【ホクサイと飯さえあれば】5話 あらすじ感想ネタバレ 見逃し動画配信情報など

TBSの深夜番組「ホクサイと飯さえあれば」が放送されています。MBSでは日曜日0:50~、TBSでは火曜日1:28からの放送。

主役は今年から一人暮らしを始めた大学生の山田文子(通称:ブン)(18)で上白石萌音が演じます。ご飯食べることがが大好きな彼女は愛するぬいぐるみのホクサイと共に、東京・北千住の町で送る創意工夫の自炊ライフを送ります。近所にはいたずら大好き中学生の男の子・凪もいます。

原作は「ヤングマガジンサード」に復活連載した漫画「ホクサイと飯」で、その8年前のお話という設定。

今回はこの「ホクサイと飯さえあれば」の5話の感想などをまとめます。


スポンサーリンク


ホクサイと飯さえあれば5話あらすじ

ホクサイと飯さえあれば5話あらすじなどが出てきたので以下にまとめます。

主人公の山田文子ことブン(上白石萌音)は些細なことで母親と喧嘩をしてしまいます。いつものように彼女を気遣うぬいぐるみのホクサイ(梶裕貴 )は、早く仲直りをするよう言いますががブンは絶対謝らないと意地を張ります。

そしてモヤモヤした気持ちを静めるために「今が旬」の卵を買いに行きます。美味しい卵料理を妄想することで、ようやくいつもの調子を取り戻すが、、、いたずらをしかけた凪のせいで大切な卵が割れてしまいブンの機嫌は再びどん底におちてしまいます。

見たこともないブンの表情を目の当たりにした凪は焦り、卵を買いに走ります。

(あらすじ参考元:公式サイトhttp://www.mbs.jp/hokumeshi/と以下の動画)

 

ホクサイと飯さえあれば5話感想(ネタバレ注意)

それではホクサイと飯さえあれば5話感想をまとめます。ネタバレ注意!また、感想では伝わらないので必ずテレビ放送で見てください。

 

母親と喧嘩するブン

母親の仕送り地獄から始まった今週。お母さんがあれやこれや余計なものまで大量に送ってくるのはあるあるですねwしかもこれが欲しかったってのは案外入ってないと言う、、、お米とか食べられるものが欲しいのに、日用品しかなかったときの絶望よ(笑)

ブンに届いた仕送りも、どうやらその手のものの様子。スピーカーで会話しながら荷物のチェックをするものの、、、ブンにとっては余計なものばっかりで。しかもメッセージカードにまで小言が書かれてるもんだから、ものすごい苛々モード。て言うか普段温厚なブンも、母親相手ともなると少々つっけんどんになるんですねぇ。典型的な内弁慶!

「女子力(じょしりき?)」wをアップしなさいと言い募る母親に我慢の限界が来たブン。お母さんのバカ!と言って電話を切っちゃいました、、、これにはさすがのホクサイも苦言。でもブンは頑ななまま、絶対謝らないから!と豪語。私は悪くないって言ってるけど、本当にそうでござるかぁ?(笑)

 

ジュンちゃんの助言から買出しに

所変わって大学。普段怒ったりするのかって話になって、何かあっても大抵のことは寝たら忘れちゃうって言うジュンちゃん。羨ましいなwじゃあブンちゃんは?って聞かれて言葉に窮するブンですが、そんなブンへジュンちゃんの一言。「おいしいものをたくさん作って食べれば、ケンカしてたことなんてぱあって忘れちゃいそうだもんね」まさしく!

まだまだ苛々が残っていたブンはそそくさと買い物へ。今回はたまごがテーマのようですね。しかし有精卵に旬なんてあったのか、、、しかも今がそうなのかぁ。た、たまごかけごはん食べたい(笑)相変わらずプレゼン(無自覚)が上手いブン。たまご屋さんすらたまごかけごはんへの妄想に誘う食への愛情は異常w

 

凪のいたずらで大変なことに!

そんなブンを見つめるのは、謎の少年凪くん。いたずら心に火がついたのか、大声を出して驚かせてしまいます。そんなブンの手には た ま ご が !

