【嫌われる勇気】の1話初回 感想ネタバレ 見逃し動画配信(無料)情報など

1月12日木曜日の夜10時から、フジテレビのドラマ「嫌われる勇気」が始まります。1話初回は15分延長になるのでお見逃し無く!

主演は香里奈さんです。その他にも加藤シゲアキ、椎名桔平ら豪華メンバーが登場します。

「嫌われる勇気」というタイトルを聞いて、どこかで聞いたことがあると思った人は読書家かもしれませんね。最近話題になっているアドラー心理学について書かれた本のタイトルが「嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え」(岸見一郎、古賀史健の共著)なのです。

その心理学を応用した考え方で事件に立ち向かう女性刑事の活躍を描いたドラマです。人に嫌われることを恐れず、難事件に立ち向かう主人公庵堂 蘭子(香里奈)の活躍が見ものです。

個人的にはアドラー心理学についてそれほど詳しいわけではありませんが本は読んでいます。その考え方は仕事だけでなく生活の場にも生かせます。でも、それを刑事ものするとは、、、ちょっと意表を突かれました。どのようなドラマになっているのか凄く楽しみです。

今回はこの「嫌われる勇気」の1話初回の感想ネタバレや見逃し動画配信情報などをまとめます。

(フジテレビ系のドラマを見逃した人はこちらもチェック→フジテレビのドラマなどTV番組見逃しならフジテレビオンデマンド

嫌われる勇気


スポンサーリンク


ドラマ「嫌われる勇気」1話初回あらすじ、予告動画

ドラマ「嫌われる勇気」の1話の予告が公式サイトや公式動画でいろいろと出てきました。ざっと見た感じであらすじや予告動画情報を以下にまとめます。

主人公の刑事の庵堂蘭子(香里奈)が属する捜査一課に、新人刑事の青山年雄(加藤シゲアキ)が配属されます。

この主人公の刑事の蘭子が嫌われる勇気を持って行動できる人物という設定なのでしょう。そこに嫌われることを恐れる新人刑事の青山がどのように絡んでいくのか見どころです。おそらくは、この人には付いていけないと思いつつも難事件を解決していくその姿を見て徐々に理解していくという感じの展開になるのでしょう。そして嫌われる勇気を持つようになっていくのでは?

まず、係長の半田陽介(升毅)は新人刑事の青山に、蘭子と組んでモデル殺害事件に加わるように命じます。そして、青山は刑事の三宅隆俊(桜田通)に蘭子が携帯電話を持たない主義ということを教えてもらいます。もうこの辺りですでに「嫌われる勇気」の真骨頂と言う感じもしますね。

携帯電話を持たない蘭子をようやく探し当てる青山。そこに青山の携帯が鳴り、第二の殺人が起きたと告げられます。蘭子は青山の携帯を取り上げ情報を得ると、現場へ急行します。

(これって、蘭子ができる人間だから許されるという感じがしないでもないですね。普通に考えたら携帯持っていないかったら仕事に差し障りそうなものです。仕事ができない人間だったらすぐにクビでは?そんなことを考える時点でアドラー心理学を理解していないと怒られそうだけどまあいいか、、、)

第二の被害者もモデルであることが判明します。そして、鑑識課の梶準之助(正名僕蔵)と、刑事の浦部義孝(丸山智己)が遺体を調べます。

そこに蘭子と青山が到着。浦部はふたりに周辺の聞き込みに行くよう指示するのですが、蘭子は無視して遺体を調べ始めます。またまたマイペースの蘭子。

さらに蘭子は、遺体を見た帝都大学医学部助教の相馬めい子(相楽樹)が明かした見解も、安易な妄想だと一蹴するのです。大学の先生を否定するところも、なんとも大胆不敵!(何となくライバルみたいな関係性っぽいですね)

その後、モデル連続殺人事件の捜査会議が開かれます。刑事の小宮山正明(戸次重幸)が概要などを説明し捜査に関わる刑事が勢揃いするなか、なんと蘭子は参加せずにパソコンに向かっていました。そんなマイペースな蘭子に、青山はうんざりします。そして、半田に相談すると、別の任務を与えられることになります。

