時子 コンテスト 結果は優勝!?

朝ドラ「ひよっこ」が4月3日から始まって終盤になってきました。

そして気になることの1つに時子のツイッギーコンテストの結果です。

この時子のコンテストの結果が9月14日の放送されました。優勝したのでしょうか?

その結果とその後のネットの反応などをまとめます。

少しずつ下がって確認ください。

(9月14日放送内容全般はこちら→【ひよっこ】142話(9月14日)あらすじ感想ネタバレ 見逃し動画配信


スポンサーリンク


時子はツイッギーコンテストで優勝!

時子はツイッギーコンテストで優勝しました!

最初にその報告を受けたのは富さんです。

富さんは大喜び。

そしてそれが愛子さんに伝わります。

愛子さんはすぐにすずふり亭に行ってガッツポーズします。

お店を騒がしくしてはいけないのでガッツポーズですが、、、それをすぐに省吾さん、ヒデ、元治さんは理解。

そのまま注文を伝えにきたみね子にガッツポーズで伝えます。

みね子も大喜びで鈴子さんにガッツポーズで伝えます。

鈴子さんも大喜び。

みんなにすぐに伝わっていきました。

 

時子があかね荘を出て行く

おめでとう、時子!!!

ということでお祝いしたいところですが、そのような時間はありませんでした。

時子が戻ってきたのはコンテストの3日後、しかもそのままあかね荘を出て行かなければならないらしい。

すごく残念ですが仕方ないですね。

時子は不安な顔をしています。

いっぱいいっぱいらしい。

そのままあかね荘を出て、全国の地方都市を巡るらしい。

そんな不安そうな時子をみね子はハグします。

そして頑張るしかないよね、時子ならできると励ますのでした。

時子も少し落ち着いたようで頑張ることをみね子に伝えます。

その後時子は慌しくなります。世津子さんとの競演もある???

 

三男(みつお)は?

コンテストに出場した時子を見つめていた三男(みつお)。

その時子のかっこよさに圧倒されます。

そして時子は優勝。

三男(みつお)も外へ出て大喜び。

でも、それは三男(みつお)の片思いが終わった瞬間でもありました。

悲しい歌を歌います。

三男(みつお)は時子を応援するしかありません。

となると三男(みつお)はさおり(米子)と結ばれる?

 

時子優勝に対するネットの反応

時子の優勝に対するネットの反応は以下の通り。

  • 時子が優勝してほんとに嬉しかったしホッとした(;▽;) 何度も同じ事書くけど、時子周りの、岡田さんの萌えとお話がちゃんと結び付いている所、スカさず進めた所は本当に良かったです。
  • 時子の優勝は無いと予想してたんだが外したな・・・。 まあ、さおりさんにここまで言わせたんだから優勝するしかないか。
  • 富さ~ん よかった 無事で~… そしてコンテスト当日… やったー時子優勝おめでとー 同時に…三男の片思いが終わった… 三男も卒業おめでと―
  • 一夜にしてスターになった時子のこの一夜の前までは、人知れぬ努力があった。だから、突然の出来事のように思えても、それは必然だったと言っても過言じゃない。寂しいけど、時子、かっこよかったよ。優勝おめでとう。
  • 時子優勝おめでとー! でも三男…。゚(゚´Д`゚)゚。
  • 今日は時子の運命を決める分岐点といった感じの流れでしたが、コンテストに優勝し自ら新たな道を切り開いた感じですね。これまで土壇場で弱かった時子が殻を破ったのが印象的でした。
  • ちょっと読み違えた。自己アピールの中にメッセージが込められていた。優勝を見届けた三男には時子は遠い星(スター)になってしまった。
  • コンテストの結果に皆で╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !優勝したのを見届けて星のフラメンコを涙声で口ずさみながら去る三男。あかね荘を去った時子に思いを馳せて星を見上げるみね子。二人にとって時子がスターになったんだっていう嬉しさと遠くなった寂しさを感じた回。
  • みね子が本番についてこずとも優勝を勝ち取れたんだからもう時子はひとりでも羽ばたけることは証明された気がするな。これからどんどんスターになって予感通りなかなか会える人じゃなくなるんだ
  • 三男くんの片想いは終わりました。辛いだろう、でも優勝したから三男くんへの時子ちゃんへの思い。絶対忘れることはない。歌が切ないよおおおおおおおおおおおおm(。≧Д≦。)m

時子の優勝も嬉しいけど、三男が切ないという意見も多かったですね。

 

時子 コンテスト 結果は優勝まとめ

ということで時子はツイッギーコンテスト優勝でスターの階段を上っていくようです。

嬉しいけど、遠い人になってしまったようでちょっと寂しいような。

特にずっと思い続けていた三男(みつお)はせつないよね。

ネットの反応も三男(みつお)に対するものが多かったような感じです。


スポンサーリンク