【嫌われる勇気】最終回・10話 感想ネタバレ 見逃し動画配信(無料)情報など

毎週木曜日の夜10時はフジテレビのドラマ「嫌われる勇気」が放送されています。主役は香里奈さん。その他にも加藤シゲアキさん、椎名桔平さんら豪華メンバーが登場します。そして次回「嫌われる勇気」最終回の10話は3月16日の夜10時からの放送予定です。15分拡大枠なので要注意!

私は「嫌われる勇気」を1話からずっと見ていますが、かなり忙しいドラマという印象。

このTVドラマ「嫌われる勇気」はアドラー心理学について書かれた本「嫌われる勇気」が原案で、心理学を応用した考え方で事件に立ち向かう女性刑事・庵堂蘭子(香里奈)の活躍を描いています。

人に嫌われることを恐れず、難事件に立ち向かうということで事件の謎解きを楽しみながらアドラー心理学を勉強できるという一挙両得のドラマ。でも、それだけに頭が追いつきません。頭の悪い自分にはきついドラマだったりするのです(笑)。

そしてこの嫌われる勇気ですが視聴率があまり良くありません。両方の良さを出そうとして中途半端になっていた印象もあったのですが、、、個人的には嫌われる勇気の7話ぐらいから急に面白くなってきた印象です。この頃から、比重を推理ドラマに向けた感じで私はかなり引き込まれています。

そして、蘭子を中心とした過去の話がいろいろと出てきます。誘拐監禁された過去、父の失踪、そして黒幕のメシアと大文字教授との繋がりは?様々な憶測が出る中で分からないことが多すぎて混乱していきます。しかもバディの青山が刺されて死んでしまう!?

前回の「嫌われる勇気」9話では蘭子は犯人の1人である土方に監禁されてしまいます。そしてその土方も何者かに殺されてしまう!?謎が多くどのような結末になるのかさっぱり読めなくなってきました。ほんと、嫌われる勇気の最終回・10話は見逃し厳禁です。

18年前の誘拐事件との関わり、父の失踪との関連、メシアの正体などがどのような形で明らかになっていくのか?父は生きている?そして身内に意外な犯人がいる?

今回はこの「嫌われる勇気」10話の感想ネタバレや見逃し動画配信情報などをまとめます。

(フジテレビ系のドラマを見逃した人はこちらもチェック→フジテレビのドラマなどTV番組見逃しならフジテレビオンデマンド

(前回の嫌われる勇気9話のあらすじ感想はこちら→【嫌われる勇気】9話 感想ネタバレ 見逃し動画配信(無料)

嫌われる勇気


スポンサーリンク


ドラマ「嫌われる勇気」10話あらすじ、予告動画

ドラマ「嫌われる勇気」の10話の予告が公式サイトや公式動画でいろいろと出てきました。ざっと見た感じであらすじや予告動画情報などを以下にまとめます。

前回の嫌われる勇気9話では庵堂蘭子(香里奈)が土方に監禁されて大変なことに!しかしながらメシアと思われる人物が土方を銃で殺害。

一方、病院を抜け出した青山年雄(加藤シゲアキ)は、大文字 哲人(椎名桔平)の研究室に駆け込むと室内を物色し、古びたファイルを見つけます。

そこには18年前の蘭子(香里奈)の誘拐事件の記事とともに赤い印が付いた森の地図がありました。蘭子が監禁された場所。

一方、監禁された蘭子のもとへ大文字がやってきます。大文字は、気を失っていた蘭子を起こし拘束を解きます。

自由になった蘭子は、何者かに撃たれ倒れている土方(寿大聡)と、そのそばに自分の銃が落ちているのに気付きます。そこへ、青山と間雁 道子(飯豊まりえ)が!青山は銃を拾い大文字に向けると、蘭子から離れろと命じます。大文字はゆっくりと手を挙げます。

その後、梶準之助(正名僕蔵)らが行った検証の結果、現場に残された足跡が、土方と警察関係者を除くと、大文字教授のものだけだったことが分かります。となるとメシアは大文字教授なのか?土方を殺したのも大文字教授なのか?

