【嫌われる勇気】7話 感想ネタバレ 見逃し動画配信(無料)情報など

毎週木曜日の夜10時はフジテレビのドラマ「嫌われる勇気」が放送されています。主役は香里奈さん。その他にも加藤シゲアキさん、椎名桔平さんら豪華メンバーが登場します。そして次回「嫌われる勇気」7話は2月23日の夜10時からの放送予定です。

私は「嫌われる勇気」を1話からずっと見ていますがこれがなかなかに忙しい。このTVドラマ「嫌われる勇気」はアドラー心理学について書かれた本「嫌われる勇気」が原案で、心理学を応用した考え方で事件に立ち向かう女性刑事・庵堂蘭子(香里奈)の活躍を描いています。

人に嫌われることを恐れず、難事件に立ち向かうということで事件の謎解きを楽しみながらアドラー心理学を勉強できるという一挙両得のドラマなのですがそれだけに頭がフル回転しても追いつきません。頭の悪い自分にはちょっときついドラマだったりするのです(笑)。

前回の嫌われる勇気6話では最後にびっくり展開になってきました。どうやら大文字教授が実は悪役?何らかの秘密を握っている感じになってきています。

そして、今回の嫌われる勇気7話では爆弾魔が登場!?爆弾魔との対決に蘭子は勝つことができるのでしょうか?そして7話でのアドラー心理学は「共同体感覚」が出てくるらしい。どうも蘭子とは真逆な感じもするけど、どのような話になっているのでしょうか?かなり楽しみです。

今回はこの「嫌われる勇気」7話の感想ネタバレや見逃し動画配信情報などをまとめます。

(フジテレビ系のドラマを見逃した人はこちらもチェック→フジテレビのドラマなどTV番組見逃しならフジテレビオンデマンド

(前回の嫌われる勇気6話のあらすじ感想はこちら→【嫌われる勇気】6話 感想ネタバレ 見逃し動画配信(無料)

嫌われる勇気


スポンサーリンク


ドラマ「嫌われる勇気」7話あらすじ、予告動画

ドラマ「嫌われる勇気」の7話の予告が公式サイトや公式動画でいろいろと出てきました。ざっと見た感じであらすじや予告動画情報などを以下にまとめます。

庵堂蘭子(香里奈)が出勤すると、応接室で青山年雄(加藤シゲアキ)半田 陽介(升毅)がとある男性と話しています。

その男性、佐藤(板尾創路)は先日起こった爆発事件の目撃者で、犯人に命を狙われているから保護してくれと青山年雄に言うのでした。そして、佐藤は犯人から渡されたというカバンの中身を出すよう青山年雄に言います。

そこには、ぬいぐるみ、スマホ、タブレットが。青山がぬいぐるみを取り上げると、そのぬいぐるみに爆弾が仕掛けられていたことが判明。下に置くと爆発すると佐藤に言われた青山は手を離せなくなります。そこへ、犯人からスマホに着信が。自分は先日の爆発事件の犯人で、8係を監視している。外部と連絡を取ったりすれば、ぬいぐるみを爆発すると予告するのでした。

目的は何かと聞いた庵堂蘭子に「君と勝負がしたい」と犯人は言うのでした。

その後、犯人から二度目の着信があり、自分が指定した場所にある手紙に書かれたクイズに答えろ、と命じられます。ヒントは1枚の写真だったが、三宅(桜田通)の分析で場所を特定。蘭子は、その場へ向かいます。爆弾を抱えた青山は不安を感じながらも蘭子を見送るしかありません。

佐藤は犯人の狙いは蘭子なのに巻き込まれて気の毒だと青山に言いますが、自分と蘭子は共同体だと返します。そして、その共同体感覚こそがアドラー心理学のゴールだと青山は大文字(椎名桔平)から教えられていたのです。

さて、犯人はいずこに?そして犯人の真の目的は?

(参考:嫌われる勇気ホームページwww.fujitv.co.jp/kira-yu/ と以下の動画)

 

ドラマ「嫌われる勇気」7話のあらすじ感想(ネタバレ)

ドラマ「嫌われる勇気」7話のあらすじ感想は以下の通りです。ネタバレ注意ください。

 

爆弾魔からの挑戦状

佐藤(板尾創路)という男が8係にやってきました。佐藤は先日起こった爆発事件の目撃者で、犯人に命を狙われているから保護してくれと青山年雄に言います。そして、佐藤は犯人から渡されたというカバンの中身を出すよう青山年雄に言います。

そこにはぬいぐるみ、スマホ、タブレットが。青山がぬいぐるみを取り上げると、タブレットにぬいぐるみ爆弾の映像が。

すなわち、そのぬいぐるみに爆弾が仕掛けられているらしい。佐藤はそのぬいぐるみを下に置くと爆発すると言います。青山はぬいぐるんみを持ったまま手を離せなくなります。うわっ、何とも疲れそう。

