北朝鮮 飛翔体とは? 速報まとめ

北朝鮮 飛翔体を飛ばしたということで朝ドラ「ひよっこ」の放送中に速報が入っていました。飛翔体とかって今回い、初めて聞いたような気がするのだけどなんなのでしょう?

その後のイノッチの朝ドラ受けも無くて凄く残念。

何か邪魔された感が満載です。

この北朝鮮の飛翔体っていったいなんなのでしょうか?

気になって、いろいろと調べてみました。


スポンサーリンク


北朝鮮からの飛翔体とは?

飛翔体という言葉についてなじみがなかったので調べてみたところ「高空を飛翔する人工物」とのことです。言うなれば飛行機も飛翔体。人工衛星も飛翔体になるのでしょうか。

かなり幅広く使う言葉のような感じがします。

そして、今回の北朝鮮の飛翔体と言えば、やはりミサイルと考えるのが自然でしょう。実際にそのように報道されています。

 

北朝鮮からの飛翔体は弾道ミサイル?

報道によって多少異なるのですが、基本的には弾道ミサイルを発射としているところがほとんどです。最初は飛翔体という言葉を使っていたようですが、しばらくすると弾道ミサイルという言葉がほとんどになりました。

どうやら最初は弾道ミサイルという断定ができなかったものの韓国からの情報や政府の発表などから弾道ミサイルと断定したようです。

もちろん、最初から弾道ミサイルであるこは予想されたもの発表は慎重に行って政府の発表があるまで待ってから報道を変えたということなのかもしれません。

 

北朝鮮からの飛翔体・弾道ミサイルはどこから発射された?

北朝鮮からの飛翔体・弾道ミサイルは北朝鮮の東部の咸鏡南道新浦(ハムギョンナムドシンポ)から発射されたそうです。北朝鮮の東ということで日本寄りに位置する地域ということでしょう。

日本を射程圏内に入れているということでかなり危険と言えるでしょう。

 

北朝鮮からの飛翔体・弾道ミサイルはどこに落ちた?

北朝鮮からの飛翔体・弾道ミサイルの飛距離は約60キロ。米太平洋軍司令部当局者によると中距離弾道ミサイルで、発射から9分後に日本海に落下したらしいです。

それにしても9分で60キロってやはり速いですね。

30分もあれば日本に着弾することもあり得るのでしょうか。やはり怖いです。

 

いのっちの朝ドラ受けもなかった

このニュースは朝ドラ「ひよっこ」の放送途中に流れてきました。さすがに朝ドラ「ひよっこ」はそのまま放送されたのですが、その後のいのっちの朝ドラ受けはありませんでした。

ちょっと残念ですが仕方がないですね。

 

北朝鮮からの飛翔体まとめ

最初、北朝鮮からの「飛翔体」を確認したということでニュースが流れていました。飛翔体という言葉はあまり聞かないのでその言葉の意味やニュース情報などをまとめました。どうやら北朝鮮から弾道ミサイルが日本海に向けて発射されたようです。

それにしても北朝鮮は何をするか分からないのでちょっと怖いです。韓国から引き上げていた駐韓大使を韓国に戻したのは北朝鮮の動きを察知していたからなのでしょう。

世の中、いろいろな動きがありますがどんどん話が複雑になっているようです。


スポンサーリンク