東北楽天ゴールデンイーグルスの歴代ドラフト指名選手一覧(2022年まで)

東北楽天ゴールデンイーグルスの歴代ドラフト選手一覧プロ野球、過去歴代ドラフト(2022年まで)

毎年ドラフトにはドラマがありますよね。

指名された人もいれば外れた人もいる。

そして指名された人でも活躍できるのはほんの一握り。プロは過酷です。

今回は東北楽天ゴールデンイーグルスの歴代ドラフト指名選手一覧情報をまとめます。


スポンサーリンク

(各球団のドラフト一覧はこちら⇒プロ野球の過去歴代ドラフト一覧

東北楽天ゴールデンイーグルスのドラフト指名選手一覧(2020年代)

2020年代の東北楽天ゴールデンイーグルスのドラフト指名選手一覧は以下の通り。

年代
(2020年代)
東北楽天ゴールデンイーグルスドラフト指名選手東北楽天ゴールデンイーグルス育成指名選手
2022年(令和4年)<2022年10月20日発表>
1位 荘司康誠(立大 投手)くじ○
2位 小孫 竜二(鷺宮製作所 投手)
3位 渡辺 翔太(九州産業大 投手)
4位 伊藤 茉央(東京農業大北 投手)
5位 平良 竜哉(NTT西日本 内野手)
6位 林 優樹(西濃運輸 投手)
予想や速報情報
<2022年10月20日発表>
1位 辰見 鴻之介(西南学院大 内野手)
2位 古賀 康誠(下関国際高 投手)
3位 竹下 瑛広(函館大 投手)
4位 永田 颯太郎(国立台湾体育運動大 内野手)
予想や速報情報
2021年(令和3年)1位 吉野創士
2位 安田悠馬
3位 前田銀治
4位 泰勝利
5位 松井友飛
6位 西垣雅矢
7位 吉川雄大
1位 宮森智志
2位 柳沢大空
3位 大河原翔
2020年(令和2年)1位 早川隆久
2位 高田孝一
3位 藤井聖
4位 内間拓馬
5位 入江大樹
6位 内星龍
1位 石田駿

 

東北楽天ゴールデンイーグルスのドラフト指名選手一覧(2010年代)

2010年代の東北楽天ゴールデンイーグルスのドラフト指名選手一覧は以下の通り。

年代
(2010年代)
東北楽天ゴールデンイーグルスドラフト指名選手東北楽天ゴールデンイーグルス育成指名選手
2019年(令和元年)1位 小深田大翔
2位 黒川史陽
3位 津留崎大成
4位 武藤敦貴
5位 福森耀真
6位 滝中瞭太
7位 水上桂
1位 江川侑斗
2位 小峯新陸
3位 山崎真彰
4位 沢野聖悠
2018年(平成30年)1位 辰己涼介
2位 太田光
3位 引地秀一郎
4位 弓削隼人
5位 佐藤智輝
6位 渡辺佳明
7位 小郷裕哉
8位 鈴木翔天
1位 清宮虎多朗
2位 則本佳樹
2017年(平成29年)1位 近藤弘樹
2位 岩見雅紀
3位 山崎剛
4位 渡辺佑樹
5位 田中耀飛
6位 西巻賢二
7位 寺岡寛治
1位 井手亮太郎
2位 松本京志郎
3位 中村和希
2016年(平成28年)1位 藤平尚真
2位 池田隆英
3位 田中和基(2018年新人賞
4位 菅原秀
5位 森原康平
6位 鶴田圭祐
7位 野元浩輝
8位 石原彪
9位 高梨雄平
10位 西口直人
1位 千葉耕太
2位 南要輔
3位 向谷拓巳
4位 木村敏靖
2015年(平成27年)1位 オコエ瑠偉
2位 吉持亮汰
3位 茂木栄五郎
4位 堀内謙伍
5位 石橋良太
6位 足立祐一
7位 村林一輝
1位 出口匠
2位 山田大樹
2014年(平成26年)1位 安楽智大
2位 小野郁
3位 福田将儀
4位 フェルナンド
5位 入野貴大
6位 加藤正志
7位 伊東亮大
1位 八百板卓丸
2位 大坂谷啓生
2013年(平成25年)1位 松井裕樹
2位 内田靖人
3位 浜矢広大
4位 古川侑利
5位 西宮悠介
6位 横山貴明
7位 相原和友
8位 相沢晋
9位 今野龍太
参加せず
2012年(平成24年)1位 森雄大
2位 則本昂大(2013年新人賞
3位 大塚尚仁
4位 下妻貴寛
5位 島井寛仁
6位 柿沢貴裕
1位 宮川将
2011年(平成23年)1位 武藤好貴
2位 釜田佳直
3位 三好匠
4位 岡島豪郎
5位 北川倫太郎
6位 島内宏明
1位 神保貴宏
2010年(平成22年)1位 塩見貴洋
2位 美馬学
3位 阿部俊人
4位 榎本葵
5位 勧野甲輝
1位 加藤貴大
2位 木村謙吾
3位 川口隼人