そこへ、犯人からスマホに着信が入ります。それは機械音声で誰の声か判別はできません。そしてその声は「自分は先日の爆発事件の犯人で、8係を監視している。外部と連絡を取ったりすれば、ぬいぐるみを爆発する」と予告してきました。

そして庵堂蘭子に「君と勝負がしたい」と犯人は言うのでした。クイズを出すのでそれに制限時間内に答えないとぬいぐるみ爆弾は爆発するらしい。制限時間内にタブレットに答えを入力する必要があります。

8係から動けない青山たち。どーなるのでしょう。

 

蘭子が走る!

次々とクイズが出でます。各所に届けられたクイズの内容を庵堂蘭子(香里奈)が確認し、その答えを携帯電話で警察署に伝えます。その答えをスマホに入力すると正解音がなります。

まずは正解!でもこれで終了ではありませんでした。1つ答えても次の質問が。

その制限時間が短いので蘭子は各所に走り、そのクイズを確認し回答し携帯電話で連絡します。それの繰り返し。

しかも間違うと制限時間が一気に短くなる仕組みのようです。

 

青山は蘭子を信用する

佐藤は災難ですねというのですが青山は庵堂さんを信用すると言います。

それに対して佐藤はうらやましいと言います。

青山の考え方はアドラー心理学でいうところの共同体の考え方らしい。

 

大文字教授の協力をあおぐ

そして、大文字教授(椎名桔平)から蘭子に携帯電話にかかってきたので協力を仰ぎます。

大文字教授は犯人像を指摘。

今回は劇場型の犯罪で世間に広まるのを喜ぶはずが外部に知らせないように細心の注意をはらっているのが不自然と考えます。

かなりの覚悟を持って事件を起こしている。現場の近くで見ている可能性が高い。

 

犯人が判明?そして、最後のクイズ

犯人が分かりました。それまでの回答をつなぎ合わせたら過去に警視庁にいた人のパスワードだったのです。犯人は情報提供者だったはずの佐藤で、感づかれたと分かった佐藤はそこにいる全員を人質に最後のクイズを出します。

「俺が何でこんなことをしたのか分かるか?」と聞きます。それが最後のクイズでした。

 

犯行の目的は?

佐藤は真面目な警察官だったらしい。そして手がかりとなりそうなのは最後に送別会をしようとしたところ、ある事件があって、その送別会ができかなったということ。

そして、もう1つの手がかりは庵堂蘭子に挑戦する犯罪だったということです。これらのことがどのように繋がるのでしょうか?

そこで蘭子は佐藤の家に行きます。するとそこには蘭子の写真が。それを見て蘭子は悟ったようです。

 

爆発するのか?

佐藤は庵堂蘭子が来ないと断言します。命が惜しいから来るはずがないと言います。それに対して青山は庵堂蘭子が来ると断言します。他のメンバーも来ると信じています。青山は蘭子を信じる自分を信じると言います。

そして、庵堂蘭子は佐藤の犯行の目的を言い当てます。警察と言う共同体から離れ、忘れられるのが許されなかったのでしょうと言います。

佐藤はそれに対して答えます。300通あった年賀状が7通になった。40年以上も警察官として頑張ってきたのに全く必要とされなかった。その後寂しくなって警察に戻れば受け入れてもらえると思ったのですが、自分を必要とした人は誰もいないと感じたのです。

そして、必要とされている庵堂蘭子をうらやましく感じての犯行だったのです。いろいろな賞をもらって冊子にも載っていた蘭子がうらやましかったのです。

そして最後の最後の質問に答えない蘭子。これで爆発するのか!?

あれれ、不発!?爆発しませんでした。爆弾は全て偽者だったのです。

 

佐藤は本当に必要とされなかったのか?

佐藤は自分が必要とされなかった。だから犯行に及んだと言います。でも、蘭子はあなたは必要とされていたと言います。そして、佐藤が42年間買い続けたカレーパンを差し出します。そのカレーパンを買い続けたことでカレーパン屋のおばちゃんは頑張れたのです。

「今は見えていないだけで必要とされているはずだし、居場所もあるはず」と青山は言葉を続けるのでした。

 

まとめ

今回の「嫌われる勇気」はいつ爆弾が爆発するのかとドキドキしましたね。

でも、蘭子がするどくクイズを回答していきました。あんなに必死になる蘭子を初めて見たというほどの活躍でしたが、、、何と爆弾は最初から爆発しないのね。

40年以上も警察にその身をささげたのに必要とされなかったと感じた佐藤の犯罪だったというのはちょっと悲しいことでした。本当はいろいろな人に必要とされ、居場所もあったのにね。

一方で青山は最後まで蘭子を完全に信用していました最初は蘭子のことが信用できなかった青山がかなり変わって信頼関係ができていたことは本当に凄いと思います。

そうそう、三宅の秘密も少し出ていましたね。キャリアのお偉いさんらしい。どうりでかしこい!