半田陽介(升毅)は大文字教授を取り調べ、監禁場所にいた理由を問います。大文字教授は蘭子が監禁されているのなら18年前と同じ場所の可能性があるからだと説明。しかし半田は当時の監禁場所が公開されていなかったことを指摘します。

大文字教授は自分と土方が共犯関係だと考えるのは浅はかだと反論します。一方で蘭子とともに取り調べを見ていた青山は、取調室に乱入するとあなたが土方らの狙撃を指示した「メシア」だろうと怒りを爆発させます。

取り調べが終わり、部屋から出た大文字は、すれ違いざま蘭子にハンカチを手渡します。そこには、メモがはさんでありました。

実は父は生きている!?そして犯人は意外な身内の人間だった?全ての謎が明らかになります。

(参考:嫌われる勇気ホームページwww.fujitv.co.jp/kira-yu/ と以下の動画)

 

ドラマ「嫌われる勇気」最終回・10話の感想(ネタバレ注意)

ドラマ「嫌われる勇気」最終回・10話の感想は番組を見ながらまとめるのでしばらくお待ちください。また、ネタバレ注意ください。

 

大文字教授が犯人?

蘭子は土方に監禁されましたが「先生」と言っていた何者かに殺されました。至近距離から撃たれたようです。誰に殺害されたのか?

そして気が付いた蘭子の近くににいたのは大文字教授でした。大文字教授は蘭子の拘束を取ります。でも、これは大文字教授が犯人なのか?

 

大文字教授を取り調べ

現場には大文字教授以外には警察県警者の足跡しかなかったということでやはり大文字教授が怪しいと考えます。

青山も大文字教授が怪しいということで取調室に怒鳴り込みます。「お前がメシアだろう!」でも、大文字教授は否定するだけ。

18年前の事件についても覚えていないというだけでした。

 

大文字教授からのメッセージ

そして大文字教授は忘れ物と言ってメッセージを蘭子に渡します。

どうやら教授の部屋に来て欲しいということらしい。

教授は警察内にメシアがいると考えたので詳細は蘭子に話できなかったのです。そこで蘭子の父との関わりについて語ります。

当時、蘭子の父は蘭子の誘拐事件を追っていた。それを大文字教授に手伝ってもらっていたのです。

しかしながらその事件の真相が明らかになるにつれて危険ということが分かりました。そこで大文字教授にはこれまでの調べたものを全て破棄するように依頼します。

そして、蘭子には手を出さないように交渉することに。でもその後、蘭子の父は行方不明になったのです。

キーワードは神奈川県警が蘭子の誘拐事件を追っていたということ。そして神奈川県警は詳しく調べることはなかったということ。すなわち神奈川県警に当時いた人間が怪しい!?

 

青山は神奈川県警を調べる

そこで青山たちは神奈川県警の過去の事件を洗います。

そこで分かったのは冤罪の可能性のある殺人事件。

その捜査にあたった人間は?

 

蘭子の記憶をたどる

一方の蘭子は記憶をたどります。

大文字教授に心理学を使って記憶を思い出します。

それは、、、父が隠していたナイフ?

 

犯人は鑑識の梶

なんと、犯人は鑑識の梶さんだった?

花を探して欲しいと依頼した蘭子でしたが、そこで梶は白い花と言ってしまいます。

花の色はいっていないと蘭子。

メシアは梶さんでした。

梶さんは以前神奈川県警にいららしい。そこでとある事件が冤罪である証拠を掴んだのです。犯罪に使われたナイフが出てきてそこから犯人とされた人物とは違う人間の指紋が出てきたのです。

それを出そうとしたのですが冤罪事件を出すなんてとんでもないと上層部に断られます。蘭子の父にも取り合ってもらえませんでした。

 

欄子と引き換えに?

そこで蘭子を誘拐し引き換えに証拠を出して冤罪の証明をするという取引をしました。

しかし蘭子を返しても約束を守ってもらえなかった。

それどころか自分の誘拐だけ問い詰められたのです。そして誘拐を見逃すからそれ以上言うなといわれたのです。

これが警察内部なのかとがっくりする梶。基本的には正義感ある人間だったようです。

 

梶の妻も亡くなる

それと同時に妻もなくなっていました。警察が信用できなくなり、更には妻もなくなってよりどころが無くなった梶。そんな時に蘭子の父親から連絡が来ました。

蘭子の父はもう蘭子に手を出すなと言います。

ならば証拠を出して冤罪を証明しろと梶は言いますが、蘭子の父はそんな事件はないと言わんばかり。蘭子の父は警察の人間で上司の言いなりだったのです。

それに腹を立てた梶が蘭子の父親を殺してしまったのです、、、。

そしてこの事件で梶は完全に壊れてしまったのでした。

 

青山倒れる!

