わろてんか1週ネタバレあらすじについて

2017年10月2日(月)からのNHKの朝ドラは「ひよっこ」から「わろてんか」にスイッチ。

わるてんかの1週目は主人公、てんの幼少期のお話。

笑い上戸のてんの大失敗から始まるストーリーです。

少しずつ下がって確認ください。

わろてんかネタバレ2週目あらすじ

~わろてんかの注目情報~

★ネタバレ関連
わろてんか ネタバレあらすじ1話から最終回
わろてんかネタバレ千葉雄大が死ぬのはいつ?

★キャストなど
わろてんか キャスト相関図、あらすじ、原作

★主題歌、書籍など
わろてんか主題歌、歌詞フルなど(一部情報確認中)
わろてんかの小説(上下)part1、part2の販売日

★見逃し配信動画
わろてんか見逃し配信動画は無料で見れる?


スポンサーリンク


わろてんか1週ネタバレあらすじ

それではわろてんか1週のあらすじスタートします。

 

笑うことがすきなてんの家族

時代は明治35年(1902年)、京都の薬種問屋の藤岡屋ではかわいい女の子の声がします。

このお店の娘、9歳の藤岡てんは笑うことが大好きな女の子。

父・儀兵衛は厳格な人、それとは対照的に母・しずはおっとりとした人。祖母のハツは明るい人ですが時には儀兵衛も恐れるほど怖いことも。

そして秀才と評判の兄・新一は17歳と大きく歳が離れています。妹・りんとは2つ違い。

あとは丹波の親戚から来た12歳の風太は丁稚修行をしながら家族のように暮しています。風太は年上ですがてんからは弟のように扱われます。

てんは笑うことが大好きですが、それを父には良く叱られます。特に食事時ぐらいは笑わないようにと釘をさされるのでした。

兄の新一は病弱ですがてんの笑い声が好きだとてんをいつも励ましてくれます。

 

ドイツの薬会社の社長一家を招いてのホームパーティー

その後、ドイツの薬会社の社長一家を招いてのホームパーティーが行われます。

薬問屋の藤岡屋にとってはお得意様。

儀兵衛はドイツ人社長一家を丁重にもてなし、てんも晴れ着姿で給仕します。

しかしながら庭から舞い込んだチョウがドイツ人社長の頭にとまったり、舞ったりでてんは思わず笑ってしまいます。

それが発端でお酒のグラスを落としたり料理がひっくりかえったりとさあ大変。

 

儀兵衛の笑い禁止令

そこで怒り心頭の儀兵衛から笑い禁止令が出されてしまったのでした。

てんのお父さんは厳格な人。

もともとは藤岡家に丁稚でやってきて必死に働いて入り婿としてしずと結婚したのです。

ドイツ人との交流のために外国語や外国の風習を一生懸命に勉強してきた。

そんな事情をしったてんはせっかく開いたパーティーを台無しにしてしまったことを後悔します。

でも母のしずはお兄ちゃんの新一がぜんそくで家の中が暗い時にもあなたの笑いで励まされた、感謝していると慰めるのでした。

 

薬祭りと客席

その後、薬祭りの日がやってきました。

京都の薬商会の会長を務める儀兵衛は大忙し。家族も総出で祭りの準備。

てんと風太はこっそり神社の境内の客席(落語など)に向かいます。

覗いてみるとたくさんの人が笑っているということでてんはワクワクします。

しかしながら2人は見つかってしまい逃げ出します。

 

藤吉とキースとの出会い

てんと風太は逃げ切ります。

すると違う方向から奇妙な2人組が逃げてくるのを見ます。

いひとりは黒縁めがねの少年(キース)、もう1人は藤吉です。

無銭飲食で追われているらしい。

草むらに逃げ込む2人組。

そこで追っ手がやってきて2人のことを聞きます。

てんはとっさにあっちに逃げたと言って2人を助けるのでした。

その時に藤吉は自分のことを日本一の芸人だと言います。てんは感心。(本当は藤吉にあまり才能ないけど)

その時に藤吉はてんに「わらいの色は何色か知っているか?」と問題を出すのでした。

てんには難しすぎる問題。

その後、風太が来てちょっと険悪な雰囲気になり、てんは風太と共に家に帰ります。

 

酒が消える化け猫事件?

その後、藤岡家ではお酒が消える事件が発生。

藤岡家のみんなはお酒を飲まないので風太が疑われます。

そこで困った風太はてんと共に犯人を捕まえようと考えます。

藤岡家には代々、化け猫がいると言われているので、その化け猫が犯人ではないかと風太は考えたのです。

そして夜になり、、、。

酒を飲んでいるのは誰か?

風太はすっかり寝てしまったのですがてんはその正体を見ます。

それはてんのお父さん・儀兵衛でした。

ストレスのために飲めない酒を飲んでいたのです。

 

ドイツ人社長に詫びるてんと風太

責任を感じたてんは風太と共にドイツ人社長のところに行きます。

そして土下座をして見捨てないで欲しいと懇願します。

でもドイツ人社長はなんのことか分からず困惑するばかり。

そして泣きながら帰ってきたのです。

そしててんは父の儀兵衛に詫びるのでした。

 

化け猫退治と笑い解除

風太はてんの父の儀兵衛に事情を話します。

ドイツ人社長のところに謝りにいったこと。そして儀兵衛が隠れて酒を飲んでいるのは自分のせいだとてんが考えていることを。

すると儀兵衛は台所に向かいます。

そしてみんなが見ている前で棚の酒を全て流しに捨てます。

そして儀兵衛は「これで化け猫は出ない。てんが退治してくれたわ」と言うのでした。

そして、てんに課していた笑い禁止令も解除します。

「笑ってもよし、ただし笑いすぎてはいけない」とてんに言います。

それを聞いててんもみんなも笑顔になっていきました。

 

藤吉の芸を見にいくてんの初恋(?)

薬祭りの最終日にてんは一人で藤吉の芸を見に行くことを決意します。

しかしながら藤吉はそれが初めての舞台。

そして出番の順番を間違えて大失敗してしまいます。

藤吉はてんに失態を見られて落ち込みます。

そしててんに帰って欲しいと言うのでした。

てんはなんとか藤吉に元気になってもらおうと家に帰ってチョコレートを持ってきます。

それを食べると藤吉は元気に!

そして日本一の芸人というのは本当だ、ただしずっと先の話だけどなとちょっと言い訳をするのでした。

そしててんは兄の新一から聞いた笑いの色は茶色という話を藤吉にします。

藤吉は関心すると共に家族の仲が良いとちょっとうらやましい。

藤吉は自分の家族には笑顔がないので芸人になって明るくしたいと語ります。

そしてチョコレートの付いた口のままで演じ始めます。

それを見て、てんは笑い出します。

藤吉は感激。笑ってくれた第1号のお客さんだと。ずっとその笑顔で笑って欲しいと伝えます。

でもてんは逆に赤くなります。急に恥ずかしくなったようです。

どうやらてんは藤吉に恋をしたのかな???

 

わろてんか1週目各話のあらすじと感想など

わろてんか1週目各話のあらすじや感想などはそれぞれのリンク先で確認ください。

1週目
わろてんか1話(10月2日)
わろてんか2話(10月3日)
わろてんか3話(10月4日)
わろてんか4話(10月5日)
わろてんか5話(10月6日)
わろてんか6話(10月7日)

わろてんか全体あらすじ


スポンサーリンク