映画「3月のライオン(前編)」感想は微妙?、キャストや主題歌

映画「3月のライオン」を先日見てきました。正直なところちょっと心配していました。感想などを見ているとあまり評判良くないのですよね。

個人的には漫画の「3月のライオン」は大好きなので評価があまり良くないということだと残念。何が悪かったのだろう?と心配しながら映画館に行きました。

でも、実際に私が見た感想としては、、、ものすごく良かったです。多少、人物の描かれ方は異なりますが許せる範囲、というか漫画よりも良いと思うところも多かったです。もちろん、逆に寂しいところもあるのでそお辺りのことを含めて感想をまとめていきます。

まずは映画「3月のライオン」のあらすじやキャストをまとめ、その後で私の感想や口コミ評判などをまとめます。

映画3月のライオン

 


スポンサーリンク


 

3月のライオンのあらすじ

主人公は17歳のプロ棋士・桐山零(神木隆之介)。彼には暗い過去がありました。

物語は葬式から始まります。桐山零は9歳の時に交通事故で両親と妹を一気に亡くします。葬式では何が起きているのかも分からず呆然と立ち尽くす桐山零。そして、誰も引き取り手がいない。そんな雰囲気の葬式で感じ取ります。

そこへ手を差し伸べたのが桐山零の父の友人、幸田柾近(豊川悦司)でした。幸田柾近はプロ棋士。桐山零を内弟子として招き入れます。

桐山零は将棋でぐんぐん頭角を現すものの、幸田柾近の実の娘や息子も追い抜いてしまい2人から疎まれ、家では居場所を失います。そしてプロになって独立することを決意します。

今回の映画はそんな桐山零の物語です。

家族を失い、新しい家でも居場所を失った桐山零に居場所を作ってくれたのは近隣の町に住む3姉妹でした。長女の川本あかり(倉科カナ)、次女のひなた(清原果耶)、末っ子のモモ(新津ちせ)は桐山零を家族同然に迎え入れてくれます。

川本3姉妹もまた母を失い、桐山零と通じるところがあります。しかしながら桐山零とは全く異なるのがその明るさ。その明るさが桐山零の人生に色を与えてくれます。

桐山零の人生に影響を与えるのは他にも高校担任の林田先生(高橋一生)、自称ライバルの二海堂晴信(染谷将太)。

一方で義姉の香子(有村架純)とはなかなか折り合いをつけることはできません。姉を心配して妻のいるプロ棋士の後藤正宗(伊藤英明)には珍しく攻撃的になりますが逆に殴られます。

将棋しかないと思っていた桐山零の人生が少しずつ変わっていく状況を是非、見てください。

 

3月のライオンのキャスト相関図

3月のライオンのキャスト相関図は以下の通り。漏れている部分や間違っている部分があったらごめんなさい。

 

主人公と近い人達

【桐山零(主人公)】
神木隆之介
大西利空(少年時代)

【二海堂晴信(自称桐山零のライバル、自称桐山零の親友?)】
染谷将太、激太り?特殊メイクらしい
高月雪乃介(少年時代)

【林田高志(零の高校の担任教師)】
高橋一生

川本家関連

【川本あかり(桐山零をやさしく迎え入れる3姉妹の長女)】
倉科カナ

【川本ひなた(次女)】
清原果耶

【川本モモ(三女)】
新津ちせ

【川本相米二(川本家の母方の祖父)】
前田吟

【川本美咲(川本家の母の姉、バーのママ)】
板谷由夏

 

幸田家

【幸田柾近(家族を失った零を引き取る義父)】
豊川悦司

【幸田香子(零の義姉)】
有村架純
原菜乃華(少女時代)

【幸田歩(零の義弟)】
萩原利久
鈴木雄大(少年時代)

【幸田柾近の妻】
西牟田恵

 

将棋棋士

【宗谷冬司(名人、天才棋士)】
加瀬亮

【後藤正宗(豪腕A級棋士)】
伊藤英明

【島田開(努力のA級棋士)】
佐々木蔵之介

【神宮寺崇徳(将棋連盟会長、お調子もの)】
岩松了

【三角龍雪(要領の良さそうな先輩棋士)】
中村倫也

【松本一砂(お調子者の先輩棋士)】
尾上寛之

【山崎順慶(桐山零と新人王を争う)】
奥野瑛太

【安井学(酒に溺れる棋士)】
甲本雅裕

【重田盛夫(零が入る島田研究会の1人)】
森岡龍

【蜂谷すばる(新人王の準決勝で零に敗れる)】
前原滉

【柳原朔太郎(高齢のA級棋士)】・・・いたかな?後編?
斉木しげる

【将棋棋士(エキストラ?)】
田中寅彦(現役将棋棋士)・・・どこにいた?
久保利明(現役将棋棋士)・・・どこにいた?

