日大と関学のアメフトの試合でとんでもない反則がありました。それは2018年5月6日の試合です。

日大の選手が関学のQBに故意と思われる反則タックルをしたのです。

反則は続き3回目で審判が退場を命じています。

ここで審判が反則の時に投げているものが何か?ということが話題になっています。また、審判は危険なタックルをしかけた選手を何故すぐに退場にしなかったのか?その点についても疑問が出ています。

 

今回は日大の反則に対する審判の対応などについて本当に正しい判断だったのかなどについてまとめていきます。少しずつ下がって確認ください。


スポンサーリンク


日大選手のラフプレー(反則)の動画

日大選手のラフプレー(反則)は3回もあります。その3回の動画は以下で確認ください。

問題のプレーは4分00秒、5分48秒、7分30秒からで確認できます。

細かいチェック内容については別途まとめているのでそちらで確認ください。キャプチャ画像も含めて分かりやすくまとめています。

アメフト日大の反則動画(ユーチューブ)

この動画を見れば分かる通り、非常に危険なタックル。このような危険なタックルを受けると選手生命どころか日常生活にも後遺症が出るかもしれません

長年アメフトを見てきたという人も「これほどひどいラフプレー(反則)は見たことがない」というレベルでの反則です。プロでもないレベルのひどい危険な反則。それが学生リーグで行われたというのは大問題です。

また通常、危険な反則をした選手はベンチに下げて指導するのが通常とされています。しかしながら日大のコーチや監督は何もせずに3回目の反則で退場になった後でもねぎらっているだけ。「何らかの指示があった可能性が高い」という意見が多いようです。

 

日大選手、反則タックルの理由は?

では何故、日大の選手は反則タックルをしてしまったのでしょうか?監督やコーチから指示があったのでしょうか?

それについて日大からの明確な回答はありません。調査が長引いているということで回答を先延ばし、5月15日に関学から求められた回答では肝心なところを明らかにしませんでした。関学は5月24日に再度、正式に文章で回答するように求めています。

日大のアメフト、ラフプレーの理由が判明?

 

日大選手、反則タックルは内田監督の指示?

日大の内田正人監督は問題が発覚した当初は雲隠れし、更には真摯な対応をしないということで非難する声がどんどん大きくなっています。

やはり監督の指示があったのでは?という意見が多く、状況的にそう見られても仕方がない感じ。

日大アメフト監督、内田氏の指示か?

また審判の判断は正しかったのか?ということについても問題提起されています。

一連の反則に対する審判の対応は問題なかったのでしょうか?

 

日大選手の反則時に審判が投げたものは?

動画を見ると分かりますが日大の選手が反則した時に審判が投げたものについて疑問が集まっています。あれは何を投げているのでしょうか?また何を示しているのでしょうか?

 

審判が投げたものはイエローフラッグ

試合中に審判が投げたものはイエローフラッグと呼ばれるものです。イエローフラッグは反則(ファール)を審判が見つけた時に投げるものです。

このイエローフラッグは全ての反則に対して投げられるものでサッカーのイエローカード、レッドカードとは根本的に異なります。反則の危険度や処分の内容などを示すものではありません。

イエローフラッグが投げられたら次のプレーが始まる前にその反則内容について協議し罰則(陣地を戻すなど)を反則した側に与えます。

今回で言えば反則としては一番重いパーソナルファールとして15ヤードの罰則を与えて試合再開しています。

パーソナルファールは反則の度合いによっては退場処分になる場合もあります。2回で退場といった決まりはありません。

 

1回の反則で審判が退場処分にしてもいい?

悪質な反則があった場合は審判が退場処分を宣告する場合があります。

当然のことながら審判の判断に委ねられる部分になります。

 

日大選手の反則時、審判の判断は正しかったのか?

では日大選手の反則時の審判の判断は正しかったのでしょうか?

 

関東学生アメリカンフットボール連盟の回答

当初、関東学生アメリカンフットボール連盟は審判の判断について特に言及せず退場処分を受けた選手に対しても試合内で退場処分を受けたので追加の処分を与えないとしていました。

しなしながら問題が大きくなったこともあってか、1回目のファールで対象処分すべき「選手には追加処分があるまで対外試合禁止、監督には厳重注意」と回答を変えています。

どうやら日大の内田正人監督と世論を天秤にかけたような対応。関東学生アメリカンフットボール連盟は主体性がなくあまり宜しくない組織のようです。

 

審判の判断が問題?

あと審判の判断が問題かと言えば、実はこれは非常に難しい問題です。まず人間がやることなので審判も失敗はあることでしょう。

また、今回の試合は定期試合。正式な試合ではありません。このような試合ではボランティアスタッフが審判をするようです。

そして危険なタックルでパーソナルファールで15ヤード後退というの一般的に普通の判断。今回は重い反則ではありますが通常の対応の範囲内と言えます’(もちろん退場処分の判断もあり)。

今回はボランティアスタッフということもあり1回の反則で退場処分とすることについては判断に迷った可能性があります。またボランティアの審判が今回のような危険なタックルはあまり経験したことがない可能性もあります。

「審判の判断がおかしい」という意見も多いですが、現場では難しい判断だったと言わざるえないでしょう。

 

日大、アメフトの審判が投げたものは?判断はどうなの

今回は日大選手の反則の内容やその後の推移、審判の投げたものやその時の判断などについてまとめました。

とにかく重い反則で1回目の反則で退場処分にしても良かったのかもしれませんが、そこは判断が難しいところと言えるでしょう。審判の判断が間違っていたとは言い切れないと思われます。

一方でその後の日大の対応や関東学生フットボール連盟の対応はお粗末だと言わざる得ない。責任追及すべきだと思われます。


スポンサーリンク