今回は2018年5月6日に問題になった日大と関学の試合での日大の選手の反則タックル。

ネットで炎上したことで問題がどんどん大きくなっていきました。最初はマスコミも手を出しませんでしたが世論が大きく傾いていると判断したのか報道も増え社会問題に発展するようにもなっています。

そして一番の問題が日大の対応。内田正人前監督には誰も何も言えないのか、ほとんど何も対応せず。

これではどうにもならないと判断した関学が記者会見を開き、更には反則タックルをした選手が記者会見をすることでようやく記者会見を開くということになりました。

記者会見は内田正人前監督、井上コーチ、そして司会に日大の広報部という形でした。

今回はその記者会見の動画やなどについてまとめます。


スポンサーリンク


日大の反則タックルの動画関連

日大の反則タックルの動画関連については別途まとめているのでそちらを確認ください。

アメフト日大の反則動画(ユーチューブ)

動画自体は消された感じですがキャプチャ画面などでだいたいの概要は分かるかと思います。

特に1回目の反則がひどく、すでにプレーが止まった後で油断しているところに猛然とタックルしたという感じ。そもそもボールを持っていないQBにタックルすることは反則ですがプレーが止まった後にタックルするということは更にひどい。長年アメフトを見ている人も口をそろえて「これほどひどい反則は見たことがない」というもので15ヤードの後退を命じられています。もっともひどい部類の反則でパーソナルファールとも言われます。

通常、これほど大きな反則を取られたら試合に不利になるということもあって監督やコーチがその選手をひっこめるのですが監督もコーチもそのようなことはせず試合は続行。この時点で反則の指示があったのはほぼ間違いないでしょう。

日大アメフト監督、内田氏の指示か?

その後、2回目も同じようにボールを持っていないQBにタックル。その後は関係のない選手に殴りつけて資格没収(退場)となっています。

 

日大の選手が反則タックルをした理由

日大の選手が反則タックルを繰り返した理由はかなり精神的に追い詰められていたからでした。試合に出しえもらえず、更には練習にも参加させてもらえません。更には授業に出なくても良いとまで言われていたようです。

まるで漫画などの世界のような、かなりひどくいきすぎた監督やコーチからのいじめ、パワハラがあったのです。あまりにもひどい状況。この時点で内田正人前監督は教育者失格。大学の理事にまだ執着しているようですが大学という教育機関に残るべきではない人というのは明らかでしょう。

日大の選手はそういったいじめ、パワハラを受けてどうしたらいいのか分からない、何とかして試合に出たいと追い込まれていき、その状態でQBを潰せと監督やコーチから言われたのです。相手の選手がその後出られなかったら得だろうとまで言われています。

それはすなわち相手の選手に怪我ということ。後に「井上コーチは怪我をさせろとは言っていない」と弁明してますがそれは嘘としか言えない状況です。

2018年5月23日の日大の選手の記者会見の動画やその状況などについては別途まとめているのでそちらも確認ください。

日大、アメフト宮川選手の謝罪会見動画

日大のアメフト、ラフプレーの理由が判明?

 

日大、内田正人前監督と井上コーチは記者会見

その後、内田正人監督と井上コーチが記者会見に。先に記者会見すると矛盾が生じた時に困るので選手が記者会見した後に記者会見するようにしたようでした。全くもって卑怯。日大の対応のひどさが感じられます。

 

記者会見の動画

記者会見の動画はこちら。2時間ぐらいの動画なので全部を見るのは厳しいと思います。次に記者会見の概要などをまとめているのでそちらも確認ください。

 

内田正人前監督の話

全体的に内田正人前監督は聞いてもいないことを答えるような形で時間稼ぎしているような感じでした。何を聞いても「4年生はしっかりしていて甲子園ボウルを制した、今の2年生も分かると思った。うんぬんかんぬん、、、、怪我をさせろといった指示は出していない」みたいな感じのことを繰り返します。

関係のない過去の栄光にすがりつく話をして時間稼ぎるするのでたまったものではありません。聞いていてイライラする内容。そして長時間かけた後に最後にようやく結論。最悪の答え方です。

5月23日の記者会見で選手が監督が言ったと具体的に話していることを「聞いていない」と言っているのでおそらくは嘘を付くことに何らためらいはないと感じました。まさに記者会見で何を言うか準備していたような感じの印象。

そして、この記者会見の後は病院へ行ったようです。体調がすぐれないということですが、ほとんどの人が逃げたと話しているようです。時間稼ぎを頑張っているようで、今後どうなるのかは余談が許さない状況。

 

井上コーチ

井上コーチはまだ罪の意識があるような感じ。かなりしどろもどろ。こういった場に慣れていないのもあるのでしょう。かなり緊張している感じもありました。

また罪の意識があるので宮川選手の言ったことは正しいとしつつも肝心な部分(怪我をさせるという指示)については覚えていないと繰り返していました。内田正人前監督と宮川選手の両方をかばうような感じで歯切れが悪い。

推測ではありますが内田正人監督を守りきれば日大でそのまま雇ってもらえるということではないかと推測します。このような問題を起こした後はなかなか雇ってもらえるところもないでしょうから日大の人事権のある内田正人前監督の言うことはやはり守らざる得ない状況なのでは?

コーチを辞任するということでしたが、おそらくですが内田正人監督を守れば日大で雇ってもらうことが決まっているのではないかという印象もありました

 

問題の司会者

そして司会者は日大の人だったのですね。それなりに高圧的な感じの対応だったので私は弁護士か何か第三者だと思っていました。第三者としてはいたずらにながびかせるわけにもいかず時間が経ったのできちっとして区切らざる得ないのかと思ったのですが実際にはそうではありませんでした。

この司会者は日大の広報の人だったでした。単に聞かれては困ることを遮っていたような感じです。しかもその対応が最悪。上から目線で日大が迷惑をかけているということを全く考えていないひどい司会でした。

記者会見してやっているんだから言うことを聞け!みたいな尊大な対応でこの人が更に日大の印象を悪くした感じです。

 

まとめ

日大側がようやく記者会見をしましたが、一言で言えば「ひどい」内容です。あれだけ選手がしっかりとした記者会見をした後だったので尚更にひどい。

特に内田正人監督は逃げ回っているばかり。いじめやパワハラといい、その後の対応といい、教育者として不適切。日大から去るべきだと感じます。

 

(合わせてお読みください)
日大、アメフトの審判が投げたものは?判断はどうなの


スポンサーリンク