 

その他

【花岡(二海堂晴信の使用人・じいや)】
綾田俊樹

【山形ジャーナル泉田(島田開八段の応援もかねて取材)】
芹澤興人

【王将のママ(原作にはいないと思う)】
筒井真理子

【王将のホステス(原作にはいないと思う)】
内田慈

 

映画「3月のライオン(前編)】のあらすじ感想(ネタバレ注意)

最初にも書いたとおり、あまり一般的には評価が良くない感じもしますが個人的には凄く面白かったです。以下にあらすじ感想をまとめます。

 

場面は葬式から

場面は葬式から始まります。わずか9歳で両親と妹を亡くした桐山零は何が起こっているのかも良く分かっていない様子。本当に家族が死んだのか?しかも零の引き取り手もいないような状況。

遺体が焼かれる時に逃げ出すようにその場から逃れる桐山零。そこには父の友人でプロ棋士である幸田柾近がいました。

「君は将棋好きか?」そう聞かれて、桐山零は「はい」と答えます。それが生きるための最善の道であると直感で悟ったのかもしれません。

後に「生きるための嘘」という表現をしています。

 

一人暮らしの桐山零

それから時が過ぎて桐山零は高校生。中学生でプロ棋士になって一人暮らしを始めます。将棋会館へは電車で近くまで行き、そこから神社を通り抜けたところまで歩きます。

それが桐山零の生きる道。

そしてその日も将棋の対局がありました。それは義父・幸田柾近との対戦。

 

桐山零vs幸田柾近、宗谷冬司名人vs後藤正宗

桐山零が義父の幸田柾近と対戦するころ、宗谷冬司名人に後藤正宗が挑戦する名人戦が行われていました。気合十分の後藤正宗に対し、宗谷冬司名人はどこか涼しげなイメージ。

桐山零は父に勝ちます。

プロの勝負なので本気で戦って勝とうとするのは当たり前ですが桐山零にとってはつらく苦しい勝利。その勝利で義父の幸田柾近は窮地に。周りも「本当の息子に負けて落ちるのなら本望だろうけど」と陰口を言います。

零は一人になった時にラジオ放送に耳を傾けます。息子が父を殺したという事件。自分もまた父親を将棋で殺してしまった、、、そんな暗い気持ちになります。

一方で名人戦は宗谷冬司名人の勝利で終わります。

 

楽しい高校教師

高校に行っても一人で友達もいない。そんな桐山零を明るく励ましてくれるのが担任の林田先生。お前って、俺より年収高くない?と毒付いたりもします。

先生なりに桐山零を励まそうと必死になっている様子。

最近大人気の高橋一生にぴったりの役どころなのですが出番が少ないのが残念(後編では増えると思うけど)。

 

酔いつぶれた桐山零を救う川本あかり

将棋棋士仲間と付き合いで飲み屋に行く桐山零。高校生なのでお酒は飲めないとジュースを注文。でも、暗い気持ちのまま、間違ってお酒を一気飲みしてしまいます。

そして近くの路上で酔いつぶれます。

そこを通りすがったのが川本家の3姉妹長女川本あかり。桐山零を家に連れ帰ります。

 

川本家にて

桐山零は朝起きて、いつもと違う景色にびっくり。川本家の3女、幼稚園児の川本モモちゃんが桐山零が起きたことを姉に報告します。

そこで川本あかりが家に連れ帰ってふとんに寝かしてくれたことを次女の川本ひなたから聞かされます。

ただし川本家の朝は忙しい。長女のあかりはモモちゃんを幼稚園に連れて行くので忙しく、ひなたも中学校に急ぎます。詳しい話はしないまま零はひなたから鍵を渡され、この鍵で玄関の鍵を閉めて近くにある三日月堂に帰しておいてと言われます。

見ず知らずの人間に鍵を預けることにびっくりする桐山零。でも勢いに押されて鍵を受け取ります。

 

二海堂晴信登場!

