【CRISIS(クライシス)】の1話初回 感想ネタバレ 見逃し動画配信(無料?)情報など

2017年4月11日(火)夜9時から、フジテレビのドラマ「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」が始まります。主演は小栗旬と西島秀俊という夢の強力タッグでかなり期待できそうな作品。

最初、「CRISIS(クライシス)」というタイトルを見た時には正直なところ、クライシスって何って思ったんですよね。調べたところ「危機」という意味でした。なるほど産後クライシスの意味も何となく分かった。

CRISIS(クライシス)の意味、ドラマのあらすじなど

このドラマも「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」ということで危機を乗り越える公安の仕事ということなのでしょう。華やかな仕事だけではなく汚れ仕事などもあるということでかなり見どころがありそうです。これは初回から見逃せません!

今回はCRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班の1話初回の感想ネタバレや見逃し動画配信情報などをまとめます。

(「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」を見逃した人はこちら→【CRISIS(クライシス)】見逃し配信動画(無料?)ユーチューブで見れる?

(フジテレビ系のドラマを見逃した人はこちらもチェック→フジテレビのドラマなどTV番組見逃しならフジテレビオンデマンド

CRISIS公安機動捜査隊特捜班


スポンサーリンク


ドラマ「CRISIS(クライシス)」1話初回あらすじ、予告動画

ドラマ「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」の1話の予告が公式サイトや公式動画でいろいろと出てきました。ざっと見た感じではかなりおもしろそう。期待できそうで楽しみ!

正体不明のテロリストが国家に牙をむきます。

今回のターゲットは、親の権力に守られ、罪を免れてきた政治家の息子です!一方で公安機動捜査隊特捜班が、次々に起きる規格外の凶悪事件に立ち向かいます。

元自衛隊員の稲見朗(小栗 旬)と、元公安の捜査員・田丸三郎(西島秀俊)が所属する公安機動捜査隊特捜班は、警察庁警備局長・鍛冶大輝(長塚京三)直轄の秘密部隊になります。

常識では計れない事件に脅かされる現代で、稲見朗、田丸三郎を含む各分野のスペシャリスト5人が集結し、国家に危機をもたらす政治的事件やテロを秘密裏に捜査し、解決を図ります。

そんなある日、首に爆弾を巻かれた宇田川圭介(白洲迅)が高層ビルが立ち並ぶ広場に現れ辺りは騒然となります。爆発すれば大変なことに、、、。しかし一体何故?

圭介は現職の外務大臣の息子。これまで薬物や傷害など数々の罪を犯してきたのですが親の権力によって逮捕を免れてきたいわくつきの人物です。

犯人は、これまで息子の罪を隠ぺいした外務大臣に夜のニュース番組での公開謝罪することを要求します。さもなければ、公衆の面前で圭介を処刑するということでした。

鍛治からの指令を受けて、現場に急行した稲見や田丸、樫井勇輔(野間口徹)、大山玲(新木優子)ら特殊班のメンバーたち。

親の加護のもと、やりたい放題の圭介に反感を抱きつつも、班長・吉永三成(田中哲司)の指示で実行犯の逮捕に向けて動き出します。

刻一刻とタイムリミットが刻々と迫るなか、稲見と田丸は事件の鍵を握る人物に接触します。そしてそこで、ある驚きの事実を知ることになります。

さらに稲見は犯行現場に関して「ある疑問」を抱きます。

あらすじ参照元:CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班http://www.ktv.jp/crisisやとサイト内動画など

 

ドラマ「CRISIS(クライシス)」のキャストなど

ドラマ「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」のキャストは以下の通りです。キャストの詳細情報は別途まとめているのでそちらも確認ください。

「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」のキャスト相関図とあらすじネタバレ、主題歌など

 

公安機動捜査隊特捜班メンバー

【稲見朗(元自衛隊員の捜査官だが除隊され特捜班へ)】
小栗旬

【田丸三郎(稲見と同じ特捜班に異動)】
西島秀俊

【吉永三成(元警視庁捜査一課の刑事)】
田中哲司

【樫井勇輔(優れた嗅覚があり匂いが色分けされて見える能力を 持つ!?)】
野間口徹

【大山玲(敏腕の元ハッカーでサイバー情報分析の専門家)】
新木優子

 

警視庁関連

【鍛冶大輝(警視庁警備局長、公安機動捜査隊特捜班の創設者) 】
長塚京三

【青沼祐光(警視庁公安総務課長、上司である鍛冶に忠実。)】
飯田基祐

 