蘭子は梶に銃を向けます。それを止めようと撃ってはいけないと青山は蘭子に銃を向けます。

蘭子は撃ちませんでした。殺人という卑劣な方法で復讐を果たすわけにはいかない。あなたには罪を償ってもらうと言います。

梶は逮捕され事件は解決したかに見えました。

しかしながら、これまで無理を押してきた青山が倒れます。

青山死亡!?

 

蘭子に宛てた手紙も

そして、ここで嫌われた勇気9話の冒頭にもあった手紙が大文字教授から蘭子に手渡されます。自分に何かあったらこの手紙を読んでほしいというもの。

蘭子さんのバディで幸せだったというものです。

それを手にお墓参りをする蘭子。

 

青山は死んでしまった?

えーっ、青山死んじゃったの?

と思ったら、そこで青山と蘭子の弟が登場しました。どうやら大丈夫だったみたいです。

大文字教授がせっかくだからと蘭子に渡しただけだったようです。

 

青山と蘭子はお互いに好き?

蘭子の弟は青山さんは姉さんのこと好きですよね!と言います。

そんなことないですよと焦る青山。

でもここで蘭子から「私は青山さんのこと好きですよ!」と言います。

なんと、ここで告白!?と思ったら「昔飼っていた犬に似ていてかわいいから好きです」と続けます。なんだ犬か、、、。みたいな落ちでしたが本当に好きなんでしょうね。

 

まとめ

犯人はまさかの梶さんでした。蘭子の父と同じぐらいの年齢層と言えば大文字教授か半田係長しかおらず、この2人のうちのどちらかと言えばやはり大文字教授?と思っていたのですが、、、。梶さんは全くのノーマークでした。

まさかその手があったか、、、。完全にやられましたね。

そして蘭子は父が隠した証拠のナイフのことを無意識のうちに封印していたようです。蘭子は父のことが好き。そして、厳格で真面目でやさしい父というイメージを崩したくなかったのです。無意識のうちに自分の都合の良い方向に記憶がすりかえられていたのですがそれを大文字教授が正してくれました。

蘭子にとっては悲しいことですがこれが現実。逃げずに立ち向かうしかない。でも、その課題は完全に克服したようにも見えます。その後も、いつものように鋭い推理で周りを困らせているようでした。

 

ドラマ「嫌われる勇気」10話の口コミ・評判・評価など

ドラマ「嫌われる勇気」10話を見終わった後に口コミ・評判・評価などの情報をまとめます。たくさんの人の口コミ・評判をチェックしたい人はこちらも参考にどうぞ。

視聴率が悪いとか言われていましたが途中からの展開は素晴らしく面白かったですよね。最初からとばしてくれればもっと良かったとは思いますが、、、。

そして最後の結末が本当に以外でした。梶さんが犯人だったとは!びっくりした人も多かったようです。そしてやはり今回も青山人気が凄かったです。

~ドラマ「嫌われる勇気」10話の口コミ・評判・評価~

・嫌われる勇気 すっごい 面白かったなあ

・今まで見た刑事ドラマの中で1番面白かった

・香里奈まじかっこよかった

・3ヶ月あっという間だった

・内容は1話の印象よりは面白かった。最後まで見て良かった。

・庵堂蘭子(あんどうらんこ)→略してあどらー

・嫌われる勇気 最終回まさか梶さんが犯人だったとは( ゚д゚)

・青山君は刑事物に似合う俳優さんだね

・青山青年が癒しのオアシスでした

・青山ロスに耐えながら私も頑張っていこ

・最後にフラグ立てまくる三宅くん

 

ドラマ「嫌われる勇気」10話の見逃し配信情報(AD)

ドラマ「嫌われる勇気」を見逃した人はこちらも要チェック情報です!今なら無料でチェックできるかも?もちろん、危険な違法動画(ウイルス、詐欺請求など危険)ではありません。公式動画です。

ドラマ「嫌われる勇気」はフジテレビ放送なのでフジテレビオンデマンドでも放送されます。今ならFODプレミアムに初めて登録する人は初月無料で登録可能。過去の「嫌われる勇気」を見逃しても1話からチェックすることもできます!

