わろてんか、中村ゆり(お夕)の役どころは?

わろてんかの56話にて行き倒れになっている女性がでてきました。

この女性の名前はお夕。

中村ゆりさんが演じています。

では物語中でお夕さんはどのような役どころになっていくのでしょう?

あさイチでも徳永えりさん(トキ)がここしばらく重要な役どころになると言ってましたよね。

さてさて、今後の中村ゆり(お夕)の活躍について見ていきましょう。


スポンサーリンク


わろてんか、お夕(中村ゆり)のモデルは?

お夕(中村ゆり)の実在のモデルについて調べてみましたが分かりませんでした。

おそらく、ドラマオリジナルの登場人物ということなのでしょう。

ドラマでは団吾(波岡一喜)も登場しますが団吾のモデルは桂春団治と言われていますが、その後に関連して登場するお夕と団真(北村有起哉)についてはドラマオジリナルだと思われます。

 

わろてんか、お夕(中村ゆり)の役どころは?

お夕(中村ゆり)は行き倒れになっているところをてん(葵わかな)に助けれます。

わろてんか 56話(10週)ネタバレ、あらすじ、キャスト

その後はその才能を発揮して風鳥亭の戦力になってくれます。

でもお夕の旦那・団真(北村有起哉)と団吾(波岡一喜)の関係性などに苦慮します。

団真は団吾の兄弟子ですが才能は圧倒的に団吾が上。

その実力差を思い知って挫折したような形。

お夕とかけおちしたことで破門されてしまいます。

団吾はお夕をしっかりと守らない団真のことを快く思っていません。もともとお夕のことが好きだったからです。

跡継ぎのこともあり、そういった関係性もあり団吾は団真とは同じ高座には出ないと言います。

でも、最後には団真の落語を見て打ち解けます。

団真は才能では団吾に圧倒的に負けると知っているのでお夕と一緒に風鳥亭を去ります。団吾は風鳥亭と契約を結ぶという形に。

お夕としてはずっと団真のことを思い続けているのですが団真はその想いを受け止めるほど器が大きくないようで、ところどころで挫折していくのですね。それで何度も離れ離れになる危機も訪れるのですが最後には一緒になるという形で風鳥亭から去っていきます。

その辺り、団吾目線、団真目線での情報も別途まとめているので確認くあさい。

わろてんか 波岡一喜(団吾・だんご役)はどうなる?

わろてんか、北村有起哉(団真・だんしん役)はどうなる?

また、全体的な詳細なあらすじ・ネタバレ情報は以下のリンク先を参照ください。

わろてんか10週ネタバレあらすじ

わろてんか11週ネタバレあらすじ

わろてんか12週ネタバレあらすじ

 

中村ゆりさん情報

中村ゆりさんの簡単なプロフィールは以下の通りです。

名前 中村ゆり
出身地 大阪市
国籍 韓国
身長 164cm
血液型 AB型
職業 女優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台

1998年に歌手デビュー。一時期は活動を休止していましたが2003年より女優として復帰。

その後はテレビや映画に出演して活躍されています。

父親が在日三世、母親が韓国出身で韓国籍になります。

最近では林遣都さんとの熱愛が発覚しており9歳差(相手の方が若い)ということも含めて話題になっています。

歳を重ねてもかわいいと評判。わろてんかもしっかりとチェックしてください。

 

わろてんか、中村ゆり(お夕)の役どころまとめ

わろてんかの56話から中村ゆりさんが登場。

お夕という女性を演じます。

お夕は団吾と団真らそれぞれにちょっと問題のある男に振り回される感じ。

それでも芯の強いところがあり、最後には団真と結ばれるようです。

わろてんかでもチェックしてくださいね。


スポンサーリンク