公安の協力者

【林智史(公安の協力者として新興宗教団体に潜入)】
眞島秀和

【林千種(林智史の妻、田丸と密会し禁断の恋に落ちる?】
石田ゆり子

 

その他

その他、各話ごとに大物キャストが登場します。

各キャストの役どころや詳細は以下のリンクで確認ください。

「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」のキャスト相関図とあらすじネタバレ、主題歌など

 

ドラマ「CRISIS(クライシス)」のスタッフ

ドラマ「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」のスタッフは以下の通りです。

【原案・脚本】
金城一紀

【プロデューサー】
萩原崇

【主題歌】
Beverly「I need you love」

詳細は別途まとめているのでそちらでも確認ください。

「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」のキャスト相関図とあらすじネタバレ、主題歌など

 

ドラマ「CRISIS(クライシス)」1話初回の感想(ネタバレ)

さてさて、実際にドラマ「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」を見ながらまとめました。やばいです。これはおもしろすぎです。

 

新興宗教団体に潜入した人間から連絡

まずは新興宗教団体に潜入した林智史(眞島秀和)から連絡が入ります。

本日中にテロのおそれがあるというものでした。

地元に戻っている岡本大臣が狙われる可能性が高いらしい。岡本大臣は新幹線で戻る予定ということで新幹線内での犯行が予想されます。

とりあずテロを実行すると思われる1人については元信者で名前が分かっています。

警視庁公安総務課長の青沼祐光(飯田基祐)からその連絡を受けた警視庁警備局長の鍛冶大輝(長塚京三)はあいつらを使ってみるか、と公安機動捜査隊特捜班を出動させるように命令します。

 

新幹線

新幹線を待つホームにて岡本大臣を見つめる犯人と思われる人間。

そして新幹線がやって来ました。特捜班のメンバーもそれぞれの持ち場に付きます。

まずは特捜班の班長である吉永三成(田中哲司)が岡本大臣を確認。その後すぐに、特捜班のメンバーの大山玲(新木優子)に写真が届いたかどうかを確認します。

写真は届いており、大山はそれを他のメンバー稲見朗(小栗旬)、田丸三郎(西島秀俊)、樫井勇輔(
野間口徹)に送りました。その写真の元にメンバーは犯人を捜します。

 

犯人発見!

そして田丸が犯人を発見。犯人の隣に座ります。

犯人を押さえ込んで連結部に連れ出します。

ナイフを取り出す犯人でしたが見事に取り押さえました。

これでめでたしかと思ったのですが、、、犯人の所持しているカバンには爆弾が!

 

爆弾処理、犯人はまだいる?

樫井は冷静に古典的な爆弾と判断。3分もあれば無力化できると処理のためにトイレに入りました。

今度こそめでたし?

でもありませんでした。吉永は犯人の脈を確認しながらにもう1人いるな!と静かに聞きます。脈の状態からもう1人の犯人がいることを確認。

そして犯人の携帯電話を大山が解析して番号を確認。もう1人の犯人に電話をかけます。

 

もう1人の犯人発見!

電話がかかってきても無視をする人を発見。

そこで稲見が犯人の拘束に向けて動こうとしたところ犯人が逆に襲ってきました。

そして格闘が始まりました。

犯人はナイフを取り出し稲見に襲ってきます。

飛び付き逆十字で犯人の腕を折る稲見。今度こそ大丈夫かと思いきや、犯人のカバンにはやはり爆弾が。爆発までにはあまり時間がありません。やばい。

そこで稲見は非常ボタンを押します。緊急停止する新幹線。

時間はあと18秒程度。その爆弾と犯人と共に川に落ちる稲見。爆弾を投げるだけじゃ駄目なのかな?

川を見て死んじゃったかな?とはしゃぐ大山!残りのメンバーも「怒れらるパターンじゃない?」と呆れます。

稲見は浮かんできました。生きていたようです、、、。大山は嬉しそうに手を振ります。それに答える稲見。

と、これだけでも十分に満足したのですが、1話の本番はここからのようです。既に結構満足したんですけど、、、。

 

爆弾を首に巻いた男性現る

ある日、首に爆弾を巻かれた宇田川圭介(白洲迅)が高層ビルが立ち並ぶ広場に現れ辺りは騒然となります。

圭介は現職の外務大臣の息子。これまで薬物や傷害など数々の罪を犯してきたのですが親の権力によってそれを全てもみ消してきたのです。

犯人は、これまで息子の罪を隠ぺいした外務大臣に夜のニュース番組での公開謝罪することを要求。そうしないと公衆の面前で爆弾を爆発させ圭介を処刑するとのことでした。

犯人からは圭介スマホで連絡が入ります。

 