青山が訪れたのは帝都大学の研究室で、そこには警視庁のコンサルタントも務める教授の大文字哲人(椎名桔平)がいました。大文字は、蘭子の下の配属だという青山に、蘭子を理解するには、「アドラー心理学」を知る必要があると話し始めます。

どうやら嫌われる勇気を持って行動する蘭子(香里奈)、そしてその行動を解説する大文字(椎名桔平)、そしてアドラー心理学を理解していく青山(加藤シゲアキ)という形で毎回、放送されるようです。

青山はその話、アドラー心理学について納得できるのでしょうか?
(参考:嫌われる勇気ホームページwww.fujitv.co.jp/kira-yu/ と以下の動画)

 

ドラマ「嫌われる勇気」の原作

今回の「嫌われる勇気」については原作はありません。ただし、このドラマの原案であるアドラー心理学の本のタイトルが「嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え」ということでドラマのタイトルもそのまま付いています。

アドラー心理学を解説した「嫌われた勇気」の内容を刑事ドラマに置き換えて説明していると考えるといいでしょう。

「アドラー心理学」はオーストリア出身の精神科医、心理学者アドラーの名前から付けられています。フロイトとの共同研究者でもあり、世界的に有名なのですが日本ではあまり知られていませんでした。

昨年になりようやくアドラー心理学について解説した書籍「嫌われる勇気」が日本で発行され、ベストセラーになったことで広く知られることになっています。

ビジネス書のように感じる人も多いようですが一般の生活にも生かせる考えなので一度読んでおくといいでしょう。

表紙は以下のような感じなので本屋さんで探すときの参考にしてください。また、その表紙画像をクリックするとレビューも確認できるのでそれも見ておくといいでしょう。多くの人が参考になったということでレビューを書いています。

やはり基本的に人間の悩みって人間関係が多かったりします。日本だけでなく世界的に同じなんですよね。

 

ドラマ「嫌われる勇気」のキャストなど

ドラマ「嫌われる勇気」のキャストは以下の通りです。

【庵堂 蘭子〈32歳、主人公で嫌われる勇気を持って行動する〉】
香里奈

【青山 年雄〈28歳、主人公の蘭子に振り回されながらもアドラー心理学を勉強していく〉】
加藤シゲアキ

【大文字 哲人〈52歳、蘭子の行動を通してアドラー心理学を解説、警視庁コンサルタント〉】
椎名桔平

【半田 陽介(捜査一課の係長で蘭子の上司)】
升毅

【小宮山 正明(刑事、蘭子の同僚?)】
戸次重幸

【浦部 義孝(刑事、蘭子の同僚?】
丸山智己

【三宅 隆俊(刑事、蘭子の同僚?)】
桜田通

【土方 登志郎(帝都大学文学部心理学科准教授で大文字の同僚)】
寿大聡

【間雁 道子(帝都大学文学部心理学科の助手、大文字が信頼している)】
飯豊まりえ

【相馬 めい子(帝都大学医学部助教で監察医、蘭子に敵対心あり?)】
相楽樹

【梶 準之助(鑑識課)】
正名僕蔵

【村上 由稀菜(鑑識課)】
岡崎紗絵

 

ドラマ「嫌われる勇気」のスタッフ

ドラマ「嫌われる勇気」のスタッフは以下の通り。

 

原案

岸見一郎・古賀史健共著「嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え」

 

脚本

徳永友一

 

演出

池澤辰也、及川拓郎、星野和成

 

主題歌

大塚愛の「私」です。ちなみにOPはNEWSのEMMAです。双方共にすでにCDの予約が始まっています。初回限定版などの情報もまとめているので確認ください。

「嫌われる勇気」の主題歌 NEWS?大塚愛の「私」?予約は可能?

