【おんな城主 直虎】の15話 感想ネタバレ 見逃し動画配信(無料?)情報など

毎週日曜日の夜8時から、NHKの歴史ドラマ「おんな城主 直虎」が放送されています。私は毎回楽しみに見ています。

そして前回の「おんな城主 直虎」14話では今川から徳政令の発布が出たものの、それでは井伊家が大変なことになるということで農地を寺領にするという案を考え付きます。これで徳政令は出せない。

なんとかこれで乗り切ろうとしましたが面子をつぶされた形の寿桂尼が怒ります。直虎に駿府に来るようにと命令するのでした。再び暗殺などされるのか?やばいですね。

ほんと大変なことが次から次へと、、、。ドラマ「おんな城主 直虎」15話を是非、チェックしてください。

(前回のおんな城主なおとら13話はこちら→【おんな城主 直虎】14話 感想ネタバレ 見逃し動画配信(無料?

(NHKドラマ見逃し配信情報はこちら→ドラマなどTV番組見逃しにU-NEXTがおすすめ!

おんな城主 直虎


スポンサーリンク


ドラマ「おんな城主 直虎」15話あらすじ、予告動画

ドラマ「おんな城主 直虎」の15話の予告が公式サイトや公式動画でいろいろと出てきました。ざっと見た感じであらすじや予告動画情報を以下にまとめます。

前回の「おんな城主 直虎」の14話にて名案を出して徳政令を切り抜けたと思ったのですが、、、

直虎(柴咲コウ)が今川の下知に背いて徳政令をはねのけたことに怒った寿桂尼(浅丘ルリ子)は、政次(高橋一生)を呼びつけ、直虎に駿府へ申し開きにくるよう命じます。

以前同じように駿府へ呼び出され、道中で惨殺された直親(三浦春馬)の記憶がよみがえる家臣一同。政次は直虎に虎松(寺田心)の後見を降りるよう勧めます。

しかしながら直虎はそれを拒み駿府へ向かうことを決意。

途中、命を狙われた直虎ですが、家臣・直之(矢本悠馬)と入れ替わる策により無事駿府に到着し寿桂尼と対峙します。

命に背いたことで追い詰められる直虎でしたがそこへ徳政令を願い出た甚兵衛ら百姓たちからの「直虎の後見を望む署名状」が届きます。それでは仕方ないと寿桂尼は直虎を後見とすることを認めるのでした。

(参考:おんな城主 直虎公式ホームページhttp://www.nhk.or.jp/naotora/と予告動画など)

 

ドラマ「おんな城主 直虎」14話のあらすじ感想(ネタバレ注意)

ドラマ「おんな城主 直虎」14話のあらすじ感想を番組見ながらまとめます。ネタバレ注意!

 

怒る寿桂尼

直虎が今川の下知に背いて徳政令をはねのけたことに怒った寿桂尼は、政次を呼びつけ、直虎に駿府へ申し開きにくるよう命じます。

以前同じように駿府へ呼び出され、道中で惨殺された直親の記憶がよみがえる家臣一同。政次は直虎に虎松の後見を降りるよう勧めますが、直虎はそれを拒み駿府へ向かうことを決意します。

 

駿府に向かう直虎

いざとなったら逃げ帰ることを母と約束して駿府に向かう直虎でした。駿府に呼び出された直虎の護衛に選ばれたのは龍潭寺の惣領達でした。政次もお供として同行します。

それを見守る直之に、和尚が頼みごとをします。それは村人達に字を教える事でした。村人達に「直虎様はお元気ですか」と聞かれた直行は申し開きの為に駿府に向かった事を告げます。村人達は直虎を助けに行くと言い出します。

 

道中での危険

駿府に向かう道中、一日目は何事もなく宿まで辿り付いた直虎達一行でした。その夜、直虎の部屋から悲鳴が聞こえ、ふすまをあけると蛇におびえる直虎がいました。

蛇におびえる直虎をみなが優しく見守り助けます。

政次は、「危ない目に合うのはお前だけではない。」と駿府に向かう道中でも、虎松の後見を降りるよう勧めます。
駿府に向かう道中、やはり何者かに襲われる直虎でした。そんな直虎を助けたのは直之でした。「女子のくせにでしゃばるからだ。守れねばこちらの立つ手がない」と言います。

 

村人たちも奮起

直之は村人達は殿が女子なゆえ我らが守らねばならぬと言っていると告げる。

しかしながら敵に襲われた直虎は、すっかり怖気づき、「虎松の後見を政次にゆずる」と政次に告げます。駿府に先に行きその事を寿桂尼様に告げて欲しいと政次に頼むを直虎。もう諦めてしまったのか?

