コウノドリ、下屋(松岡茉優)は大丈夫?産婦人科に戻る?

コウノドリ2、6話にて下屋(松岡茉優)は悲しい状況に追い込まれます。

自分の見落としで患者を死なせてしまった?

もっと自分に経験があれば救えたかもしれないのに!

そしてその下屋(松岡茉優)が出した結論は、、、。

何と救命に行くというものでした。

先の画像のように髪もばっさり切ってその覚悟が伺えます。

でも、当然のことながら救命は産婦人科と同様、いや、それ以上に厳しい。それはコードブルーなどを見ても明らかでしょう。

下屋(松岡茉優)は救命でどうなるのか?

原作情報も含めて少しネタバレしていきます。

ネタバレ情報駄目という人は途中でストップしてくださいね。


スポンサーリンク


コウノドリ2、6話での下屋(松岡茉優)の悲劇

コウノドリ2、6話にて下屋(松岡茉優)に悲劇が訪れます。

それはピンチヒッターとして行った「こはる産婦人科」に行った時のこと。

そこで下屋は切迫早産で入院しているカエと出会います。

カエはこの病院で唯一の入院患者でした。

1人しか入院患者がいないということで不安が募っていました。

下屋はカエの不安を少しでも取り去ってあげるため積極的に相談に乗ります。そして、名前も年齢も同じ2人は意気投合し、次第に仲良くなっていったのです。

そんな中、下屋はカエの様子に違和感を感じます。

そこでこはる産婦人科の院長に告げますが院長からは「週明けに検査する」との返事。そのまま帰路につきました。

なんとなく気になっていた下屋はサクラ先生にも相談しようとしましたがサクラ先生も忙しくなんとなく相談できず、、、。

でもそれが悲劇の始まりでした。

その後、ペルソナに戻った下屋のもとにこはる産婦人科からの緊急搬送!

そして、心肺停止で運ばれて来た妊婦はなんとカエでした。

病気を見落としてしまったのか?

下屋は責任を感じて取り乱します。

ペルソナ医療チームも懸命に治療に当たりましたが、、、。

カエは亡くなってしまったのです。

自分の責任では、、、落ち込む下屋はミスを重ねます。

カエのことばかり考え、心ここにあらず。女の子の赤ちゃんが生まれた時にぼーっとしていてしまいます。声をかけられ「元気な男の子おめでとうございます」と言ってしまったり、、、。

不必要な検査を続け、患者が大渋滞。

そしてとうとう、四宮先生(星野源)には「邪魔!」とまで言われてしまうのでした、、、。

 

コウノドリ2、6話で下屋(松岡茉優)が出した結論

そして、コウノドリ2、6話で下屋(松岡茉優)はしばらくお休みを取ることに。

そして大好きなベイビーのピアノコンサートに小松(吉田羊)さんと一緒に行きます。

ベイビーのピアノを聞いて思うことは、、、。

産婦人科に戻りたいとうことでした。

でも、このままでは戻れない。

考えに考えます。

そこで下屋が出した結論は、なんと救命に行くというものでした。

総合的に患者を見ることのできる医者になりたい!

その思いが下屋を突き動かしたのです。

実は、、、。

コウノドリでは過去に病院に戻れなくなった医者の描写もありました。患者や赤ちゃんを死なせてしまい、自分の無力さを感じてしまうのです。優秀な産婦人科医でも一度心が折れたらほとんど戻ってこれないと言われています。

だからこそ下屋が凄く心配だったのですが、、、。

でも下屋は違いました。

立ち直ったのです。

本当に強い心の持ち主。

戻ってきて本当に良かった(涙

ただしその行き先として選んだのは救命でした。

このまま産婦人科医でいては駄目だと自分で判断したのです。

その選択を尊重するサクラ先生(綾野剛)、四宮先生(星野源)。

快く送り出します。なんとあの四宮先生が命より大事なジャムパンを!?

 

コウノドリ、下屋(松岡茉優)は救命でどうなる?

コウノドリ2、6話にて下屋(松岡茉優)は加瀬(平山祐介)から「勉強するとか学生気分ならば辞めたほうがいい。そんな気持ちならば持たない」と釘を刺されます。

それほどに厳しい現場。それはコードブルーなどを見ても明らか。24時間体制の現場でやはり人手不足。

では下屋(松岡茉優)はどうなるのでしょう?

やはり挫折するのか?それとも復活するのか?