それ以外にもフジテレビ系列の「大貧乏」「突然ですが明日結婚します」「クズの本懐」「ラブホの上野さん」なども1話から見れるので要チェックです!(「嘘の戦争」もありますがこちらはポイント必要かな?)

フジテレビの月9「カインとアベル」「好きな人がいること」などの最終回を見逃した人も今なら無料でチェックできるかも。初月無料で登録できる今がチャンスです。登録はお早めに。ただし、初月無料や配信特典が終わっていたらごめんなさい。気になる人は以下のリンクをクリックして今すぐチェックしてください。

最新情報のチェックはこちらから
まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

ドラマ「嫌われる勇気」10話の視聴率速報

ドラマ「嫌われる勇気」10話の視聴率が分かったらまとめます。しばらくお待ちください。9話までの視聴率は以下の通り。9話で最低視聴率となりちょっと苦戦している印象です。

7話ぐらいから面白くなってきたのでちょっと、エンジン全開にするのが遅かったかな?と個人的には思います。

【嫌われる勇気視聴率速報】
1話:8.1%
2話:6.4%
3話:6.6 %
4話:7.2%
5話: 6.1%
6話:6.2%
7話:6.5%
8話:6.2%
9話:5.9%

その他のドラマ視聴率速報など:冬ドラマ2017視聴率ランキング一覧(曜日順)

 

ドラマ「嫌われる勇気」の最終回はいつ?ネタバレ結末は?

嫌われる勇気も最終回が近づいてきました。最終回の日程も決まっています。

最終回の日程やネタバレ予想情報などもまとめているので興味がある人はどうぞ!

父が生きている?犯人は父?身内の意外な共犯者とは?様々な角度から予想してみました。

【嫌われる勇気】最終回はいつ、ネタバレ予想~原作 犯人は父?土方、大文字?

 

ドラマ「嫌われる勇気」の原作(原案)

今回の「嫌われる勇気」については原作はありません。ただし、このドラマの原案であるアドラー心理学の本のタイトルが「嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え」ということでドラマのタイトルもそのまま付いています。

アドラー心理学を解説した「嫌われた勇気」の内容を刑事ドラマに置き換えて説明していると考えるといいでしょう。

「アドラー心理学」はオーストリア出身の精神科医、心理学者アドラーの名前から付けられています。フロイトとの共同研究者でもあり、世界的に有名なのですが日本ではあまり知られていませんでした。

その理由ははっきりしませんが他人との共同生活を重んじる日本人にとってアドラーの教えは馴染まないと判断した心理学者が多かったのかもしれませんね。

昨年になりようやくアドラー心理学について解説した書籍「嫌われる勇気」が日本で発行され、ベストセラーになったことで広く知られることになっています。

ビジネス書のように感じる人も多いようですが一般の生活にも生かせる考えなので一度読んでおくといいでしょう。

表紙は以下のような感じなので本屋さんで探すときの参考にしてください。また、その表紙画像をクリックするとレビューも確認できるのでそれも見ておくといいでしょう。多くの人が参考になったということでレビューを書いています。

やはり基本的に人間の悩みって人間関係が多かったりします。日本だけでなく世界的に同じなんですよね。


嫌われる勇気 [ 岸見一郎 ]

(それ以外にもアドラー心理学関連の書籍はたくさんあります。勉強したい人はチェックするといいでしょう)

 

嫌われる勇気の主題歌

大塚愛の「私」です。ちなみにOPはNEWSのEMMAです。双方共にすでにCDの予約が始まっています。初回限定版などの情報もまとめているので確認ください。

「嫌われる勇気」の主題歌 NEWS?大塚愛の「私」?予約は可能?

 

ドラマ「嫌われる勇気」10話あらすじ感想まとめ

楽しみなドラマ「嫌われる勇気」が毎週木曜日の夜10時から放送されます。個人的には心理学+刑事ものということで付いていくのが大変でしたが毎回楽しみに見ています。

あなたも是非、見てくださいね(放送時間が変わる可能性あるので注意してください)。


スポンサーリンク