 

ドラマ「嫌われる勇気」1話初回の感想(ネタバレ)

ドラマ「嫌われる勇気」1話を見ました。

うーん、正直なところ難しいドラマだなぁ。もやもやしました。刑事ドラマと心理学の解説がごっちゃになってなんとも、もやもや。以下、あらすじと感想です。

 

ケーキ屋さんにて

最初、ケーキ屋さんで小さな子供が苺ショートケーキを食べたいと大声で叫んでいます。最後の1個。でも、その後列なのでまだ注文することができません。

並んでいる人達はその子供に気を使って他のケーキを注文するが一人、空気を読まずショートケーキを注文する女性がいました。その女性が庵堂 蘭子(香里奈)でした。

人に気を使って後悔するぐらいならば好きなことをして生きる女性と言う感じでしょうか?

 

とりつく暇もない庵堂蘭子

 

その庵堂蘭子が所属する捜査課に新人刑事、青山年雄(加藤シゲアキ)は配属されます。青山年雄は庵堂蘭子と行動を共にするように言われます。青山年雄は携帯を持たない庵堂蘭子を探すのにも一苦労。

しやもようやく見つけて、先輩と呼ぶとその呼び方をしないで欲しいという庵堂蘭子。「それでは何と呼べば?」と質問する青山に「それはあなたの課題」と突っぱねます。

うーん。何とも嫌な人だなぁ。

そういうふうに思う自分もアドラー心理学を勉強すべきなのかも?

 

2件目ののモデル殺人事件

同じ手口で殺人が行われていました。その遺体を見た帝都大学医学部助教の相馬めい子(相楽樹)の見解を安易な発想と言い放つ庵堂蘭子。なかなかに辛らつです。あちこちで自分の意見を言い、トラブルをかかえる庵堂蘭子に青山年雄は付いていけません。

 

配置換えを申し込む青山年雄

あちこちで自分勝手な意見を言い、トラブルを巻き起こす庵堂蘭子。それには付いていけないと青山年雄は係長の半田陽介(升毅)に泣きつきます。

すると半田は特別な任務ということで警視庁のコンサルタントである大学教授、大文字哲人(椎名桔平)のところへ向かわせます。大文字がぼそっと「新しい連絡係?」みたいに言っていたのには少し笑った。どうやら同じように庵堂蘭子が理解できないという人が多かったのでしょうね。

 

大文字哲人に庵堂蘭子のことを聞く青山年雄

大文字哲人は庵堂蘭子を理解しようとしたらアドラー心理学を知る必要があると言います。全ての悩みは対人関係の悩みと言う大文字哲人に対して、どうしてもその話には納得ができない青山年雄でした。

そして大文字哲人は続けます。全ての犯罪は対人関係が原因。そして、犯罪にはしかるべき理由がある。犯罪者にとっての善によって引き起こされるというもの。話はそこで終わります。

後から分かることですが庵堂蘭子は大文字哲人の教え子。だからあどらー心理学を理解しているのかというとそれも違います。大文字哲人が言うには庵堂蘭子は生まれながらにしてアドラー心理学を実践しているナチュラル・ボーン・アドラーらしい。

 

事件の内容と解決について

事件の内容はあまり頭に入りませんでした。その部分を楽しみにしていた人、ごめんです。見逃し配信見てまた書くかも?

とりあえず事件は解明に向かうのですがそれよりもアドラー心理学に関する内容が気になってそちらの方を考えてしまう(笑)。

結局のところ、他人の目を気にしている人が犯人でした。自分が仕えている人の価値が下がると自分の価値も下がると思って2人のモデルを殺害したのです。

でも、結局はその疑いを仕えている人が受けてその人の価値が下がってしまった。価値がなくなったのでその人も殺害しようとストーカーを利用して殺害したというものです。

他人の目を気にすることが犯行に繋がったということなのでしょう。

冷静に見るとあまりにも安っぽい動機だとも感じますが本人にとってはとても大切なことだったのでしょうね。

 

庵堂蘭子と青山年雄

事件が解決した後に青山年雄は誤解していたかもしれないと庵堂蘭子に伝え謝ります。でも、冷静になれば自分にも解決できたかも?と、とんでも発言。この部分だけはアドラー心理学実践できているようにも感じる(笑)。

そこに庵堂蘭子は「あなたは刑事に向いていない」ときつく言い放ちます。どこまで言っても庵堂蘭子ですね。今後もこの2人の絡みは注目です。

 

