野球選手)
・1974年ドラフト4位で阪神入団
・コンパクトな打撃と堅実な守備を武器とした内野手
2023年11月26日肺炎
ウィリー・ヘルナンデス(wiki
(69歳・プエルトリコ出身の元MLB選手)
・1984年には救援投手としてア・リーグMVP、サイ・ヤング賞
2023年11月20日
住友平(すみとも たいら)(wiki
(80歳・元阪急プロ野球選手)
プロ野球で唯一の無補殺三重殺を達成
2023年10月11日細菌性肺炎
中利夫(なか としお)(wiki
(87歳・元中日プロ野球選手)
2023年10月10日誤嚥(ごえん)性肺炎
小松敏宏(こまつ としひろ)
(83歳・元プロ野球選手)
2023年10月8日
ウェイクフィールド(wiki
(57歳・元メジャーリーガー200勝投手)
2023年10月2日脳腫瘍
テリー・ファンク(wiki
(79歳・プロレスラー)
2023年8月23日発表
三浦貴(みうら たか)(wiki
(45歳・元プロ野球選手)
2023年7月24日
横田 慎太郎(よこた しんたろう)(wiki
(28歳・元プロ野球選手)
書籍:奇跡のバックホーム [ 横田 慎太郎 ]
その他検索結果:横田 慎太郎横田 慎太郎
2023年7月18日脳腫瘍
増井侑輝
(29歳・格闘家)
2023年7月6日
北別府学(きたべっぷ まなぶ)(wiki)
(65歳・元プロ野球選手)
2023年6月16日持病の悪化
杉下茂(すぎした しげる)(wiki
(97歳・元プロ野球選手)
2023年6月12日間質性肺炎
ジム・ハインズ(wiki
(76歳・元短距離選手)
(元世界記録保持者・100メートル初めて9秒台をマーク)
2023年6月3日
植村義信(うえむら よしのぶ)(wiki
(88歳・元プロ野球選手、監督)
(エースナンバー18の元祖と言われる)
2023年5月30日多臓器不全
小川直久(おがわ なおひさ)
(51歳・プロサーファー)
2023年5月23日がん
ビリー・グラハム
(79歳・元プロレスラー)
2023年5月18日
毒島章一(ぶすじま しょういち)(wiki
(87歳・元プロ野球選手)
2023年5月14日前立腺がん
池田敬子(いけだ けいこ)
(89歳・元体操選手)
(日本女子体操界初の世界選手権金メダリスト)
2023年5月13日脳腫瘍
中西太(なかにし ふとし)(wiki
(90歳・元プロ野球選手)
2023年5月11日心不全
横田忠義(よこた ただよし)(wiki
(75歳・元バレーボール選手)
(1972年五輪バレーボールで金)
2023年5月9日
バイダ・ブルー(wiki
(73歳・元大リーグ野球選手)
2023年5月6日
野原雅也(のはら・まさや)
(29歳・競艇選手)
2023年3月29日不明
安部和春(あべ・かずはる)
(82歳・元プロ野球選手)
2023年3月25日肺塞栓(そくせん)症
藤井直伸(ふじい・なおのぶ)
(31歳・元バレーボール日本代表)
2023年3月10日胃がん?
橋爪四郎(はしづめ・しろう)
(94歳・元オリンピック代表の水泳選手)
(1952年ヘルシンキ五輪で銀メダル)
2023年3月9日前立腺がん
笹原正三(さはら・しょうぞう)
(93歳・元レスリング選手)
(メルボルンオリンピックで金メダル)
2023年3月5日老衰
入来智(いりき・さとし)
(55歳・元プロ野球選手)
2023年2月10日交通事故
(重症頭部外傷)

 

試合中もしくは試合中の事故などが原因で亡くなったスポーツ選手(2023年、2024年訃報)

試合中もしくは試合が原因で亡くなったスポーツ選手の情報は以下の通り。

試合中に死去されたスポーツ選手(年齢)死去日死因・原因など
藤岡 康太(ふじおか こうた)(wiki
(35歳・騎手)
・G1・マイルCSをナミュールで制した。通算803勝
2024年4月10日落馬による負傷
塚本 雄大(つかもと ゆうだい)(wiki
(25歳・騎手)
・2016年6月4日に初勝利を挙げ2023年11月12日に通算300勝に到達
・地方競馬で通算318勝を挙げていた
2024年3月24日落馬
セプティアン・ラハルジャ
(35歳・サッカー選手)
・インドネシア3部リーグのDF
・親善試合中に雷に打たれて倒れ病院に搬送されたが死亡した
2024年2月10日落雷
穴口一輝(あなぐち かずき)(wiki)
(23歳・ボクシング選手)
・日本バンタム級選手
2024年2月2日右硬膜下血腫
(12月26日に行われた試合による影響で手術を受けて入院)
ラファエル・ドワミーナ(wiki
(28歳・ガーナ出身サッカー選手)
・元ガーナ代表FW
2023年11月11日心臓発作
(2021年10月にも試合中に倒れたが復帰していた)
アダム・ジョンソン
(29歳・米出身アイスホッケー選手)
2023年10月28日試合中の乱闘での事故、スケート靴で首を切った
ムスタファ・シラ
(21歳・コートジボワール出身サッカー選手)
2023年3月5日

 

まとめ

今回は2023年、2024年のスポーツ選手の死去情報をまとめました(元スポーツ選手含む)。

スポーツ選手というとあまり亡くなられるイメージはありませんがやはり歳には勝てないのは一般の人と同じ。

過去の活躍を胸に刻みましょう。

 


スポンサーリンク

コメント