桐山零は高校の授業が終わって帰ろうとしますが、スピーカーの音で「桐山零!」と大音量が聞こえてきます。それは二海堂晴信の声でした。

二海堂晴信は高級車で高校前に乗り付けていたのでまわりはびっくり。スピーカーでの呼び出しにもびっくり。桐山零はとにかくその場を収めようと走って二海堂晴信の元へいきます。

そして2人は桐山零の部屋へ。桐山零は引越し祝いの布団などをもらいます。

そんな時に鍵を預かっていたことを思い出して桐山零は再び走ります。

全般的に3月のライオン前編では桐山零の走るシーンが多いです。

 

鍵を返す桐山零

鍵を返しに三日月堂へ行く桐山零。

そのお店は三姉妹のの母方のの祖父、川本相米二が経営しています。

3姉妹は桐山零を見て歓迎。共に作業をする川本相米二は桐山零が見たことある人間だとびっくり。川本相米二は桐山零が将棋棋士だとすぐに分かったみたいです。

 

義姉の香子

その後、桐山零がアパートに帰るとそこには義理の姉、香子が待ち受けていました。勝ち気な性分の香子は桐山零に対して高圧的。早く部屋に入れるように言います。

そして無理やり泊まって行きます。桐山零はところかまわず着替えようとする香子から距離を置き目を背けながら話をします。いつもの微妙な距離感。

朝になり香子は次の対戦相手の安井棋士の話をします。安井棋士は負けた日には酒を飲んであばれるから嫁に愛想を付かされて離婚するらしい。そして今度のクリスマスイブが娘といる最後になるらしいです。

そして、そのクリスマスイブの対極は桐山零でした。

香子は「あんたってやさしいからわざと負けないか心配」と言って去っていきます。

なんだかんだ言って香子は桐山零を気にかけている様子。ただし、香子もまた桐山零と同じくその距離感を図りかねているようです。いたずらっ子の勝ち気な性分の姉がそのまま大人になったような印象でもあります。

 

安井戦に勝利する桐山零

桐山零はクリスマスイブの安井戦に勝利します。安井は少し形勢が悪くなったら途端に諦めモード。落ち着きもありません。勝利への執念のない負け方でした。

そしてお酒を飲みながら帰っていきます。

娘さんへのクリスマスプレゼントを安井が忘れていったのを気づいた零は走って安井に届けますがそこにいたのは酒を飲む安井。そして「せっかくの最後のクリスマスだったのに」という捨て台詞を残して去っていきます。

桐山零は「また、自分が家庭を壊してしまったのか?」「でも、本当に勝ちたいなら最後まで頑張れよ!」

いろいろなやり場のない気持ちが桐山零を襲います。

そして走り出します。そして誰もいない公園で叫びます。

「みんな俺が悪いのかよ!」「弱いから駄目なんだろう」「俺は全て将棋に捧げているんだ」と、、、。それは生きるために将棋に全てを投げ出した桐山零の心の叫びでした。

 

香子との距離感

香子と微妙な距離ができていったのは、桐山零が将棋でどんどん強くなり香子を追い越していった頃からでした。父の実の息子ではない桐山零がどんどん強くなり自分を追い越していく。プロになりたいと頑張っていた香子としては焦りしかありません。

そして、自分を完全に打ち負かす桐山零に対して感情を抑えられなくなり暴力を振るいます。

更に父からは将棋のプロになることを諦めるように言われます。父の期待に答えるべく頑張り、強くプロになりたいと願って頑張ってきたのにその父に見放された。あまりにも悲しかったことでしょう。そして香子は家を出ると言いだします。

それを見て、桐山零は家族を壊してしまったのは自分だと思い「僕が家を出る」と言い出すのでした。現実にプロになった桐山零は家を出て行きます。

 

香子と後藤

3姉妹と初詣に行く桐山零。そこで後藤正宗と一緒に歩く香子を見かけます。後藤正宗には妻がいることを知っている桐山零はこの人は良くない。奥さんがいる人だと言います。

自分が出て行ってまで大切にしたかった幸田家族。それを後藤に壊されるのは許せないのでしょう。

しかしながら、桐山零は後藤正宗からは逆に殴られます。「お前は神か?」「何が正しいのかお前が全部決めるのか?」そう言われます。

実は後藤正宗もまた複雑な状況なのです。後に出ますが妻は病気で意識不明のまま入院。そんな妻をずっと支えています。香子には化粧品などを頼んで買ってきてもらいそれを動かない妻にしてあげているのです。動けなくなった妻をずっと支えようとする後藤。そしてそんな後藤を好きになってしまった香子。

そんな状況を知らない桐山零は、とにかくなんとかしたい一心です。現在の獅子王戦トーナメント戦で次勝てば後藤正宗と戦える。そこで自分が勝てば姉さんから手を引けと迫ります。

 

