隣の家族は青く見えるにて、今度は人工授精の話が出てきました。

奈々は担当のお医者さんにタイミング法から人工授精を勧められます。

奈々は大器に相談しますが、大器には抵抗があります。

話がややこしくなってきました。

隣の家族は青く見える、4話の見逃し配信動画~


スポンサーリンク


人工授精について

奈々はタイミング法から人工授精への切り替えを勧められますが簡単には踏み切れません。

大器に相談。

すると大器には抵抗があるらしい。

確かに人工授精というとちょっと大変そうなイメージ。

でも、実際に産婦人科などのサイトの説明を見ていると、ちょっとだけ少し妊娠の入口をお手伝いするだけらしい。

具体的には、細い管を使って子宮頸管をバイパスし、事前に採取しておいた精子を子宮の奥深くに注入します。その後の受精・着床は、自然妊娠と同じ。

妊娠する人はおよそ5~6回で妊娠する人が多いらしい。それ以上は難しいとされ体外受精のステップアップを勧められるようです。

 

社会的な理解不足

奈々は更にショックを受けることになります。

それは奈々の母に大反対されたからです。

とにかく頭から否定する母親。

妊娠は自然にするものという考えで凝り固まっているのでしょう。

他人ならともかく母親に言われるのはちょっとショックですね。

でも、母親を責めるのも酷な話。難しいところです。

少しずつ社会を変えていくしかないと思います。

 

人工授精に対する反応

やはりいろいろな反応がありますね。人工授精を気にせずやるべきだという意見もあれば、やはり違和感があるという意見も。

難しい問題です。

人工授精に対する反応

  • そもそも私人工授精だよってわざわざ言うときないやんな。お母さんが気にしてるのはそこだけじゃない気がする
  • 隣の家族は青く見える。 自然妊娠に近い治療法なんだ、人工授精を勧められた奈々ちゃん。
  • 隣の家族は青く見える見てるけど体外受精だから人工授精だからって虐められるかもしれないってこま?
  • 不妊治療、間違いなく医学的根拠に基づいてるはずなのだけど、1年以上避妊なしで性交渉して妊娠しなければ不妊症、検査で問題がなくても不妊症であることに変わりはないから早いうちにステップアップ(人工授精→体外受精)を推奨(経済的余裕必須)とか。宗教とかマルチ見てる気持ちで複雑。

 

ゲイ(同性愛者)に対する社会的偏見も

ゲイ(同性愛者)に対する社会的偏見の話もありました。

いろいろな形の偏見が社会的弱者を攻撃します。

誰もが普通に生きることができる社会になって欲しいところですね。

隣の家族は青く見える」のゲイ(同性カップル)が話題に

 

隣の家族は青く見える、人工授精まとめ

隣の家族は青く見えるにて人工授精関連の話が出てきました。

人工授精することに対して抵抗がある人は多い。

特に年齢が高い人はその傾向にあるようです。

絶対に子供を産みたいと思っている人から見たら厳しい世の中。

いろいろな形で変えていく必要がありそうです。

隣の家族は青く見える、4話のあらすじ感想、見逃し配信動画など

隣の家族は青く見える、5話のあらすじ感想、見逃し配信動画など


スポンサーリンク