わろてんか12月11日・61話(11週)のネタバレ、キャスト情報など

~わろてんか前回までのあらすじ~

籐吉とてんは結婚して子供を授かります。

経営を始めた寄席・風鳥亭も順調に発展し籐吉の発案で2軒目の寄席を作ります。

更に発展させようと、藤吉は大金をはたいて落語家の団吾(波岡一喜)を専属芸人として呼ぼうとします。でも、それが古くからいた芸人から反発を受けます。

そんな大金をはたくのであればもっと待遇を良くしてもらいたいというものです。

てんはどちらの言い分もわかりますが芸人寄りの考えで現状でも十分ではないかと言います。それでも藤吉は譲りません。しかも団吾を専属芸人として呼ぼうとしたことで寺ギン(兵動大樹)の怒りの買います。どんどん大変な方向へ。

その一方でてんは行き倒れになっていたお夕(中村ゆり)という女性をかくまいます。芸達者なお夕はたちまち風鳥亭の戦力に。

その後はお夕の夫・団真(北村有起哉)も登場。食い逃げというちょっと情けない登場でしたが実は団吾と同じ師匠の弟子だということも分かります。

そして風潮亭では古くからの芸人がストライキ中で舞台に上がってもらうことができず、更には寺ギンの圧力で外から呼ぼうとした芸人も来ることができずピンチ!このままでは穴が開いてしまうということで団信に依頼しますが団信は失敗して逃げ出してしまいます。

てんのもくろみは失敗。藤吉の怒りもかうでしょうし、団信がいなくなったことでお夕も心配です。どうなっていくのでしょうか?

(1話からの全体あらすじはこちら→わろてんか ネタバレあらすじ1話から最終回まで

次にわろてんか 61話(11週)のあらすじ、ネタバレ、感想、キャスト情報などをまとめます。少しずつ下がって確認ください。


スポンサーリンク


わろてんか 61話(11週)のあらすじ、ネタバレ

てん(葵わかな)が勝手に団真(北村有起哉)を高座に上げたことで、藤吉は激怒。でも芸人がいなくなるような状態にした藤吉が悪いとてんも譲りません。

そうして、てんと藤吉(松坂桃李)は口もきかない仲違いの状態に。

藤吉は思いやりのつもりで仕事を休んで子育てに専念すればいいとてんに告げる。

だが、てんはショックを受けさらに夫婦はすれ違ってしまいまうs.

てんがいなくなった風鳥亭では藤吉が経理から雑用まで引き受けますが、慣れない仕事にてんてこ舞いになります。そんな時リリコ(広瀬アリス)がてんを訪ねて来た。

あらすじ参考元:NHK番組表やTV雑誌など

わろてんか60話わろてんか62話
わろてんか11週目全体あらすじ
わろてんかの見逃し配信動画

 

わろてんか 61話(11週)のネタバレ感想など

 

再び籐吉とてんの喧嘩が始まりました。

どっちかというと藤吉が悪いような気がするんですけどね。

てんがいなくなることで、てんの仕事がどれだけ大変なのか思い知ってもらうのが一番良さそうです。

一方でてんはリリコから話を聞いて籐吉の考えは一理あると知るようです。

こうやってお互いの大変さを分かることで夫婦の中も発展していきそうですね。

 

わろてんか61話(11週)のキャスト情報など

わろてんか61話(11週)のキャスト情報は以下の通りです。

  • 葵わかな(てん)
  • 松坂桃李(籐吉)
  • 広瀬アリス(リリコ)
  • 徳永えり(トキ)
  • 大野拓朗(キース)
  • 前野朋哉(アサリ)
  • 中村ゆり(お夕)
  • 北村有起哉(ニセ団吾?・団真)
  • 藤井隆(万丈目 吉蔵)
  • 内場勝則(亀井)

キャスト全体情報は以下を参照ください。

わろてんか キャスト相関図、あらすじ、原作など

 

わろてんかの視聴率情報

わろてんかの視聴率は前作のひよっこが後半好調だった流れを受けて、良いスタートを切ったようです。初回は20.8%です。しかしその後は落ちてきました。踏ん張って欲しいところです。

その後の視聴率速報についてもまとめていきます。以下のリンク先で確認ください。

わろてんか 視聴率速報(一覧)まとめ

 

わろてんかの主題歌「明日はどこから」の歌詞など

わろてんかの主題歌「明日はどこから」は松たか子さんが歌っています。

朝から爽やかな歌声ということで評判。

歌詞は意味深な感じ。

シングルCDの発売も決まっているようなので要チェックです。

わろてんかの主題歌、詳細情報は別途まとめているのでそちらも確認ください。

わろてんか主題歌、歌詞フルなど

 

わろてんかの見逃し配信動画情報

わろてんかは公式の動画配信サイトU-NEXTにて配信しています。

U-NEXTに関する詳細は別途まとめているのでそちらでも確認ください。

わろてんかの見逃し配信動画

U-NEXTは私も使っており、おすすめのサービスです。テレビドラマだけでなく、映画やアニメ、雑誌、電子書籍なども多数見れます。


スポンサーリンク