地面に落としてしまったたまごを見つめるブンを、最初は面白がっていた凪くん。でも空気を察してだんだん言い訳しちゃうのが可愛いですね。それでもブンが悪いんだ!って言う姿は、、、あれ、どっかで見た光景ですねぇ。戸惑っている凪くんに、日没までにたまごをたまご屋さんで買ってきて、と威圧するブン。「走れメロス!」とのホクサイの追い討ちがw

 

卵調理をするブンとあやまる凪

一方調理に取り掛かろうとするものの、苛々してるせいか、いつも湯水のように浮かぶメニューが出て来ない、、、ものに当たった結果、牛乳を取りこぼしてしまいます。そこにはお母さんから送られてきたポケットティッシュが!早速役に立ってるね。ああ言うの最初はいらないって思っちゃうんだけど、結局そういうもんだよね(笑)母親はよく解っている!

そしてたまごを買いに行かされた凪くんは凪くんで、色々悩んでいる様子。素直に謝る?どうする?って悩んでいる姿が母親に怒られた少年のみたいwww花でも買ってみようかと思うものの、「食べ物以外に興味ないし。花より団子、、、いや、花よりたまごか」とか言われる始末。確かにそうだけどもッやっぱりじょしりきが足りない、、、

気まずいままブン宅に帰ってきた凪くん。ブンはというと、親子丼用の鍋を洗っています。これも母親からの仕送りですね。「つらい時はこれを食べて思い出してね」とのメッセージ付きで。凪くんは色々悩んだ結果素直に謝ります。そしてブンの「許す!」の一言。2人で親子丼を作ります。さあ、飯テロタイムですよ!(笑)

しかし、、、三つ葉がない!慌てるブンにそっと差し出されたのは求めていた三つ葉でした。凪くん、花の代わりに三つ葉買ってたんだね。うん、ブンにはぴったりだwそれでもひねくれ坊主の凪くんは、何か一言言ってやらないと気が済まないようで、、、

「知ってた?三つ葉の花言葉はいじっぱり、、、」「それどうでもいい!」聞いてやってよ(笑)

仲良く料理する2人でしたが、ふと思うところがあるのかブンの手が止まります。親子丼は彼女の思い出の味。「親子の心はいつもこうやって1つなんだよ」って言って作ってくれたんだとか。いいお母さんですねぇ(涙)

 

実食タイム

そしてお待ちかねの実食タイム!追いたまごをのせて、、、たまごをつぶしてとろとろとくずして、、、いただきまーs(相変わらず食べるシーンはなし!w)

凪くんと仲直りしたブン。最後にはきちんとお母さんとも仲直りします。荷物色々ありがとう、と素直に言えなかった言葉を伝えます。それを聞いた母親は「許す!」の一言。やっぱり親子ですね。メッセージにもお礼を言いますが、ちゃんと順番に並べた?と聞かれます。そういえばカードに番号ふってありました。これを並べて最初の文字を読むと、、、

「 い つ も え が お で 」

いつも笑顔で、かー、、、泣ける。笑顔でいてくれたらいい。でも笑えなくなったらいつでも帰っておいで、かー、、、泣ける。

「仲がいい人とのケンカほど、終わらせ方が難しい。でも、自分の気持ちに素直になってちゃんと思いを伝えた方がハッピーになれるはず。やっぱり大好きな人とは一緒に笑っていたいもん」

お粗末さまでした。

 

ホクサイと飯さえあれば5話の動画配信情報

ホクサイと飯さえあればはTBS系列なのでTBSオンデマンドで見れるかと思っていたのですが配信が無さそう。MBS製作だからなのかもしれません。となると、その民放放送のリンク集であるティーバー(Tver)でも放送がありません。

となると違法動画?となるかもしれませんがそれは危険なので止めたほうがいいと思います。特に海外サーバーものは危険、ワンクリック詐欺とかウイルスとか大変なことになる可能性があります。場合によっては視聴する側も罰せらるということで危険なのでそういった配信には近寄らないようにしてください。

あと、、、その他の動画配信サイトもチェックしていますが今のところ見つかりません。ということで、リアルタイムでみるか録画して見るようにしてください。

ちなみにTBS製作のドラマ例えば「ALIEF(アライフ)」とか「下克上受験」であればTBSオンラインなどで見れるのでそれらについてはそちらを参照ください。

TBSのドラマなどTV番組見逃しならTBSオンデマンド(A LIFEなど)

 

ホクサイと飯さえあれば 5話まとめ

ホクサイと飯さえあれば5話のあらすじ感想などをまとめました。でもやはり動画で見て欲しいです。リアルタイムで見るか録画してみてください。見逃し配信情報も引き続き、探してみます。


スポンサーリンク