Colaboは正義連・慰安婦像のスポンサーだった!?ドイツ設置にも貢献

Colaboの会計問題がいろいろ出ていますが、、、新たな情報が出てきました。

なんと韓国の団体が世界中に慰安婦像を設置しようとする活動にColaboがスポンサー協力しているのです。

Colaboの活動と慰安婦像のスポンサーと何の関係があるのか?不思議になって確認しました。少しずつ下がって確認ください。


スポンサーリンク

Colaboは10代女性を支える活動を継続

Colaboは10代女性を支える活動をしています。

例えば家に帰れない少女を助けるような活動ですね。素晴らしい活動だと思います。

私たちは、すべての少女が 「衣食住」と「関係性」を持ち、
困難を抱える少女が搾取や暴力に行き着かなくてよい社会を目指して活動しています。
引用元:Colabo(公式サイト)

会計問題で騒がれてはいるものの、その活動自体は素晴らしいこと。行き場のない少女を助ける活動は是非続けてもらいたいところです。

 

Colaboが正義連・慰安婦像設置のスポンサーに!?

最新の韓国関連ニュース情報を伝える小咲ななさんがColaboが正義連・慰安婦像設置のスポンサーになっていると報告してくれました。

Colaboは10代女性を助けるという名目で公金や募金を募っている団体のはず。

それなのに慰安婦像の設置のスポンサーになるというのはおかしいでしょう。慰安婦像のスポンサーになるならば寄付金の目的外利用と批判されても仕方がないと思われます。

 

慰安婦像にはいろいろな嘘が

慰安婦像には「日本軍が少女を連れ去った」「性奴隷」「20万人の女性」などの嘘の歴史が記載されています。そういった嘘の情報を慰安婦像を利用して世界中に日本がひどいことをしたと広めようとしているのが韓国の慰安婦団体。日本側から見れば大問題と言えます。

日本でもそういった嘘を広げるおかしな活動をなんとか止めようという動きがあるのですが、韓国人勢力は強く手を焼いているというのが現実です。そしてこういった話題が出るたびに日韓で言い争いが起きる。嘘で日韓友好の邪魔をしている団体とも言えるかもしれません。

日本でそのおかしな団体を応援するColaboのような団体があるとか理解不能です。

(正義連のかつてのTOP尹美香氏は慰安婦関連で集めた公金や寄付金を不正に集めたとして裁判となっています。他にも正義連の理事は慰安婦像を著作権で守りビジネス化しています。慰安婦のためというよりもお金と日韓分断のために動いているようにも見えます)

 

Colaboは行き場のない10代少女を救う目的の団体ではないのか?

そもそもColaboは行き場のない10代少女を救う目的の団体ではないのか?

その趣旨でお金を集めておりそのお金が韓国の正義連や慰安婦像に使われるとなるとその活動に賛同し募金した人としては何ともやりきれないことでしょう。

活動趣旨の中に韓国の慰安婦団体を応援するとか、慰安婦像の設置を応援するなどの言葉は全くありません。

慰安婦像設置に対して批判的な人が寄付をしていたならば凄く気の毒な話です。

 

Colaboが慰安婦像のスポンサーということに対するネットの反応など

Colaboが慰安婦像のスポンサーということに対するネットの反応などをチェックしました。なんと赤い羽根募金からもColaboにお金が入っているようです。

今後は赤い羽根募金も慎重に考える必要がありそうですね。

 

まとめ

Colaboが慰安婦像設置のスポンサーになっていることが分かりました。

団体の目的外の利用であり問題だと感じます。

しかもそれがドイツなどの他国に慰安婦像を設置する反日活動に使われているとなるとかなり残念。

もちろんそれを含めて寄付するのであれば問題はありませんがサイトに書いてあるColaboの活動目的とは全く違うところにお金が使われているということは認識すべきでしょう。


スポンサーリンク

コメント