島田開との対戦

後藤正宗八段と戦うには島田開八段に勝つ必要があります。当然のように負けられない戦いですが既に頭の中は次の後藤正宗との戦いで一杯でした。

島田開の過去の棋譜を見て「長期戦になる」「慎重に戦おう」とだけ考えて戦いに挑みます。

そして、完敗を喫するのでした。格上のA級棋士相手になめての完敗。その結果は当然でした。

桐山零が形勢が悪くなって焦っているところでは「焦るな。深呼吸しろ。しっかりと盤面全体を見渡せ」とアドバイスまで受けるような感覚にもなります。

将棋の実力的にも人間的にも叶わないと悟ります。

 

後藤正宗vs島田開

そして獅子王戦決勝は後藤正宗vs島田開の戦い。

相手のことをお互いに知り尽くしているだけに持久戦になるかと思いきや序盤から殴りあうような展開。その迫力に観戦する人もびっくり。

最終的に勝利したのは島田開でした。勝つ側は最後まで気をゆるすことができず消耗する。そんな状況の島田に対して桐山零は「研究会に入れてください」と言います。

自分に足りないものを島田開に感じたのかもしれません。

 

新人王戦

そして場面は移り、新人王戦。桐山零と二海堂晴信は準決勝に進みます。二海堂晴信は決勝で運命の戦いができると喜びます。そして絶対に勝てよと桐山零に言うのですが、、、。

二海堂晴信は準決勝で山崎順慶に負けます。そして二海堂晴信はそのまま入院。実は二海堂晴信は幼いころから体が弱く長期戦には耐えられない状況でした。山崎順慶はそれを見越して長期戦、そして千日手指し直しに誘導。意識が朦朧とする1分将棋に二海堂晴信を追い詰めます。

最後は二海堂晴信の体が耐えられなくなり将棋盤に向かって倒れこむという状況でした。

桐山零は正々堂々と勝負しない山崎順慶に怒りを覚えます。

そして決勝戦は桐山零と山崎順慶の戦い。山崎順慶は振り飛車穴熊でじっくり囲って攻め込みます。一方の桐山零は頭にきていることもあって飛車を打って一気に攻めようとします。そのまま飛車を打って正面から殴り合っては玉の硬い山崎順慶が有利。

そこでいろいろな言葉が桐山零の頭を過ぎります。二海堂晴信の「自分をしっかり持て、守る時は守れ!」、島田開の「ゆっくりと落ち着いて深呼吸、そして盤面を広く見渡せ」。

その言葉で自分を取り戻した桐山零は飛車を持つ手を引っ込めてじっくりと歩を突き出すのでした。穴熊の弱点である多方からの攻撃を見据えた一手です。

その後は桐山零が相手を押し切って勝利しました。

 

まとめ(感想)

細かいところは省きましたがだいたいの流れはこんな感じ。

まさか前編で新人王戦まで行くとは思っていなかったのでびっくりしました。どうやら前編は将棋の話がメイン。そして後編でひなちゃんのいじめや川本家の父の話がメインになるようです。

個人的にはかなり感動しました。桐山零のせつなさが凄く伝わってきます。自分が生きるために将棋に全てを捧げた。でも、それによって恩人であるはずの幸田柾近を窮地に追い込み、更には家族も壊してしまう。その他にも多くの人の人生を狂わせてしまっているような感覚に襲われます。

自分は本当に将棋を指してもいいのか?ぐらいの気持ちにもなっていたことでしょう。そんな気持ちが強く伝わってきました。

桐山零はそれでも将棋を指すしかないのです。将棋しかないのです。そうして闇に飲まれていく桐山零。

でも闇に飲まれそうになった桐山零を救ってくれたのは川本3姉妹であり、ライバルの二海堂晴信であり、島田開でした。

桐山零は周りの助けを受けながら変わっていき、新人王戦の決勝を見事に勝利します。少し不利な状況でもありましたが不利になる一直線の攻めはせずに力を貯める後手△5六歩を見出します。

局面を広く見渡して相手の弱点を見事に突いた形です。と金作りからの△4七と金、△2六歩などの玉頭攻め、そして飛車打ちの三方からの攻めを見せつつ自分の玉はじわじわと攻める相手からは遠い端の中段に移動させるという隙の無い戦いは見事。盤面全てを見渡したような戦いでの勝利でした。

誰にも頼ることができないと思っていた桐山零は実はたくさんの人に見守られ助けられていたのです。そんなことを実感する勝利でした。今後は負い目を感じず頑張って欲しいところです。

ネットの評価などを見ていると「原作と違う」、「3月のライオンの特徴であるゆるさがない」など批判する声が多くて心配していましたが個人的には一人の棋士の人生を伝えた凄い映画だと思います。出演者の表現力も見事で引き込まれました。個人的には批判する部分はほとんどありません。

