隣の家族は青く見えるでは不妊治療の実体が明らかにされていました。

そういった治療について全く知らなかったのでびっくりの連続でした。

その内容について簡単に紹介します。

 

1年以上性交渉しても妊娠しなければ問題あり

1年以上性交渉しても妊娠しなければ何らかの問題がある、不妊ということをお医者さんが言っていました。

すなわち1年以上性交渉していても妊娠しなかったら何らかの異常がある!?これにはちょっとびっくりしました。

年齢と共に妊娠率は低下するという問題もあり不妊治療を受ける人も多い状況。

 

すぐに治療を決断!?

そして番組ではすぐに治療するかどうか決断させるような状況でした。

もちろん家に返って一度相談してくださいというお話はされていたのですが最初の情報だけで不妊と決めてすぐに治療を決断するような状況。

なんとも急だなと感じました。

不妊治療というのを知らずに病院に行くとかなりびっくりするかもしれませんね。

治療する場合は最初はタイミング法という治療から始めるらしい。

隣の家族は青く見える、タイミング法とは?

 

男性が不妊の原因も(精子のチェック)

また、男性側の不妊チェックについても話がありました。

大器(松山ケンイチ)が後輩に精子のチェックについて聞くと、なんと結婚もしていないのに精子の診断を受けたらしい。

時代が変わって最近では結婚前にチェックする人も多いのかもしれませんね。

そして男性側に不妊の原因がある可能性も普通にあるらしい。

だからなかなか妊娠しない場合は両方の問題だと考える必要があるでしょう。本来ならば両方の問題のはずなのに男性側の意識がついていかない。

まるで自分には関係ないという男性が多いのも問題です。社会的に意識を変えていく必要があります。

そして病院ではあっさりしたものです。ネットカフェのようなところに移動させられて、精子をカップに入れてくださいと言って渡されます。

そんな簡単に精子をカップに入れてくださいと言われても、、、まるで検尿みたいに。

なんともびっくりです。

治療だから出さないととか思っていたら簡単に出ない場合もあるでしょうね。

 

隣の家族は青く見える、動画でもチェック

隣の家族は青く見えるの不妊治療関連の話は是非、動画でもチェックしてください。隣の家族は青く見えるの動画配信情報もまとめているのでそちらから確認ください。

隣の家族は青く見える、初回1話の見逃し配信動画

 

隣の家族は青く見える、不妊治療の実体まとめ

隣の家族は青く見える、不妊治療の実体を見いていてちょっとびっくりすることがたくさん出てきました。

一番の問題は男性側の意識にありそうな感じがしますよね。

それ以外にも病院での治療も大変そうでびっくりしました。

やはり社会的に意識を変えていく必要があると感じます。

隣の家族は青く見えるは単なるホームドラマではなく、凄く勉強になるドラマです。しっかりとチェックしていきましょう。


スポンサーリンク