コウノドリ 無痛分娩、産科麻酔不足の問題

コウノドリで無痛分娩の話が出てきました。

欧米では半分以上が無痛分娩をしているらしい?

でも日本では圧倒的に少数!?

それは何故なのでしょう。

無痛分娩の方が楽という話がある一方で問題もあるのか?

その辺りについてまとめていきます。


スポンサーリンク


無痛分娩とは?

無痛分娩とは分娩の痛みを緩和する医薬的手段のことになります。

一般的には麻酔分娩のことを指します。

適切な設備と医師のもとで行えば、自然分娩と比較して危険というわけではありません。

そしてコウノドリのドラマ内でも言われていたように欧米ではこちらが主流。

日本とは逆に自然分娩は希望した場合にのみ行われます(日本では無痛分娩を希望しないとできない。希望しても対応してもらえない病院が多い)。

その理由としては、日本では古くから慣習的に自然分娩をしてきたこと。そして麻酔科医が極端に不足しており、その麻酔科医もがんの手術のような死の危険のある病気に優先的に回されており、無痛分娩を希望してもかなわない場合が多いからです。

悪く言えば欧米に比べて日本では出産が軽視されているのかもしれません。

コウノドリの番組内ではそこまで突っ込んではいませんでしたが決して危険な出産方法ではないこと、そして何か問題があった時には積極的に利用すべき出産方法と考えた方が良さそうです。

 

無痛分娩に対する誤解など

先ほども書きましたが日本では古くから慣習により無痛分娩に対する理解が深まっていません。

古い人だと無痛分娩をした人に対して「お母さんではない」とまで言うひどいケースもあるようです。

もちろん、そんな考えはおかしい。

「お腹を痛めたからこそいとおしく思える」「陣痛で苦しんで頑張っている人は凄い」みたいな考え方はもう古いと考えた方がいいでしょう。

そんな考えで母体に負担を与えては残念で仕方がありません。

古くからの風習や迷信に捕らわれている人は妊婦さんを傷つけるようなことを言わないようにしてもらいたい、そして母体や赤ちゃんの安全を最優先にする無痛分娩を選択しにくいような雰囲気は作らないようにしてもらいたいところです。

 

心臓疾患の妊婦の無痛分娩(ドラマ内)

コウノドリ3話のドラマの中では心臓疾患の妊婦・山崎麗子(川栄李奈)さんが周りの迷信などにまどわされて自然分娩を選択したいとサクラ先生(綾野剛)に伝えました。

先生たちも困っていましたがサクラ先生は方針を曲げず無痛分娩を選択すると伝えます。

その際に「出産は子供だけでなくお母さんも大切。危険な出産はさせられない」といった内容のことを伝えています。

コウノドリ2、3話のあらすじ、感想、見逃し配信動画など

本当にその通りで古くからの風習や迷信を信じて妊婦さんを迷わすような話は危険です。

 

日本の医療の問題

本来ならば日本でも無痛分娩が普通に、当たり前に行われるべきなのでしょう。

そのこともドラマの中で話されていました。

しかしながら、先ほども少し書いたように日本では全く産科麻酔専門の麻酔科医が足りていない状況。とてもではありませんが簡単には無痛分娩はできない状況。

よってドラマ内にあったような心臓疾患の妊婦のような事例でないと無痛分娩は行われないのです。患者が希望しても無痛分娩はできない。欧米とは全く逆の状況。

四宮先生は理想を言うのは簡単、現状は絶対に無理と言いきっています。

四宮先生は凄く冷たい言い方をすることが多いので誤解されることが多いのですがきちんとした知識に基づいて凄く深いところまで考えての発言ということが分かります。

 

無痛分娩を選択した死亡事故が?

一方で無痛分娩を選択したことによる死亡事故も発生したこともありました。

無痛分娩はやはりリスクがあるのでしょうか?

大阪府和泉市の産婦人科医院で1月、麻酔でお産の痛みを和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」で出産中の女性(当時31)が意識不明になり、その後死亡したことが捜査関係者らへの取材でわかった。府警は院長らから事情を聴いており、業務上過失致死容疑での立件も視野に調べている。

医院の代理人弁護士らによると、女性は1月、脊髄(せきずい)を保護する硬膜の外側に細い管を入れ、麻酔薬を注入する硬膜外麻酔を受けた。この注射の後、呼吸不全に陥り、意識不明になった。堺市内の病院に搬送されたが、約10日後に死亡。子どもは無事に生まれたという。府警は医師らが人工呼吸など十分な措置を取ったかについて調べている。

無痛分娩は赤ちゃんにほとんど影響せず分娩の疲労が減って産後の育児や職場復帰がしやすい利点があるとされる。2008年度の調査では国内のお産全体の2・6%と推計されたが、現在は5〜10%ほどに増えているとみられている。

無痛分娩で出産中に意識失い死亡 子どもは無事 大阪(朝日新聞2017年4月25日)

引用元:http://blog.goo.ne.jp/urara-30/e/40fd4ae247ac0ebe367946192e96ff48

この記事を見るとかなり医者が悪いように書かれていますがやはり産婦人科の現場任せになっている体制自体に問題があると感じます。

無痛分娩が悪いのではなくて麻酔専門の医者が少ないことが問題。

無痛分娩が悪いのではないということをしっかりと理解しておきたいところです。

医師は書類送検される可能性があると書かれていますが、できる限りのことをしようとした医師が気の毒だと考える向きもあることでしょう。

この朝日新聞の報道だけでは大切な本質的なことが抜けており偏っているようにも感じます。

 

無痛分娩のメリット、デメリットなどまとめ

日本では無痛分娩を選択する人は少ない。また希望しても対応してくれる病院が少ないことから無痛分娩してもらうことさえもできません。

でも基本的にはきちんと整備された病院であるならば無痛分娩の方がメリットが多いと言えそうです。

自然分娩だと体調によっては母体に大きな負担がかかります。体にダメージが残る場合もあります。

分娩後に1週間の入院が必要な自然分娩と、わずか数日で退院していく無痛分娩。産後の回復が早く、生まれたての赤ちゃんの世話だって余裕をもってできるわけでいいことが多いのです。

一方でデメリットは費用がかかること。やはり日本での整備の遅れが負担となっているように感じます。

日本でも無痛分娩が普通に行われるように整備が進んで欲しいところです。


スポンサーリンク