政次が出発した後、直虎は中野直之に頼みごとをします。直虎が後見をおりた事を寿桂尼に告げている時に中野が来たと告げられます。

 

直虎の策

だがそれは、直虎の策でした。道中で何者かに襲われ、その何者かから身を守り、申し開きに来いと言う今川のお下知に背かぬように政次を隠れ蓑にし己を襲う何者かを欺いたのです。

そして直虎は何事もなかったかのように「かな目録に従い徳政令が出せなかった」ことを寿桂尼に告げます。一方で寿桂尼はかな目録は改正されているので、直ちに徳政令を出すように命じます。

それに対して直虎はその寿桂尼が徳政令を自ら出すと言うことは、自分を虎松の後見と認めるということでいいでしょうかと申したてます。ぎりぎりの攻防。

 

政次の策と農民の書状

そこに政次が虎松の母が直虎の後見を望まぬと言う書状を寿桂尼に差出ます。もはやこれまでかと思った直虎でしたが、井伊から村人達の後見を願う書状が届きました。

和尚からの一筆もくわわり井伊の民たちが望む後見は直虎である事が記されていました。ここで計算が働きます。井伊が潤えば今川が潤う。

寿桂尼は今川の発展を約束する直虎に虎松の後見を認めました。またしても政次は一本取られた形に。そして、無事に帰りついた直虎を村人達が向かえます。女城主直虎が皆から歓迎され新しい一歩が踏み出されました。

 

まとめ

とりあえず、、、大変な状況でしたがこれでなんとか丸くおさまったのかな?まだ認めてくれていない人は多数いるようですがとりあえずは最大の難関とも思われる寿桂尼からも後見にも認められました。

まだまだ大変でしょうが一歩前進ということでよかったですね。

 

ドラマ「おんな城主 直虎」15話の口コミ・評判・評価など

ドラマ「おんな城主 直虎」15話を見終わった後に口コミ・評判・評価などの情報をまとめます。他の人の口コミ・評判も聞きたいという人はこちらもチェックしてください。

寿桂尼が何で許したのかな?というのが気になっていたのですがいろいろな考え方があってなるほどと思いました。そして報われない政次にもいろいろな声が。こんな感じでしばらく続くのでしょうね。

~ドラマ「おんな城主 直虎」15話の口コミ・評判・評価~

・南渓和尚の書状によって、寿桂尼が「民に信頼される者こそ国を治めるべき」との信念で政を務めていた生前の息子を思い出し、それを地で行く直虎に感動して、二度の下知に逆らったことと直虎が後見人になることを寛大な心で許した、ということだったと思う

・寿桂尼様は直虎に若い頃の自分を重ねているのかな…彼女を見る目が優しくてうるっときました

・小野はいつも敵にまわりそうで、今川とのパイプ役で、裏切り者みたいに見えるが実は〜なのかな?

・直之、まさかの活躍きたでござるー。あんなに強いと思わなんだ

・政次は “おとわ” と呼ぶし、僧の皆さんは “次郎” と呼んで各々の関係性が垣間見えて、それだけで泣ける

・南渓和尚が政次の本心に気づいてたなら実は傑山さんに政次が命を落とさないようフォローの密命を受けて可能性が。肩叩きはその証に思える

・傑山が政次の肩をポンポンって2回叩いてる……??もしかして傑山さん普通に気づいてらっしゃる

・家臣陽陰ツンデレ2人のおかげでジワジワきてる直虎熱

 

ドラマ「おんな城主 直虎」15話の見逃し配信情報(AD)

ドラマ「おんな城主 直虎」を見逃した人はこちらも要チェック情報です!今なら見逃してもチェックできます。もちろん、危険な海外などの違法動画(ウイルス、詐欺請求など危険)ではありません。公式動画です。おもしろかったので私はここで2度、3度と見ています。

「おんな城主 直虎」などNHKのテレビドラマ見逃しにはU-NEXTがおすすめ。NHK系列の番組だけでなく日本テレビ、テレビ朝日、TBSなど様々なテレビ局のドラマの見逃し配信を見ることが可能です。

ドラマ「おんな城主 直虎」はU-NEXTにて配信しています。しかもU-NEXTは今なら初めて登録する人は31日間無料で利用可能(ただし「おんな城主 直虎」を見るにはポイントが必要なので注意してください)。U-NEXTを無料で31日間お試しできる今がチャンスです。しかも600ポイント付き。無料お試しが終わったら残念なので早めに詳細を確認してください。

詳細確認、登録はこちらから
まずは無料でお試し!「U-NEXT」

 

ドラマ「おんな城主 直虎」の視聴率速報

ドラマ「おんな城主 直虎」の視聴率推移は以下の通りです。

【「おんな城主 直虎」視聴率】
1話:16.9%
2話:15.5%
3話: 14.3%
4話:16.0%
5話:16.0%
6話:14.5%
7話:12.9%
8話:14.4%
9話:14.0%
10話:12.5%
11話:14.7%
12話:12.9%
13話:13.1%
14話:12.9%

 

ドラマ「おんな城主 直虎」16話のあらすじ、予告動画

ドラマ「おんな城主 直虎」16話のあらすじ情報、予告動画情報が出てきたらこちらでも紹介します。しらばくお待ちください。

 

ドラマ「おんな城主 直虎」15話あらすじ感想まとめ

楽しみなドラマ「おんな城主 直虎」が毎週日曜日の夜8時から放送されています。個人的にはかなり引き込まれました。悲しい話も出てくるけどその頑張りは見ものです。

あなたも是非、見てくださいね。


スポンサーリンク