特捜班が現場へ

そして特捜班が動くことになりました。5人は現場へ。

その後、圭介に水を飲ませてやってもいいと犯人から連絡が。そこで田丸が水を持って行きます。爆弾を取り付けられたのは拉致された後だと考え、拉致された状況を圭介から聞き出そうとします。

拉致されたのは昨日の深夜、マンションの駐車場でした。

その防犯カメラの映像をすぐに入手する大山。拉致の状況は分かりますが直接犯人に結び付けるには時間が足りません。

 

圭介の友人

更に犯人に繋がる手がかりがないかと田村は圭介に聞きます。圭介は友人の名前を言いました。

その友人のマンションに急ぐ稲見と田丸。

でもその友人は稲見と田丸から逃げようとしました。エレベータで2人がマンションの部屋に行く途中に階段で降りて逃げようとします。

田丸が起用に階段をステップしていくのに対し、稲見はマンションの上層階から植木に飛び込みます。かなりの無茶。とりあえずは2人の息がぴったり(?)の連携で圭介は友人を捕まえることに成功。

あとは誰が犯人なのか?悪いことをした順に話せと吉永は圭介に言います。

しかしながら、、、あまりにも悪いことをたくさんしているのでどれが犯人に繋がるのか特定することはかなり困難。

吉永も呆れて困ってしまいました。

 

稲見が違和感を覚える

その一方で稲見は違和感を覚えます。なぜ、この場所で爆発させようとしたのか?

見せしめだけのためにやるならばもっと人が多い歩行者天国などでやるのでは?と樫井も同調します。

何かあってもすぐに対処できるように、、、おそらくは現場を間近で見れる人間があやしいのでは?

そして、その違和感をたよりに稲見は警察関係の被害者がいないか大山に調べて欲しいと伝えます。

そして分かりました。警察官の1人娘が圭介に暴行され自殺した事件があったのです。

 

犯人は警察官

圭介の父の外務大臣は圭介を見捨てた?

現場からは武装した警官などが離れていきます。爆弾に備えての動き。その一方で一人だけ動かない警察官がいました。その人が犯人なのでしょう。爆弾のボタンを押そうとする犯人。

その犯人である警察官に稲見は語りかけます。

 

時間稼ぎ?

「娘さんの件は無念でしたよね」と稲見が犯人の警察官に語りかけている間に他の特捜班のメンバー3人が並んで爆弾をしかけられた大臣の馬鹿息子の圭介を隠し、樫井が爆弾の取り外しを始めます。

稲見が時間稼ぎの役割ということ。でも稲見は時間稼ぎどころか犯人に早く爆弾のスイッチ押さないと駄目ですよとせかします。焦る犯人。普通ならば「押すな!そんなことしても娘はうかばれない」とか止めるところですよね。

圭介3人も「あいつ、何かおかしくないか?時間稼ぎしているはずだよな?」と不安になります。

一方で馬鹿息子の圭介はちゃんと隠せだとか無茶ばかり言います。そしていきなり動き出して犯人にばれてしまいます。なんとかぎりぎりで樫井が爆弾を処理。危機一髪でした。

 

犯人は逮捕したものの

犯人を逮捕して一件落着かと言えばそうでもありませんでした。警察官の犯人は平成維新軍に操られていただけ。拉致したのも爆弾をしかけたのも平成維新軍の人間でした。

警察官の犯人は起爆スイッチを持っていただけのようです。

 

鍛冶と青沼の会話

ということで事件は解決しました。

鍛冶は私のサラブレッドはよく働いてくれると上機嫌。

青沼は「一回骨折したものたちだから扱いには気をつけないと」と言いますが、、、。

鍛冶はにやっと笑って「もう1回骨折したら安楽死させればいい」と言います。怖い、、、。特捜班のメンバーを使い捨てる気まんまんです。

こんな人に使われてもいいのか?