 

(各球団のドラフト一覧はこちら⇒プロ野球の過去歴代ドラフト一覧

東北楽天ゴールデンイーグルスのドラフト指名選手一覧(2000年代)

2000年代の東北楽天ゴールデンイーグルスのドラフト指名選手一覧は以下の通り。

年代
(2000年代)
東北楽天ゴールデンイーグルスドラフト指名選手東北楽天ゴールデンイーグルス育成指名選手
2009年(平成21年)1位 戸村健次
2位 西田哲朗
3位 小関翔太
4位 高堀和也
5位 土屋朋弘
1位 松井宏次
2008年(平成20年)1位 藤原紘通
2位 中川大志
3位 井坂亮平
4位 井上雄介
5位 楠城祐介
6位 辛島航
1位 森田丈武
2007年(平成19年)(高校)
1巡目 寺田龍平
2巡目 —–
3巡目 石田隆司
4巡目 菊池保則
(大学・社会人)
1巡目 長谷部康平
2巡目 —–
3巡目 伊志嶺忠
4巡目 聖沢諒
1巡目 内村賢介
2006年(平成18年)(高校)
1巡目 田中将大(2007年新人賞
2巡目 —–
3巡目 山本大明
(大学・社会人)
希望枠 —–
1巡目 永井怜
2巡目 —–
3巡目 嶋基宏
4巡目 横川史学
5巡目 渡辺直人
1巡目 金森久朋
2巡目 中村真人
2005年(平成17年)(高校)
1巡目 片山博視
2巡目 —–
3巡目 宇部銀次
4巡目 枡田慎太郎
(大学・社会人)
希望枠 —–
1巡目 松崎伸吾
2巡目 —–
3巡目 青山浩二
4巡目 河田寿司
5巡目 西村弥
6巡目 木谷寿巳
7巡目 井野卓
8巡目 草野大輔
9巡目 山崎隆広
参加せず
2004年(平成16年)自由枠 一場靖弘
自由枠 —–
1巡目 —–
2巡目 渡辺恒樹
3巡目 —–
4巡目 西谷尚徳
5巡目 塩川達也
6巡目 大広翔治
7巡目 平石洋介
育成指名制度なし
(2005年から導入)

楽天は2005年から立ち上がった球団です。

2005年にオリックスと近鉄の選手を合併球団「オリックス・バファローズ」と新規球団「東北楽天ゴールデンイーグルス」に振り分ける「分配ドラフト」が行われ、40選手の楽天入団が決定しています。

さらに他球団から無償トレードならびに自由契約となった選手を次々と獲得(山﨑武司、関川浩一、飯田哲也等)、岩隈久志も金銭トレードで獲得しています。

コメント