そして、、、アドラー心理学会からの苦情もあったのでかなり庵堂蘭子の自分勝手な行動が減ったようにも感じます。少し下に概要を書いていますがアドラー心理学会からの指摘を受けて蘭子のキャラクターを少し変えた可能性があるかもしれませんね。キャラクター的にはマイルドになってしまうけどやはり、こっちの方がしっくりくるように感じます。

そして、次回予告も見ましたが、、、大変です!青山が血だらけで倒れてます。やばいですよ!どうしたのでしょう?次回「嫌われる勇気」8話も見逃せません!

 

ドラマ「嫌われる勇気」7話の口コミ・評判・評価など

ドラマ「嫌われる勇気」7話を見終わった後に口コミ・評判・評価などの情報をまとめます。たくさんの人の口コミ・評判をチェックしたい人はこちらも参考にどうぞ。

ざっと見た感じではやはりアドラー心理学会からの苦情で番組が打ち切りになる可能性があるという報道に関する書き込みが多かった感じがします。そして、ちゃんとアドラー心理学に基づいているという意見が多かったので番組的には良くなったのではないでしょうか?

あとは、、、やはり次回予告で加藤シゲアキが血だらけになって倒れる場面にびっくりして心配している人が多い印象。ほんと、どうなるのか気になります!

~ドラマ「嫌われる勇気」7話の口コミ・評判・評価~

・嫌われる勇気、話数が進むごとに面白くなってきてるから、最終回までこの調子で頑張って欲しい!

・今日の嫌われる勇気はちゃんとアドラーだったと思うで。テコ入れしたかな。

・来週は心配だけど…今週も面白かった!アドラーとの関連付けもスマートになってきたし、共同体感覚という馴染みの薄い言葉も分かりやすかった。

・放送中止が危ぶまれた今作 なんとか続投になった「嫌われる勇気」 学会側の意見を取り入れての放送 と言うところかな

・他人からの見え方にこだわらなくなったら、すごく気が楽になるのに。ホント、嫌われる勇気というより、奔放に生きる努力だと思う。

・今日の嫌われる勇気さ!!!!! 人を信じるという決断をしてる自分を信じる!!!!っての! この変なうわさがでてるなか、いいお話だった。

・組織には給料と契約の範囲でのみ身を捧げ、心は捧げず、淡々と付き合う。それが、組織と健康的に付き合うコツだと思う。

・怪しいのは、やっぱり大文字先生

・嫌われる勇気 気になりすぎてヤバいけん とりあえず早く来週なっとくれ

・嫌われる勇気見てたらずっとシゲがテディベア抱っこしてるし可愛い

・来週なに? シゲどうなっちゃうの!

・来週の嫌われる勇気面白そう! シゲ血だらけだったけど

・血まみれで倒れるしげあきさんはやばい

 

ドラマ「嫌われる勇気」7話の見逃し配信情報(AD)

ドラマ「嫌われる勇気」を見逃した人はこちらも要チェック情報です!今なら無料でチェックできるかも?もちろん、危険な違法動画(ウイルス、詐欺請求など危険)ではありません。公式動画です。

ドラマ「嫌われる勇気」はフジテレビ放送なのでフジテレビオンデマンドでも放送されます。今ならFODプレミアムに初めて登録する人は初月無料で登録可能。過去の「嫌われる勇気」を見逃しても1話からチェックすることもできます!

それ以外にもフジテレビ系列の「大貧乏」「突然ですが明日結婚します」「クズの本懐」「ラブホの上野さん」なども1話から見れるので要チェックです!(「嘘の戦争」もありますがこちらはポイント必要かも?)

フジテレビの月9「カインとアベル」「好きな人がいること」などの最終回を見逃した人も今なら無料でチェックできるかも。初月無料で登録できる今がチャンスです。登録はお早めに。ただし、初月無料や配信特典が終わっていたらごめんなさい。気になる人は以下のリンクをクリックして今すぐチェックしてください。

最新情報のチェックはこちらから
まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

ドラマ「嫌われる勇気」7話の視聴率速報

ドラマ「嫌われる勇気」7話の視聴率が分かったらまとめます。しばらくお待ちください。5話までの視聴率は以下の通り。ちょっと苦戦している印象です。

【嫌われる勇気視聴率速報】
1話:8.1%
2話:6.4%
3話:6.6 %
4話:7.2%
5話: 6.1%
6話:6.2%

その他のドラマ視聴率速報など:冬ドラマ2017視聴率ランキング一覧(曜日順)

 

ドラマ「嫌われる勇気」に打ち切り説がある?