桐山零以外の棋士でも、後藤正宗、島田開、山崎順慶らが全身全霊を傾けて勝利に向けて没頭する姿には本当に圧倒されました。ほんと凄い映画だと思います。

 

原作との違い

原作とはかなり多く違うところがありました。2時間という短し時間で7巻ぐらいまでの内容を詰め込んでいるのでこれは仕方がないと思います。

将棋の厳しさを表現するためにゆるい部分は極力省いた印象。それでも二海堂晴信のふんわりした感じは印象的でしたけどね。

その二海堂晴信と三姉妹の絡みは一切ありませんでした。原作ではかなりのゆるゆるな絡みがあったので絡みが全くないのは意外でしたが、それもまあいいのではないかと思います。

ただ、二海堂晴信の病気に関するところは説明が足りなかったかも?という印象はあります。原作を読んでいて知っている人は分かりますが、いきなり病弱設定で戸惑った人もいたかもしれません。

あと先輩棋士の三角龍雪、松本一砂は微妙にキャラ設定が違うように感じました。特に松本一砂は原作では、ただのお調子ものなのですが映画ではちょっと怖い先輩でした。ゆるさを省いたことでキャラ設定が変わってしまったのか?という印象。

桐山零に負ける人達が憎まれ口をたたくのはちょっと寂しかった。

香子役の有村架純の強気なところは香子そのものでした。強気だけどか弱い印象にぴったりでした。

あとは、、、川本家の祖父が桐山零と会った場面とかは違うし川本家の母の姉の登場もえらく早かったです。この辺りは後編への繋ぎもあるからでしょう。

そしてひなちゃんの初恋の相手は前編では出てきませんでした。原作ではかなり早くに出てきます。後編ではどうなのかな?後編ではひなちゃんへのいじめやどうしようもない川本家の父親が出てくるので初恋の相手の登場は微妙かも。

ともかく、前編は将棋指しとしての桐山零を描き、後半はその桐山零が自分の人生に色を与えてくれた川本家への恩返しが描かれていると思います。

ということで前編は若者層にはあまり受けない話だったかも?春休みなので若い層が多く見る時期だと思いますがその時期に3月のライオン(前編)は時期的にはいまいちだった可能性を感じます。

一方で3月のライオン(後編)はホームドラマっぽい展開になるので若い人を中心にかなり楽しめる内容だと思います。おそらくは将棋の部分はかなり少なくなっていると思うので前編を見て難しい話と思った人にも後半はおすすめです。もちろん、前編を見ておもしろいと思った人にも後編はおすすめ。

 

3月のライオン(前編)主題歌情報

映画「3月のライオン」の主題歌は前編と後編で異なります。

映画「3月のライオン」(前編)の主題歌はぼくのりりっくのぼうよみの「Be Noble」です。映画「3月のライオン」(後編)の主題歌は藤原さくらの「春の歌」(スピッツのカバー)です。

動画や発売日情報などを別途まとめているのでそちらでも確認してください。

3月のライオン 映画 主題歌、動画、歌詞や発売日など

 

3月のライオン(前編)の口コミ評判など

先にも少し書きましたがあまり評判は良くありませんでした。

そのあたりの情報も少しずつまとめていくのでしばらくお待ちください。

 

映画「3月のライオン(前編)」の感想ネタバレなどまとめ

映画「3月のライオン(前編)」を見ました。ネットの感想などを見ているとあまり評判は良く無さそうだったのですが、個人的には凄く良かったです。桐山零の棋士としての人生にはかなり泣けました。

評判があまり良くない理由としてはやはり将棋に全てを捧げた人間ドラマということで若年層に分かりにくかったのではないかと思います。また、将棋指しの人間ドラマを前面に出したのでゆるさが排除されたこともそれに拍車をかけたと思います。

一方でゆるさ、楽しさよりも登場人物の深層心理などを考える人にとっては素晴らしい映画だったのではないかと思います。

また「3月のライオン(後編)」は川本家の次女ひなちゃんへのいじめ、そのいじめに立ち向かうひなちゃん、そしてそれに協力する桐山零、更にはとんでもない川本家の父親の登場とそれに対抗する桐山零という構図になっています。こちらはホームドラマのような展開で誰にでも楽しめる展開だと思います。

3月のライオン前編を見て今ひとつだと感じた人も後編は面白いと感じる可能性がかなり高いと思います。是非、3月のライオン後編を見てください。

以上、映画「3月のライオン」前編の情報まとめでした。


スポンサーリンク