うーん。やっぱりなかなかうまくはいかないのですよね。

以下に原作での下屋の失敗やその後の復活をまとめます(原作情報なのでドラマでどうなるかは不明)。

 

下屋の失敗その1(男性に慣れていないい)

脱臼をした男性が運ばれてきましたが、、、。

いつも妊婦や赤ちゃんにしか触れていない下屋にとっては不慣れ。

脱臼を直すことにも時間がかかって叱られます。

 

下屋の失敗その2(点滴を打つ血管が分からない)

患者が緊急搬送されてきました。

そして緊急で点滴を打つことに。

やはりいつも妊婦しかふれていないので一般患者の点滴を打つ血管が見つけられません。

これは救急では致命的。

子供や老人の血管は妊婦とは違うと認識させられます。

妊婦の血管は若くてはりもある。そして血液量が多いので血管が分かりやすい。

老人や子供とは全然違うのでした。

困難な状況に下屋はどんどん自信を無くしていきます。

 

脳出血妊婦の帝王切開

そんな折、脳出血の妊婦が搬送されてきます。

救命での判断はとりあえず血圧を下げる手段を模索。

そこで下屋は帝王切開をすべきと即断し提案します。

びっくりする救命のメンバー。しかしその方法が最善であることは間違いありません。

下屋ならではの決断でした。

出産については専門家。その知識を生かしして救命での地位の仕事を頑張ります。

もちろんそれ以外については使いものにならないと自覚。戦力になるべく頑張ります。

間違いなく下屋は救命の戦力になっていくことでしょう、そして将来の収集な産婦人科医の道を歩んでいると言えそうです。

 

救命部長とサクラの会話

救命部長はサクラに今回のことは助かったがやはり救命では患者の命が救えないと使い物にならない。彼女は救命医になれるか?とサクラ先生(綾野剛)に問いかけます。

サクラは「わかりません。でも、あいつはタフだし、、、めちゃくちゃ食べます」と答えるのでした。

救命部長も笑って「良い救命医になれるかもな」と言うのでした。

 

下屋の宣言

その後、去っていくサクラ(綾野剛)や四宮(星野源)に下屋先生は「私は2人を絶対に超えてみせます」と泣きそうな顔で宣言するのでした。

楽しみにしているよとサクラ。

でも下屋先生は救命医の加瀬からは「大きなこと言う前にまずは点滴を取れるようになれ」とたしなめられます。

でも、、、下屋先生、まずは大丈夫でしょう。

 

 

コウノドリ、下屋(松岡茉優)は産婦人科に戻る?

その後、下屋先生(松岡茉優)はどうなるのでしょう。

原作では下屋先生が産婦人科に戻るとうい描写は今のところありません。

救命にて懸命に働き、成長しているという段階。

でも状況に応じて産婦人科も手伝っているという状況です。

救命は大変かもしれませんがあまり寂しくはないですよね。

そして成長してとんでもなく凄い先生になるような気がします。

 

原作の最新では?(追記)

そして原作の最新では、、、あれほど下屋を見下していた加瀬(平山祐介)がサクラ先生に言います。

「もし下屋が戻るといったら全力で止めるかも。それほど今の救命には必要な戦力になっている」という感じのことを言っています(ちょっとうろおぼえでごめん)。

下屋の今後の成長がドラマでも見られると思うので必見です!

 

下屋(松岡茉優)の代わりに倉崎(松本若菜)

一方、下屋先生(松岡茉優)がいないと産婦人科は回りません。

でもその変わりには倉崎先生(松本若菜)が入りました。

かつてのサクラ先生、四宮先生の後輩。

子供を産んで間もなくですが頑張るようです。

小さな赤ちゃんがいることで様々な困難もありますが、、、。

 

実は白川先生(坂口健太郎)も?

実は原作では白川先生(坂口健太郎)も医療ミス(?)から成長のために他の道を歩むことを決断します。

しかも下屋先生(松岡茉優)と大きく違うのはペルソナから去るということです。

白河先生の情報はまた別途まとめたいと思います。

ドラマでその場面が出てくるとかなり悲しいかも、、、ドラマでは出てこないかもしれませんね。

 

追記)コウノドリ8話で出てくるようです。ということでまとめました。

医療ミスから白川先生がペルソナを去る決断をするのかも?

コウノドリ、白川先生が医療ミス!?


スポンサーリンク