18年前の事件について

事件が解決した後、庵堂蘭子はある森に行きます。そこに少女がいた?今の庵堂蘭子の原点がそこにあるらしい。もしかしたら、他人を気にして何も言わずに事件を解決できなかったような過去があったのかもしれません。

 

 

その辺りは今後情報が出てくることでしょう。

うーん。刑事もの+アドラー心理学の話は個人的には理解が難しかったです。アドラー心理学の方を考えると事件に集中できない。頭の中が混乱。

でもおもしろかったので来週もまた見ます。次の展開も楽しみです。少しずつ庵堂蘭子の過去も分かっていくと思うのでそこに注目したいと思います。

 

ドラマ「嫌われる勇気」1話初回の口コミ・評判・評価など

ではドラマ「嫌われる勇気」1話を見た人達の口コミ・評判、評価などの情報をまとめます。ドラマ良かった、面白かったという意見が多いです。そして、やっぱり加藤シゲアキが人気ですね。あのエプロン姿を見て「大貧乏」に出演している神山智洋を思い出しました。コンクールはジャニーズにコスプレさせるのがはやっているのでしょうか(笑)?

あと、本の「嫌われる勇気」とちょっと違うのではという意見もチラホラありました。確かに嫌われる勇気というよりは「単なる自分勝手では」というところも多くあったような気がします。刑事なのに携帯持たない主義だとかあり得ないと思うのですけど、、、。

でも、人の目ばかり気にして自分がしたいことをできないという人には刺さるドラマではないかなと思います。対人関係で悩んでいる人は見るといいでしょう。仕事でもビジネスでも対人関係が大切なのでビジネスマンにもお奨めです。

~「嫌われる勇気」1話初回の口コミ・評判・評価など~

・嫌われる勇気は……もう…もうなんかわかんないけどしげが全部よかった

・嫌われる勇気、とにかくシゲちゃんの可愛いが溢れるドラマ

・嫌われる勇気の本読んでて具体的に分からなかった所をドラマで映像として見ることで理解できたところある

・好きなタイプのドラマ

・ドラマとしては不評かもしれないけど原作者の読者としては高評価したい

・バッサバッサと言ってくれるからスッキリする

・嫌われる勇気~私は私のために生きる~ ってドラマチョーいい!

・今日の嫌われる勇気のハイライトは 白衣の女の人に色目使われて 翻弄される青山刑事

・嫌われる勇気 って、 嫌われるようなことを敢えていう勇気 ではないけど、誤解されそうな作りだった

・あの女刑事さんは嫌われる勇気とは違う気がするぞ。

・嫌われる勇気よりも、後々嫌われてると気付いてしまった時に陥いる鬱感に耐える精神力が欲しい

 

ドラマ「嫌われる勇気」2話のあらすじ、予告動画

ドラマ「嫌われる勇気」2話のあらすじ情報、予告動画情報が出てきたらこちらでも紹介します。しらばくお待ちください。

 

ドラマ「嫌われる勇気」1話初回の見逃し配信情報(AD)

ドラマ「嫌われる勇気」を見逃した人はこちらも要チェック情報です!今なら無料でチェックできるかも?もちろん、危険な違法動画(ウイルス、詐欺請求など危険)ではありません。公式動画です。

ドラマ「嫌われる勇気」はフジテレビ放送なのでフジテレビオンデマンドでも放送されます。今なら初めて登録する人は初月無料。すなわち「嫌われる勇気」を見逃しても無料でチェックすることができます!ただし、放送後7日間無料配信となっているので早めのチェックが必要かもしれません。

フジテレビの月9「カインとアベル」「好きな人がいること」などの最終回を見逃した人も今なら無料でチェックできるかも。初月無料で登録できる今がチャンスです。登録はお早めに。ただし、初月無料や配信が終わっていたらごめんなさい。気になる人は以下のリンクをクリックして今すぐチェックしてください。

まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

 

ドラマ「嫌われる勇気」1話初回あらすじ感想まとめ

楽しみなドラマ「嫌われる勇気」が1月12日(木)の夜10時から始まりました。個人的には心理学+刑事ものということで付いていくのが大変でしたが面白かったです。また来週も見ます。

あなたも是非、見てくださいね。


スポンサーリンク