 

平成維新軍からの挑戦状

その後、事件は大学生のいたずらということで処理されました。マスコミも事件を伏せます。すなわち国家は事件を無かったものにしたのです。

その一方で警視庁などのホームページがハッキングされ挑戦状が届いていました。

平成維新軍は国家との戦いを挑んできたのです。我々は根絶やしになるまであきらめないとの警告でした。くさった国家をつぶしたいということなのでしょう。

テロとの戦いは始まったばかりのようです。樫井は「今日のは予行演習だったというわけか」とつぶやきます。

 

まとめ

なんともおもしろすぎるドラマが始まりました。

アクションがかっこよすぎる。凄い。これは毎回見逃せません。

難問に立ち向かう謎解きの部分もおもしろい。場合によっては国家の悪事のために戦わなければいけないという矛盾した感情も見え隠れしている人間的なところも見せ場の1つです。

ただ、平成維新軍とかって、、、「維新の党」から見たらあんまり嬉しくないかも?とちょっと思ってしまいました。

ほんと、繰り返しになるようですが凄いドラマです。映画みたいに迫力があって何度も見れるドラマですね。

 

ドラマ「CRISIS(クライシス)」1話初回の口コミ・評判・評価など

実際に「CRISIS(クライシス)」1話を見た人達の口コミ・評判、評価などの情報をまとめます。「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」の評判をチェックしたい人はこちらも確認してしてください。

いろいろな感想があったのですがやはりアクションが凄いとびっくりした人が多かったようです。それだけも面白すぎですがストーリーもしっかりとしていてこの先も見逃せない展開です。

脚本が金城一紀と聞いて絶対おもしろいと確信している人も多い様子。何から何まで凄いドラマが始まったということでこれからが楽しみすぎます。私も絶対に最後まで見ることでしょう。

~CRISIS(クライシス)を見た人の口コミ・評判・評価など~

・クライシス映画かよ!かっくいい

・冒頭からアクションやばい…!かっこよすぎ!好き

・小栗旬がいちばんかっこいい

・クライシス、映像がめっちゃ綺麗で、キャストも豪華

・最初っから映画化を視野に入れて作られてる感じがしたクライシス

・良いねー小栗旬、西島秀俊のコンビ!この2人が対立するようになるのかな?

・クライシス、面白かった!やっぱ金城さんの原案って好みかも。

・澤野さん、西島さん、刑事ドラマ好きのわし特でしかないドラマですねクライシス

・小栗旬が飛び付き腕ひしぎ逆十字固め決めてた

・crisisの脚本金城一紀だったのかああああ!!!!絶対面白いじゃん!!

 

ドラマ「CRISIS(クライシス)」視聴率情報

ドラマ「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」の視聴率も分かり次第まとめます。しばらくお待ちください。

 

ドラマ「CRISIS(クライシス)」2話のあらすじ、予告動画

ドラマ「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」の次回2話のあらすじ情報、予告動画情報も入ってきました。そちらも別途まとめているので確認ください。

【CRISIS(クライシス)】2話 感想ネタバレ 見逃し動画配信(無料?)情報など

 

ドラマ「CRISIS(クライシス)」の見逃し配信情報(AD)

ドラマ「CRISIS(クライシス)」を見逃した人はこちらも要チェック情報です!もちろん、海外違法サイトなどは危険なのでだめですよ。ウイルスや違法請求、ワンクック詐欺など危険がいっぱいです。無料だと思ってみようとすると大変なことになります。

そこで「CRISIS(クライシス)」の公式動画配信情報をチェックしたところ、U-NEXT、フジテレビオンデマンドで配信していることを確認しました。U-NEXTは聞きなれないかもしれませんが一部上場企業で安心。しかもTBS、日テレ、テレビ朝日、NHKなどの見逃し動画も配信しているいまや大人気のサービスです。

ドラマ「CRISIS(クライシス)」もU-NEXTで配信中。

また、U-NEXTは120000本以上の動画に対応しており映画も多数見れます。NON・NO、MORE、ALBA、サイゾー、東洋経済、週プレなど70誌以上の雑誌も無料で見れます。電子書籍も1話無料などお試し無料が多数。多数のアダルト動画も無料で見れます(子供にはアダルト動画が見れない子アカウントを使わせてください)。

たくさんサービスがあるのでかなりお得。しかも今なら最大31日間無料でお試し登録ができ、600ポイントもらえるので「CRISIS(クライシス)」の見逃しにも対応可能。私も登録してポイントもらったので、かなりありがたかったです。

今は凄いチャンスですが無料お試し登録は今後終了する可能性があります。終了していたらかなり残念。以下のリンク先で早めに確認ください。

(CRISISを見るにはポイントが必要ですが無料で見れるドラマや映画も多数あります)

まずは無料でお試し!U-NEXT

 

ドラマ「CRISIS(クライシス)」1話初回あらすじ感想まとめ

楽しみなドラマ「CRISIS(クライシス)」が2017年4月11日(火)の夜9時から始まります。始まるのが待ち遠しい!少しずつ情報追加していくのでチェックしてください。


スポンサーリンク