anone(あのね)はカルテットの坂元裕二脚本のドラマです。

坂元裕二さんが脚本ということで凄い楽しみ。

あのカルテットは全く先の読めないドラマでした。

anone(あのね)はどのようなストーリーになるのでしょう?

そして何を訴えるのか?

anone(あのね)について確認していきたいと思います。


スポンサーリンク


あのねのあらすじ

あのねの1話の簡単なあらすじは以下の通り。

その日、いつものように出勤準備をしていた林田亜乃音(田中裕子)は、落とした結婚指輪を拾おうとして自宅1階の廃業した印刷工場の床下で謎の大量の一万円を見つけます。

一方で清掃のアルバイトで生計を立てている通称“ハズレ”こと辻沢ハリカ(広瀬すず)は同年代の美空(北村優衣)有紗(碓井玲菜)と共にネットカフェに寝泊まりしている身寄りのない少女。

ささやかな楽しみはスマホのチャットゲームの中でだけ会える“カノン”さん(清水尋也)と他愛のない会話を交わすことです。

闘病のため長い入院生活を送っているというカノンのお気に入りの話はハリカが8歳から12歳まで「つげ」という町のツリーハウスで祖母・真砂子(倍賞美津子)と暮らしていた頃のおとぎ話のように幸せな思い出話。ハリカはカノンに頼まれる度、スマホの画面を通して何度もこの話をしています。

ある日、友人とのドライブから帰った有紗が海岸で大金の入ったバッグが捨てられているのを見たと打ち明けます。そのお金を探そうと、ハリカたちは有紗の記憶を頼りに「柘」という町を目指すことに。柘はかつてハリカがお婆ちゃんと暮らした思い出深い町でもあった。

一方、医者から半年の余命宣告を受け、自らの命を断とうと決意したカレー屋の店主・持本舵(阿部サダヲ)は、店を畳もうとしていた矢先、来店してきたずうずうしくも謎に包まれた客・青羽るい子(小林聡美)と意気投合。なりゆきで一緒に死に場所を探すことになった二人が行き着いたのは「柘」という町だった。

時を同じくして「柘」に到着したハリカたち三人は、テトラポッドの隙間に隠してあった大金の入った保冷バッグを見つけます。しかし美空が裏切って独り占めして逃走したり、偶然通りかかったるい子・舵に奪われたりと争奪戦が繰り広げられ、最終的に取り残されたハリカの手に渡ることに。

一人となったハリカは、かつての記憶を頼りにお婆ちゃんと過ごした柘の森にたどり着きます。しかしそこでハリカを待ち受けていたのは、残酷な現実——。幸せな思い出のつまったツリーハウスは存在せず、そこにあるのは、酷く朽ち果てた更生施設の跡地。

幸せな思い出は、全てハリカの頭の中ですり替えられた嘘の記憶だったのでした。心の支えとし信じきっていた美しい思い出は全てニセモノだったことにショックを受けたハリカは、カノンにそれを打ち明けます。しかし、さらに衝撃の事実を知ることに。カノンもまたハリカとともにあの更生施設で過ごした少年・紙野彦星だったのです。

一方、ついに死ぬ決意を固めたるい子と舵でしたが、やってきた海岸でとんでもない光景を目の当たりにします。それは大量のお札を一斗缶の中に放り投げ豪快に燃やす亜乃音の姿−−。

捨てられた大金がきっかけとなり、出会うはずのなかったハリカ、るい子、舵、亜乃音、そして謎の男・理市(瑛太)の人間関係がゆっくりと動き出そうとしていました。

 

坂元裕二のドラマの世界観

カルテットでびっくりした坂元裕二のドラマの世界観。

anone(あのね)でどのような形になって出てくるのかと思ってみていたのですが、、、。

これはもう全く違う作品。

まるで映画を見ているような時間の流れを感じます。

ゆっくりと丁寧に。

いいようのない思いがじっくりと出てくる感じ。

今後の展開が全く読めないのもカルテットと同じ。

生きていく上で大切な何かを思い出してくれそうなドラマになりそう。

じっくりと楽しみたいドラマです。

 

anoneはカルテットの坂元裕二脚本まとめ

anoneはカルテットの坂元裕二脚本です。

うまくは言えませんが最近のドラマの中では独特の世界観で他のドラマと比較しようがありません。

まるで映画のような感覚。

しっかりとチェックしていきたいと思います。

あのね、2話のあらすじ感想、見逃し配信動画など


スポンサーリンク