明日の約束、視聴率が低い原因について

明日の約束の低視聴率が続いています。

明日の約束の視聴率は下がり続け、なんと7話では4.3%という低視聴率。

明日の約束、視聴率速報

個人的にはおもしろいドラマ。

それに加えて私の周りの話で恐縮ですが評判は悪くない。むしろ良い方だと感じます。

何故ここまで視聴率が低いのでしょう?

その理由について考えてみます。


スポンサーリンク


明日の約束、視聴率が低い原因その1、話が暗すぎる

やはり明日の約束の視聴率が低い原因で最も大きなのは話が暗すぎるというのが挙げられると思います。

この暗い話を家族で見たい番組かと言えばやはり微妙。

この層が見たがるのでは?

という層もちょっと想像が付きません。

そしてその暗さを補うインパクト(例えば推理的要素とか)があればいいのですがどーにもパンチ力不足な感じがします。

そして、残念なことに裏番組がマツコさん。

凄く明るい。

ちょっと辛いからと裏番組に流れたら、もう戻ってこれないような気がします。

 

明日の約束、視聴率が低い原因その2、話が複雑すぎる

明日の約束で視聴率が低い理由としてもう1つ考えられるのは話が複雑すぎるということです。テーマが入りすぎな感じがする。

例えば、日向の親の毒親という設定はどーだったか。確かに日向の毒親との戦いを見たくて視聴する人もいるかもしれませんが、当然そればっかりやるわけにもいかずちょっと中途半端な感じがします。

カウンセラーの心が病んでいるとか、ちょっと洒落にならないので安心して見てられないのですよね。この人が実は最初に壊れてしまいそう。人の問題に本当の意味で入り込めていないような感じもします。心に闇を抱えているカウンセラーが主人公という設定はどーなのでしょう。

そうやって何とも複雑なのでドラマの途中から入りにくい。新規視聴者が少ないのが視聴率がふるわない原因ではないかと感じます。もう少しテーマを絞ったほうが良かったのかも。絞った中でいろいろな展開があれば集中できる。

例えば自殺した経緯をもっと詳しく掘り下げるとか、それに対する問題提起をするとか。

テーマが多いのでそれぞれのテーマを解決するのに時間が割けない。あっさりと解決したり、いつの間にか解決しているという話が多い気がします。

そしてもっと主人公活躍してほしいかな。いろいろな問題解決していく中で主人公の立ち位置がどーにも微妙なんですよね。実際にいろいろ動いているようで実は何もしていない。傍観者になっているところが多い気がします。

生徒と協力して探っていくとか、先生と協力して探っていくとかして何かを解決していくという展開がありません。カウンセラーという設定もあまり生きていないような気もします。

主人公の存在感の薄さを毒親の存在で補っているようで本末転倒な気もします。

 

明日の約束、視聴率が低い原因その3、主題歌

これを書くと韓国パッシングとか怒られそうなんですが韓国人グループ(東方神起)の歌を主題歌に起用する意味がちょっと分からない。

韓国人グループの歌を主題歌にすることで見るという人も一定数いるとは思いますが、逆の人もいると思うのですよね。現時点では韓国があまり好きではないという人が一定数いるのは間違いないところ。

そしてそういった逆の人達がおとなしく見ないだけならばいいのですが、現状では「見ないほうがいい」とか逆宣伝することも多いと思うのですよね。

それならば日本人の歌を入れるほうが無難だと感じます。

必要ないところでリスキーな選択をしてしまっているような気がするんですよね。

そういったデータは測定しようがないので推測の域を出ませんけど。

 

明日の約束、視聴率が低い原因まとめ

今回は明日の約束の視聴率が低い原因を推測してみました。

まず、やはり暗い話はきついかなという気がします。

あとは話が複雑すぎるということもう少しテーマを絞っても良かったのかもとは思います。

そして主題歌もちょっとリスキーなところを選んでしまっているような気がします。フジテレビ全体的に厳しいのでリスキーな選択はしないほうがいいかと。

以上、私が感じるところの明日の約束の視聴率が低い原因でした。

でも、個人的にはすごくおもしろいドラマなので途中からでも是非見てほしいです。


スポンサーリンク