最近、ドラマ「嫌われる勇気」に打ち切り説も出てきました。視聴率が振るわないということもあるのですが、それ以上にアドラー心理学会からの苦情が大きいという意見があります。

要約すると自分勝手な行動をする庵堂蘭子はアドラー心理学の考え方とは異なるということらしい。フジテレビの今後の対抗が注目されます。その辺り、現時点での情報を以下の記事にまとめています。

「嫌われる勇気」打ち切り?その理由と最新情報まとめ

 

ドラマ「嫌われる勇気」8話のあらすじ、予告動画

ドラマ「嫌われる勇気」8話のあらすじ情報、予告動画情報が出てきたらこちらでも紹介します。しらばくお待ちください。

 

ドラマ「嫌われる勇気」の原作(原案)

今回の「嫌われる勇気」については原作はありません。ただし、このドラマの原案であるアドラー心理学の本のタイトルが「嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え」ということでドラマのタイトルもそのまま付いています。

アドラー心理学を解説した「嫌われた勇気」の内容を刑事ドラマに置き換えて説明していると考えるといいでしょう。

「アドラー心理学」はオーストリア出身の精神科医、心理学者アドラーの名前から付けられています。フロイトとの共同研究者でもあり、世界的に有名なのですが日本ではあまり知られていませんでした。

その理由ははっきりしませんが他人との共同生活を重んじる日本人にとってアドラーの教えは馴染まないと判断した心理学者が多かったのかもしれませんね。

昨年になりようやくアドラー心理学について解説した書籍「嫌われる勇気」が日本で発行され、ベストセラーになったことで広く知られることになっています。

ビジネス書のように感じる人も多いようですが一般の生活にも生かせる考えなので一度読んでおくといいでしょう。

表紙は以下のような感じなので本屋さんで探すときの参考にしてください。また、その表紙画像をクリックするとレビューも確認できるのでそれも見ておくといいでしょう。多くの人が参考になったということでレビューを書いています。

やはり基本的に人間の悩みって人間関係が多かったりします。日本だけでなく世界的に同じなんですよね。


嫌われる勇気 [ 岸見一郎 ]

(それ以外にもアドラー心理学関連の書籍はたくさんあります。勉強したい人はチェックするといいでしょう)

 

ドラマ「嫌われる勇気」のキャストなど

ドラマ「嫌われる勇気」のキャストは以下の通りです。

【庵堂 蘭子〈32歳、主人公で嫌われる勇気を持って行動する〉】
香里奈

【青山 年雄〈28歳、主人公の蘭子に振り回されながらもアドラー心理学を勉強していく〉】
加藤シゲアキ

【大文字 哲人〈52歳、蘭子の行動を通してアドラー心理学を解説、警視庁コンサルタント〉】
椎名桔平

【半田 陽介(捜査一課の係長で蘭子の上司)】
升毅

【小宮山 正明(刑事、蘭子の同僚?)】
戸次重幸

【浦部 義孝(刑事、蘭子の同僚?】
丸山智己

【三宅 隆俊(刑事、蘭子の同僚?)】
桜田通

【土方 登志郎(帝都大学文学部心理学科准教授で大文字の同僚)】
寿大聡

【間雁 道子(帝都大学文学部心理学科の助手、大文字が信頼している)】
飯豊まりえ

【相馬 めい子(帝都大学医学部助教で監察医、蘭子に敵対心あり?)】
相楽樹

【梶 準之助(鑑識課)】
正名僕蔵

【村上 由稀菜(鑑識課)】
岡崎紗絵

 

ドラマ「嫌われる勇気」のスタッフ

ドラマ「嫌われる勇気」のスタッフは以下の通り。

原案

岸見一郎・古賀史健共著「嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え」

 

脚本

徳永友一

 

演出

池澤辰也、及川拓郎、星野和成

 

主題歌

大塚愛の「私」です。ちなみにOPはNEWSのEMMAです。双方共にすでにCDの予約が始まっています。初回限定版などの情報もまとめているので確認ください。

「嫌われる勇気」の主題歌 NEWS?大塚愛の「私」?予約は可能?

 

ドラマ「嫌われる勇気」7話あらすじ感想まとめ

楽しみなドラマ「嫌われる勇気」が毎週木曜日の夜10時から放送されます。個人的には心理学+刑事ものということで付いていくのが大変でしたが毎回楽しみに見ています。

あなたも是非、見てくださいね(放送時間が変わる可能性あるので注意してください)。


スポンサーリンク